コレッジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コレッジョ
『自画像』
生誕 Antonio Allegri
1489年
コッレッジョ
死没 1534年3月5日
コッレッジョ
国籍 イタリアの旗 イタリア
著名な実績 油彩画・フレスコ画
運動・動向 盛期ルネサンス
『聖ヒエロニムスのいる聖母』 1527-28 パルマ国立美術館蔵
『ダナエ』 1530頃 ボルゲーゼ美術館(ローマ)蔵

アントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョAntonio Allegri da Correggio, 1489年頃–1534年)は、ルネサンス期のイタリア画家

生涯[編集]

北イタリアのモデナの近くのコレッジョで生まれ、同地で没した[1]パルマを中心に活躍した画家である。本名はアントニオ・アッレグリで、生地の町の名にちなんでコレッジョと呼ばれる。修業期の経歴については不明な点が多い。1506年マントヴァに移り、同地に重要な作品を残す画家マンテーニャの厳格な画風の影響を受けた。コレッジョは1519年頃にはパルマに移り、同地のサン・パオロ尼僧院の天井画、サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ聖堂の天井画などを手がけている。後者の天井画における効果的な短縮法(遠近法の技法の一種)の使用や、天井に開いた穴から本物の空を見上げているような錯視効果をねらった表現は、マンテーニャの影響によるものであろう。

パルマのサンタントニオ聖堂の祭壇画として描かれた『聖ヒエロニムスのいる聖母』(1527年–1528年)は、聖母、幼児キリストマグダラのマリア天使らの甘美な表情のなかに宗教的崇高さをも表現した代表作である。スフマート(輪郭線を煙がかかったように柔らかく表現する技法)を生かした作風にはレオナルド・ダ・ヴィンチの影響が見て取れる。この作品は「イル・ジョルノ(昼)」と通称され、「ラ・ノッテ(夜)」の通称をもつ『キリストの降誕』(1529年–1530年頃)と対で紹介されることが多い。

このように、コレッジョの作品には複数の様式の影響が見られる。1530年、妻に先立たれたコレッジョは故郷に帰り、1534年、40歳代半ばで没している。この時期の注目すべき作品群としては、マントヴァのゴンザーガ家フェデリーコ2世の注文による『神々の愛』の連作(1530年–1531年頃)がある。連作の中でも「ダナエ」や「イオ」に見られるエロティシズムには、次世代のバロック絵画につながるものが感じられる。

代表作[編集]

