美術史美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 美術史美術館
施設情報
正式名称 Kunsthistorisches Museum
収蔵作品数 約2,200[1]
来館者数 559,150 (2010)[2]
開館 1891年
所在地
Burgring 5 1010 Wien
位置 北緯48度12分13秒 東経16度21分41秒 / 北緯48.20361度 東経16.36139度 / 48.20361; 16.36139
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

美術史美術館(びじゅつしびじゅつかん、Kunsthistorisches Museum, Wien)は、ウィーンにある世界でも最大級[3]美術館である。自然史博物館と対になるものとして建てられ[4]、1891年開館。現在は組織上ウィーン大学の一部局である。


沿革[編集]

コレクションの起源はマクシミリアン1世まで遡るといい、以降、歴代君主の収集品が追加されていき、1659年には世界初の収蔵品の図版入りカタログも製作された[3]

美術館自体はフランツ・ヨーゼフ1世の命により[1]、1872年から建設が始まった[3]。建築にはゴットフリート・ゼンパーが1876年まで、その後を引き継いでカール・ハーゼナウア (Karl Hasenauer) が当たり[4]、1881年に完成した[3][4](ウィーンの観光局資料によれば完工を1891年としている[5])。

2012年ごろ改装のために一時閉鎖されていたものの[6]、2013年3月に再オープンした[1]

コレクション[編集]

オーストリアドイツスペインイタリアベルギーオランダの各地ハプスブルク家の領土を中心に生み出された400年間にわたる美術コレクションを中心とする美術館で、1891年、一般公開された。古代から19世紀に至るヨーロッパ各地の美術品を収蔵している。なかでもピーテル・ブリューゲルの作品数は世界最大[1]を誇り、『雪中の狩人』『農民の踊り』『子供の遊戯』など、美術全集でなじみのある傑作が1室に集められている。また、ハプスブルク家の人物の肖像画なども多数収められている。

建物[編集]

様式はネオ・ルネサンス様式で展示室の数は50近い[3]

主な収蔵品[編集]

など

参照[編集]

  1. ^ a b c d 美術史美術館ウィーン (PDF)”. 美術史美術館. 2014年8月30日閲覧。公式サイトのPDF。
  2. ^ The Art Newspaper. World museum attendance figures for 2010. Access 22 Oct 2011.
  3. ^ a b c d e ウィーン美術史美術館”. コトバンク. 2014年8月30日閲覧。
  4. ^ a b c 日本建築学会 『西洋建築史図集』 (7版) 彰国社1964年、165頁。 
  5. ^ Kunsthistorisches Museum(美術史博物館)”. Vienna Tourist Board. 2014年8月30日閲覧。
  6. ^ Kunsthistorisches Museum(美術史博物館)”. Vienna Tourist Board. 2012年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]