アンデルレヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンデルレヒト
Anderlecht
ベルギーの旗
3566anderlechtTownHall.jpg
アンデルレヒト庁舎
Flag of Anderlecht.svg Anderlecht.jpg
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
ブリュッセル首都圏地域でのアンデルレヒトの位置の位置図
ブリュッセル首都圏地域でのアンデルレヒトの位置
座標 : 北緯50度50分0秒 東経4度18分0秒 / 北緯50.83333度 東経4.30000度 / 50.83333; 4.30000
行政
ベルギーの旗 ベルギー
 地域 ブリュッセル首都圏地域
 基礎自治体 アンデルレヒト
区長 Gaëtan Van Goidsenhoven
地理
面積  
  基礎自治体域 17.74km2
人口
人口 (2008年1月1日現在)
  基礎自治体域 99,085人
    人口密度   5,585人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 1070
市外局番 02
公式ウェブサイト : http://www.schaerbeek.be/

アンデルレヒトオランダ語: Anderlecht)は、ブリュッセル首都圏地域を構成する19の基礎自治体のうちの一つである。歴史的地区や建築学的な地区が行政区内にはいくつか立地する。

アンデルレヒトはオランダ語での呼び名で、同じつづりでもフランス語ではアンデルレクトという。

歴史[編集]

中世まで[編集]

アンデルレヒトでの人の生活の痕跡は、石器時代青銅器時代にまでさかのぼる。ローマ時代ヴィラ跡やフランク人ネクロポリス跡がアンデルレヒトでは発見されている。最初にアンデルレヒトの名が文書に記録されたのは1047年からのことで、アンレレヒ(Anrelech)の形で1111年にはアンデレレト(Andrelet)、1148年にはアンデレラー(Andreler)、1186年にアンデエアレヒであった。当時、アンデルレヒトの共同体ではすでにカノンの参事会と2つの荘園が形成され、アンデルレヒトでは力を持っていた。1356年ルイ2世は、ブリュッセルに財政に関しての抵抗と思われるスクートの戦いと呼ばれる蜂起を起こした。義理の姉である、ジョアンナ・ダッチェス・ブラバントを破りしばし権利を奪ったが、後にジョアンナはカール4世の力を借り取り返している。1393年、ジョアンナはアンデルレヒトをブリュッセルの一部とした。

15世紀から現在まで[編集]

アンデルレヒトは15世紀から16世紀にかけて文化の指標となった。17世紀から18世紀にかけてはネーデルラントフランスとの間の戦争が際立っている。19世紀に入ると人口が急増したが、ブリュッセルに近接し都市化が急速に進んだためである。新たな都市開発が進みガーデンシティとして20世紀は発展して行き、多くの居住者が増えている。今日、アンデルレヒトの名はサッカークラブであるRSCアンデルレヒトによって広く知られている。

みどころ[編集]

  • 町の中心にある聖ペーター教会、聖グイド教会は10世紀からのロマネスク様式でベルギーでも最古の教会の一つである。ほとんどの教会は1350年以降のもの。
  • 歴史博物館なども立地する。
  • エラスムスの家は1450年頃に建てられている。

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]