ベンヴェヌート・チェッリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェッリーニの胸像、フィレンツェ

ベンヴェヌート・チェッリーニBenvenuto Cellini, 1500年11月3日 - 1571年2月13日)は、ルネサンスイタリアの画家、彫金師、彫刻家、音楽家。奔放な「自伝」でも知られる。

生涯[編集]

フィレンツェに生まれる。父はメディチ家で技師・音楽家として仕えていた。1515年から彫金師に弟子入りし1523年からローマで彫金の注文を請け負う。教皇クレメンス7世に仕えるがボローニャピサでも修業を続ける。ミケランジェロの壁画などを模写し、その才能を終生崇拝していた。1527年カール5世ローマ侵略に応じてサン・タンジェロ城の防衛に参加し、1528年からミケランジェロとの交遊が始まる。1535年フィレンツェでアレッサンドロ公による貨幣鋳型の注文に応え、4種制作。教皇パウルス3世の不興を蒙り、1538年から2年間サンタンジェロ城に幽閉される。1540年からフランス国王フランソア1世に招かれて5年間パリに滞在する。帰国後メディチ家のコジモ1世の庇護を受けるようになり、多くの彫刻・装飾の仕事を残している。65歳で初めて結婚し、3児を残している。ルネサンス後期マニエリスムの代表的な芸術家とされる。

主な作品(彫刻・彫金)[編集]

「チェッリーニ自伝」[編集]

チェッリーニは58歳になって自叙伝を書いている。1550年・58年に発刊されたヴァザーリの「芸術家列伝」に刺激を受けたのではないかと推測される。書き上げたあと当時の文芸界のベネデット・ヴァルキに自著の校正を求めているが、ヴァルキは「彼の会話体による純な文体は、削除や訂正をしない方が好ましい」とし手直しを断っている。13歳の筆記者に口述した、綴りや文法に拘泥しない型破りの文体で語られたのは、単なる一芸術家の奔放な生き方だけではなく16世紀イタリア風俗の生気あふれる叙述であった。

対抗改革後のイタリアでは出版される当てがなく、18世紀になってガリレオ派の流れをくむ百科全書派の学者コッキによって草稿が発見され、1728年に公刊された。40年後にバレッティによって再刊された版でフランス人にも知られるようになり、ルソースタンダールに熱烈に支持され、ベルリオーズはオペラ「ベンヴェヌート・チェッリーニ」を作曲している。ドイツでは1803年ゲーテが解説と注を添えてドイツ語訳を刊行し、ブルクハルトをはじめとするルネサンス研究の先駆けをなした。

主な日本語文献[編集]

  • 『チェリーニ マニエリスムへの流れ イタリア・ルネサンスの巨匠たち.27』 
 マリオ・スカリーニ/上村清雄訳、東京書籍、1996年
  • 『チェッリーニ自伝 (上下)』 古賀弘人訳、岩波文庫、1993年
  • 『チェッリーニ わが生涯』 大空幸子訳、新評論、1983年