チエンマイ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チエンマイ大学
Mor Chor.jpg
大学設置/創立 1964年
学校種別 国立
本部所在地 タイ王国チエンマイ県
学部 農学部、農産業学部、建築学部、準医学部、経営学部、歯学部、経済学部、教育学部、工学部、芸術学部、人文学部、医学部、看護学部、薬学部、理学部、社会学部、獣医学部、マスコミュニケーション学部
ウェブサイト チエンマイ大学公式サイト
テンプレートを表示

チエンマイ大学英語: Chiang Mai University、公用語表記: มหาวิทยาลัยเชียงใหม่)は、タイ王国チエンマイ県に本部を置くタイ王国国立大学である。1964年に設置された。 チエンマイ大学タイ語表記 มหาวิทยาลัยเชียงใหม่英語表記: Chiang Mai University、略称: CMU)はタイ王国チエンマイ県アンプー・ムアンチエンマイ市)に位置する大学。ステープ山の麓、Huey Kaew Road と Suthep Road の間に4平方キロメートルのメインキャンパスを構える。1964年6月に創立。2004年に博士課程の提供を開始した。現在では国内屈指の高等教育機関として高い評価を受けている。現在の学長はPongsak Angkasith。

概要[編集]

チェンマイ大学語学研究所

1964年、国立の地方大学として創設された。17の学部と3研究所を持つ総合大学で学生総数2万4000人に及ぶ。北部随一の規模である。創設当時は、科学部、社会学部、人文学部の3学部でスタートした。翌年には医学部、1967年から1975年にかけて農学部、教育学部、工学部、歯学部、薬学部、看護学部、医療技術、1983年からは芸術学部、獣医学部、農業工業学部、建築学部、経営学部、経営学部、経済学部が開設された。このうち1956年にチェンマイ医学校を前身とする医学部は国内有数の規模を持ち高い業績をもつ。また、日本の大学と交換留学・研究交流の関係にあり、その数は国立・私立合わせて23大学に上る。1997年の経済危機以降には独立行政法人化が進んでいる[1]

育成目標[編集]

創設以来、職業的知識の育成、学問、国民文化の保護の三つを目標に掲げてきた[1]

国民文化の保護[編集]

国民文化へのこだわりを重要視し、特に「北(ラーナー)」の文化の維持を意識の中心に据えている。こうした意識は、大学研究者らの行っている環境破壊や乱開発への批判や提言に見ることができ、国際的評価が高い。[1]

キャンパス[編集]

敷地面積は約4平方キロメートルと巨大なキャンパスであり、キャンパス内には、学生や教職員の宿泊施設の他、大学建設以前からの自然も多く残されている。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 綾部真雄「チェンマイ大学」/綾部恒雄・林行夫編著『タイを知るための60章』明石書店 2003年 230-232ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]