スラユット・チュラーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイの旗 タイの政治家
スラユット・チュラーノン
พลเอกสุรยุทธ์ จุลานนท์ องคมนตรี
General Surayud Chulanont.jpg
生年月日 1943年8月27日(70歳)
出生地 ペッチャブリー県
出身校 チュラチョームクラオ陸軍士官学校
サイン Thai-PM-surayut signature.jpg

内閣 スラユット内閣
任期 2006年10月1日 - 2008年1月28日
国王 ラーマ9世
テンプレートを表示

スラユット・チュラーノンタイ語: พลเอกสุรยุทธ์ จุลานนท์ องคมนตรี1943年8月27日 - )は、タイ政治家軍人(陸軍大将)。枢密院顧問官

タイの首相(第32代)を務めた。軍事クーデターによる暫定憲法下で首相に就任したことから、日本の一部マスコミにスラユット暫定首相と記載された。

経歴[編集]

1965年チュラチョームクラオ陸軍士官学校卒。陸軍に入隊、陸軍第2管区司令官などを歴任し、1998年から2002年までは陸軍司令官を務めた。その間、1992年1996年の2期にわたって上院議員となっている(勅選議員)。2003年、定年により軍を退役。3ヶ月の出家後、枢密院顧問官に就任した。

2006年軍事クーデターを主導した民主改革評議会の推薦により首相に就任した。新憲法の起草を行い、憲法の同意を得る国民投票を経た後、新憲法下での総選挙を取り仕切り、サマック内閣が発足するまで政権を担った。2007年4月、モンクット王ラカバン工科大学の理事長として、東海大学から名誉博士(工学)を授与されている。首相退任後の2008年4月、枢密院顧問官に再任された。

人物[編集]

父親のパヨームは民主派の元陸軍中佐で後にタイ国共産党幹部。スラユットはそんな父親と別れ、軍隊に入り、対共産党戦闘の指揮を取って昇進した。共産党との戦闘後、死体の確認をしたら父親だったというエピソードは有名(パヨーム・チュラーノンは中華人民共和国に亡命し病死が事実。公務で訪中したスラユットとは病死の数か月前に面会している。後にタイム誌で「私のヒーローだ」と語った)。

母親は、ボーウォーラデート親王の反乱でボーウォーラデート側で指揮を執ったプラヤー・シーシッティソンクラームの娘である[1]。妻のチトラワディー陸軍大佐は元軍人である。

穏健派の軍人として知られ、陸軍司令官在任時には政治から距離を置く姿勢をとり、タクシン派と反タクシン派の争いを静観していた。 反タクシン派からはタクシンの増長を招き、タクシン派に甘いと非難も受けている。 副官として仕えたプレーム・ティンスーラーノン枢密院議長に近く、同氏の強力な推挙で枢密院顧問官となった。将来はプレーム議長の後継と目されている。

脚注[編集]

  1. ^ 高橋 勝幸 『タイのクーデタ その2:新首相スラユット=チュラーノンで思い出すこと』 特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所 2006年

外部リンク[編集]


公職
先代:
ソンティ・ブンヤラガリン
タイの旗 タイ王国首相
第32代:2006年 - 2008年
次代:
サマック・スントラウェート
軍職
先代:
ナロン・ユッタヴォン
タイの旗 タイ王国軍最高司令官
2002年 - 2003年
次代:
ソムタット・アッタナン
先代:
チェーター・ターナチャーロー
Royal Thai Army Flag.svg タイ王国陸軍最高司令官
1998年 - 2002年
次代:
ソムタット・アッタナン