アール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Turkey.svgAğrı ili
アール県
Location ofアール県の位置
アール県の位置
概要
地方: 東アナトリア地方
県都: アール (トルコ)
県番号: 04
面積: 11,376 (km2)
人口: 571.243 2006
自治体数: 8
Location ofアール県の位置

アール県の自治体
市外局番: 0472
公式サイト:

アール県トルコ東アナトリア地方の県。県都はアールで標高1650mの高地にある。

名称[編集]

アールは近隣にあるトルコ最高峰のアララト山にちなんで名づけられた。

地理[編集]

南にヴァンビトリス、西にムシュエルズルム、北にカルスウードゥルの各県と接しており、東部はアルメニアとの国境になっている。

アララト山の山頂に上がればアルメニアイラングルジアアゼルバイジャンなど多くの国が見える。ふもとの町はドーウベイアズィット。

県域の46%は山であり、18%が平地、7%が牧草地である。アララト山(5,137m)のように3000m級の峰が多く、en:Little Ararat(3,925 m)、テンデュレク山英語版(3,533m)などがある。

平地は肥沃であり、火山堆積物で覆われており、穀物生産や牧草の生産に使われている。ユーフラテス川の支流、ムラト川に支流が多く流れ込んでおり、これらの平野に水を供給している。

高地であるため、気温はとても低く、-45℃を下回ることもある。また、山岳地帯の多くは大地がむき出しである。 山を越える重要な道路が幾つかある。

歴史[編集]

アール高原は歴史的にウラルトゥ王国に支配されており、この後アルメニア王国オロンテド朝に支配された。東西をつなぐ要衝であるがためにこの地は多くの支配者が占領を願った。アッシリア人ギリシャ人古代ローマ東ローマ帝国アラブ人モンゴル人ペルシャ人、セルジュークからオスマン時代のトルコ人など、多くの民族に支配された。

トルコ人の最初の存在は680年のサカによるDoğubeyazıt地域の占領に見られる。また、ムスリムは872年のアッバース朝に見られる。

モンゴルと何度も戦闘を繰り返し、1071年ごろ、マラズギルトの戦い東ローマ帝国が勝利し、トルコ人の多くが大量に通り抜け始めた。この後、チャルディラーンの戦いオスマン朝の時代になる。

オスマン帝国時代、この県はショルブラク、カラキリスと呼ばれており、オスマン帝国の終わりまでカラコースと呼ばれた。オスマン帝国下ではクルド人アルメニア人が土着民として多かった。しかし、アルメニア人虐殺によってアルメニア人は少なくなり、虐殺の手を逃れたアルメニア人はロシアに逃げ込んでいった。

現代はクルドゲリラによる武装闘争によって、地域は再び不安定な状況となっている。

2006年8月19日、トルコ=イラン天然ガスパイプラインが爆発を起こした。トルコ当局はクルディスタン労働者党の犯行ではないかとみている。

下位自治体[編集]

この県には8つの下位自治体がある。

経済[編集]

草食動物の牧畜が主産業である。また山岳地帯は観光客を引き寄せており、登山、夏季の長旅、冬季のスキーがおもな観光となっている。イサクパシャ宮殿と付近の世界第二のクレーターなども人をひきつけている。