アントニオ・メネセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントニオ・メネセス(Antonio Meneses, 1957年8月23日 - )はブラジル出身のチェロ奏者。アントニオ・メネーゼスとも表記される。

ブラジル、レシフェ生まれ。リオデジャネイロ歌劇場の首席ホルン奏者であった父親の勧めで10歳からチェロを始めた。14歳でリオデジャネイロの交響楽団に入団し、16歳の時、南米ツアー中のチェロ奏者アントニオ・ヤニグロと出会い、渡独。デュッセルドルフロベルト・シューマン大学シュトゥットガルト音楽演劇大学でヤニグロの指導を受ける。 1977年ミュンヘン国際音楽コンクール、1982年チャイコフスキー国際コンクールで優勝。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ロンドン交響楽団BBC交響楽団イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックワシントン・ナショナル交響楽団NHK交響楽団などの主要オーケストラと共演を重ねている。ヘルベルト・フォン・カラヤンリッカルド・ムーティマリス・ヤンソンスネーメ・ヤルヴィクラウディオ・アバドアンドレ・プレヴィンリッカルド・シャイーユーリ・テミルカーノフムスティスラフ・ロストロポーヴィチクルト・マズアなど、名だたる指揮者と共演している。

また、カザルス音楽祭ザルツブルク音楽祭プラハの春音楽祭モーストリー・モーツァルトルツェルン音楽祭などの音楽祭にも多数招かれている。

1998年よりボザール・トリオのメンバー。

演奏活動に加え、イタリアシエーナキジアーナ音楽院での夏期講習、スイスベルン大学にて後進の指導にもあたっている。

1730年頃にナポリで作られたアレッサンドロ・ガリアーノイタリア語版)のチェロを使用している。また一時期、パブロ・カザルスが使用していた1733年マッテオ・ゴフリラー英語版)製作のチェロを貸与されていた。

外部リンク[編集]