フランチェスコ・グイチャルディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチェスコ・グイチャルディーニ (Francesco Guicciardini, 1483年3月6日 - 1540年5月22日)はルネサンス時代のイタリアフィレンツェ共和国歴史家政治家ニッコロ・マキャヴェッリの友人。著書「フィレンツェ史」、「イタリア史」は歴史書の傑作と言われ、それゆえ彼は近代歴史学の父と呼ばれる。

グイチャルディーニは、メディチ派の重臣の一人であった。1537年フィレンツェ公アレッサンドロ・デ・メディチ暗殺されると、グイチャルディーニが中心となってメディチ派による重臣会議を開き、傍系のコジモ・デ・メディチを二代目フィレンツェ公として選出させた。

著書・伝記[編集]

  • イタリア史」(末吉孝州川本英明訳、太陽出版.全9巻、2001年~2007年) ※7~9巻が川本訳
  • フィレンツェ史」(末吉孝州訳、同、1999年、新版2006年)
  • 「フィレンツェの政体をめぐっての対話」(末吉孝州訳・解説、同、2000年)
  • 「グイッチァルディーニの訓戒と意見 リコルディ」 (末吉孝州訳・解説、同、1996年)
  • 「フィレンツェ名門貴族の処世術 リコルディ」(永井三明訳、講談社学術文庫、1998年)
  • 末吉孝州「グイッチァルディーニの生涯と時代」上.下 (太陽出版、1997年.1998年)、マルコ・ポーロ賞受賞
※著者(1935年~2003年)は、同社でカッシーラールネサンス哲学における個と宇宙」の訳書を刊行。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「フランチェスコ・グイチャルディーニ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア