ソムチャーイ・ウォンサワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ王国の旗 タイの政治家
ソムチャーイ・ウォンサワット
สมชาย วงศ์สวัสดิ์
Somchai Wongsawat 15112008.jpg
ソムチャーイ・ウォンサワット
生年月日 1947年8月31日(67歳)
出生地 ナコーンシータンマラート県
出身校 タマサート大学
前職 首相
所属政党 国民の力党→)
タイ貢献党
親族 タクシン・チナワット
サイン Thai-PM-somchai signature.png

任期 2008年9月17日 - 2008年12月2日
国王 ラーマ9世
テンプレートを表示

ソムチャーイ・ウォンサワットタイ語: สมชาย วงศ์สวัสดิ์英語: Somchai Wongsawat1947年8月31日 - )は、タイ王国政治家。第34代首相、下院議員(1期)。日本ではソムチャイと呼ばれることが多い。

概要[編集]

ナコーンシータンマラート県出身。タマサート大学法学部卒業後、1973年に司法試験に合格し、弁護士資格を取得した。

その後裁判官となり、1999年に法務次官を、2006年には労働次官を務めた。

軍事クーデターの後、2007年国民の力党(PPP)副党首に就任し、12月のタイ下院選挙で当選する。

2008年2月、サマック政権の副首相兼教育相に就任するが、憲法裁判所司法クーデターによりサマック首相が失職する事態になった。これを受け、9月9日に首相臨時代理に就任し、国会で首班指名を受けて、同月17日に首相に就任した。しかし、反タクシン派の民主市民連合(PAD)による首相府占拠やスワンナプーム国際空港占拠などの過激なデモ活動により、バンコクをはじめとする国内は混乱した。

12月2日、憲法裁判所による司法クーデターが発生し、2007年12月総選挙の組織ぐるみの選挙違反を表向きの理由にして、国民の力党は解党処分となり、ソムチャイ首相を含む党幹部の公民権を5年間剥奪するという違憲判決が出された。これによりソムチャイ政権は、首相就任から約2ヶ月半で崩壊することになった[1][2][3]

親族[編集]

妻はタクシン・チナワットの妹、長女も下院議員に当選している。

脚註[編集]

  1. ^ AFP BB: タイ憲法裁、最大与党に解党命令 ソムチャイ首相は政治活動を5年間禁止(2008年12月2日)
  2. ^ BBC News: Top Thai court ousts PM Somchai(10:40 GMT, 2 December 2008)
  3. ^ The New York Times: Thai Court Disbands Ruling Party (December 1, 2008 by Mark McDonald contributed reporting from Hong Kong)
公職
先代:
サマック・スントラウェート
タイ王国の旗 タイ王国首相
第34代:2008年
次代:
アピシット・ウェーチャチーワ