ペルジーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペルジーノ
自画像
生誕 ピエトロ・ヴァンヌッチ
国籍 イタリアの旗 イタリアペルージャ
ペルジーノか、師のヴェロッキオを描いたものかで意見が分かれる肖像画

ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年[1][2])は、ルネサンス期のイタリアウンブリア派を代表する画家

1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。 フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した[3]。 当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた[4]

ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリギルランダイオらとともに、バチカンシスティーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである[5]。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。

特徴[編集]

ペルジーノの人物像は、やや感傷的、類型的なきらいはあるが、優美で上品な表現が特色である。殊に、フィレンツェのピッティ美術館にある「マグダラのマリア」は、これが宗教画であることを忘れさせるほど、甘美で官能的な女性像である。また、ペルジーノの描く人物はレオナルド・ダ・ヴィンチのそれと比較して輪郭線が明瞭である[6]

代表作[編集]

  • カナの婚礼(ウンブリア国立絵画館収蔵)

他多数

脚注[編集]

  1. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、59頁。
  2. ^ 損保ジャパン東郷青児美術館 〔特別展〕 甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展~ラファエロが師と仰いだ神のごとき人~
  3. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、59頁。
  4. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、60頁。
  5. ^ 徳島県立近代美術館
  6. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、59頁。