アレッサンドロ・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポントルモによるアレッサンドロ・デ・メディチの肖像

アレッサンドロ・デ・メディチ(Alessandro de' Medici, 1510年7月22日フィレンツェ - 1537年1月6日、フィレンツェ)、通称イル・モーロ(il Moro)は、1523年フィレンツェの僭主、ペンネ公。コジモ・デ・メディチ以来、事実上フィレンツェを支配していたメディチ家(兄脈)の最後の当主、そして世襲となった最初のフィレンツェ1532年から)である。

公式にはロレンツォ1世・デ・メディチ(イル・マニフィコ)の孫ロレンツォ2世・デ・メディチの庶子とされているが、本当の父親は枢機卿ジュリオ・デ・メディチ(のちに教皇クレメンス7世となった)である。彼が黒人との混血なのかははっきりしていない。ジュリオがメディチ家の黒人奴隷シモネッタ・ダ・コッレヴェッキオ(サビーナにあるコッレヴェッキオにちなむ名である)に生ませたとも、ローマ郊外の農民の娘に生ませたとも言う。いずれにしろ、その肌の色からあだ名の「イル・モーロ」(ムーア人)がつけられた。

父が外交政策の転換からローマ略奪を招き、アレッサンドロもそれに乗じたフィレンツェ市民の反乱により追放された。しかし1530年神聖ローマ皇帝カール5世がフィレンツェを制圧したことによりフィレンツェに復帰した。

1536年1月18日、カール5世の庶出の娘であるマルゲリータ・ダズブルゴと結婚したが、子供はなかった。

1537年1月5日夜、アレッサンドロはメディチ家の同族ロレンツィーノ・デ・メディチ(ロレンザッチョ)によって暗殺された。死後、フィレンツェ公には黒隊長ことジョヴァンニ・デ・メディチの子コジモが後継者として選ばれた。マルゲリータはパルマオッターヴィオ・ファルネーゼと再婚した。

先代:
ジュリオ・デ・メディチ
フィレンツェの僭主
1523年 - 1527年
イッポーリト・デ・メディチと共治
1530-1532 単独で支配
次代:
(共和制の廃止)
先代:
新設
フィレンツェ
1532年 - 1537年
次代:
コジモ1世