アルダハン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Turkey.svgArdahan ili
アルダハン県
Location ofアルダハン県の位置
アルダハン県の位置
概要
地方: 東アナトリア地方
県都: アルダハン
県番号: 75
面積: 5,661 (km2)
人口: 119,172 2006
自治体数: 6
Location ofアルダハン県の位置

アルダハン県の自治体
市外局番: 0478
公式サイト:

アルダハン県トルコ東アナトリア地方の県。県都はアルダハン。南にカルス、南西にエルズルム、西にアルトヴィンの各県と接しており、北部、東部をグルジアとの国境に接している。また、接してはいないがアルメニアとの国境付近である。

地理[編集]

この県は高地地帯にあり、気温が簡単に零下に下がり-20℃に達することもある。このため多くの時期雪で覆われており、観光客も多い。

経済は牧畜がさかんである。

1993年までこの県はカルス県の一部であり、県になることでインフラへの投資を呼び込むと考えられたが、1950年から現在でも人口の流出は止まっておらず、貧窮している。1990年には17万人いた人口も2000年には約12万人に減少している。キプチャク族トルコ人トルクメン人カラパパク人、アゼル系トゥルク人などが住んでいる。

トルコ軍はこの国境の県に存在感を示しており、軍関連施設、軍事雇用などもこの県の経済を強めている。バクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインもこの地域に活性化をもたらしている。

歴史[編集]

紀元前680年スキタイ人コーカサスを超えて北方から侵入し、ウラルトゥ王国からこの地を得て支配した。ヴァン湖の南岸に首都を持った。

この後ペルシアに奪還され、その後紀元前330年ごろ、アレクサンドロス3世(大王)によって支配される。

1068年、セルジューク朝クマン人やPecenek族がこの地域を支配した。1124年にはキプチャクがコーカサスを越えてきた。1267年のイルハン時代は、アヘルツィヘを首都にキプチャク王朝を樹立した。この王朝はオスマン帝国に1578年に征服されるまで残った。

観光[編集]

アルダハン城の様な幾つかの城が残っている。また、1年のある時間に、Damal山はAtaturkの生きているような影を写す。

下位自治体[編集]

この県には6つの下位自治体がある。