  • 聖母と聖ヨハネ Madonna col Bambino e San Giovannino (1512–14) – スフォルツァ城ミラノ
  • 東方三博士の礼拝 The Adoration of the Magi (1516-18)- 84×108 cm、ブレラ美術館ミラノ
  • この人を見よ Ecce Homo(1525-30頃) - 99.7×80 cm、ナショナル・ギャラリーロンドン
  • 聖カタリナの神秘の結婚 The Mystic Marriage of St. Catherine (1510–15) - ナショナル・ギャラリーワシントンDC
  • 聖フランシスコの聖母 Die Madonna des heiligen Franziskus (1514-15頃) - 299×245 cm、ドレスデン国立絵画館
  • Salvator Mundi (1515頃) - 42.6×33.3 cm、ナショナル・ギャラリーワシントンDC
  • 聖母子と幼児聖ヨハネ Virgin and Child with the Young Saint John the Baptist (1515頃) - 64×50 cm、シカゴ美術館
  • 聖母と聖フランシス Madonna with St. Francis (1514) - 299×245 cm、アルテ・マイスター絵画館
  • 四聖人 Saints Peter, Martha, Mary Magdalen, and Leonard (1515-17頃) - 221.6×161.9 cm、メトロポリタン美術館、ニューヨーク
  • 授乳の聖母 Virgin and Child with an Angel (Madonna del Latte) (1525頃) - 68×56 cm、ブダペスト国立美術館
  • 聖母子と幼児聖ヨハネ Madonna and Child with the Young Saint John (1516) - 48×37 cm、プラド美術館、マドリッド
  • 聖母子とマグダラのマリア、聖ルチア(通称アルビネーアの聖母) Madonna fra le sante Maria Maddalena e Lucia,detta Madonna di Albinea (1557頃,原作1517-19頃) - 162×154 cm、パルマ国立美術館
  • 聖母に告別するイエス Christ taking Leave of his Mother (1517-18頃) - 87×77 cm、ナショナル・ギャラリー、ロンドン
  • エジプトへの逃避途上の休息、聖フランチェスコ The Rest on the Flight to Egypt with Saint Francis (1517) - 123.5×106.5 cm、ウフィツィ美術館、フィレンツェ
  • オリーブ山のキリスト The Agony in the Garden (1522-24頃) - 40×42.2cm、アプスリー・ハウス、ロンドン
  • 階段の聖母 Madonna della scala (1522-24頃) - 146×142 cm、パルマ国立美術館
  • 籠の聖母 The Madonna of the Basket (1524頃) - 33.7×25.1 cm、ナショナル・ギャラリー、ロンドン
  • 聖セバスチャンの聖母 Die Madonna des heiligen Sebastian (1524頃) - 265×151 cm、ドレスデン絵画館
  • ある淑女の肖像 Portrait of a Gentlewoman (1517–19) - 103×87.5 cm、エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク
  • 幼児イエスを礼拝する聖母 Adoration of the Child (1518–20) - 81×67 cm、ウフィツィ美術館、フィレンツェ
  • 聖カタリナの神秘の結婚 Mystic Marriage of St. Catherine (c. 1520) - 105×102 cm、ルーヴル美術館、パリ
  • 聖ヒエロニムスのいる聖母 Madonna of St. Jerome (c. 1522) - 105.7×141 cm、パルマ国立美術館
  • スープ皿の聖母 Madonna della Scala (c. 1523) - 196×141,8 cm、パルマ国立美術館
  • キリスト哀悼 Compianto su Cristo marto (1524-26頃) - 157×182 cm、パルマ国立美術館
  • 四聖人の殉教 Martirio di quattro Santi (1524-26頃) - 160×185 cm、パルマ国立美術館
  • 十字架降下 Deposition from the Cross (1525) - 158.5×184.3 cm、パルマ国立美術館
  • ノリ・メ・タンゲレ(我に触れるな)Noli me Tangere (c. 1525) - Oil canvas, 130×103 cm、プラド美術館、マドリッド
  • 聖母被昇天 Assumption of the Virgin (1526–1530) —1093×1195 cm、パルマ大聖堂
  • 羊飼いの礼拝 Nativity (Adoration of the Shepherds, or Holy Night (1528–30) - 256.5×188 cm、ドレスデン美術館
  • キューピッドの教育 The Education of Cupid (c. 1528) - 155×91 cm.、ナショナル・ギャラリー、ロンドン
  • 眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス Venus and Cupid with a Satyr (c. 1528) - 188×125 cm、ルーヴル美術館、パリ
  • 聖ゲオルギウスの聖母 Madonna with St. George (1530–32) - 285×190 cm、アルテ・マイスター絵画館
  • ガニュメデス Ganymede abducted by the Eagle (1531–32) - 163.5×70,5 cm、美術史美術館、ウィーン
  • イオ Jupiter and Io (1531–32) - 164×71 cm、美術史美術館、ウィーン
  • レダと白鳥 Leda with the Swan (1531–32) - 152×191 cm、ベルリン国立美術館
  • ダナエ Danaë (c. 1531) - 161×193 cm、ボルゲーゼ美術館、ローマ
  • 美徳のアレゴリー Allegory of Virtue (c. 1532–1534) - 149×88 cm、ルーヴル美術館、パリ
  • 悪徳のアレゴリー Allegoria del Vizio (1532-34頃) - 148×88 cm、ルーヴル美術館、パリ

日本語文献[編集]

  • 『コレッジョ バロックの誕生』 ルチア・フォルナーリ 、森田義之
〈イタリア・ルネサンスの巨匠たち28〉東京書籍、1995年 

脚注[編集]

  1. ^ コレッジョの生年は、40歳頃(没年1534年)に死んだというヴァザーリの記述から逆算して1494年頃と考えられてきた。現在では1489年頃が通説となっている。

外部リンク[編集]