ロレンツォ2世・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルビーノ公ロレンツォ2世

ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ(Lorenzo di Piero de 'Medici, 1492年9月12日 - 1519年5月4日)は、イタリアフィレンツェ僭主1516年から1519年までその権力を保った)、ウルビーノ公ニッコロ・マキャヴェッリの『君主論』はロレンツォに献上された。

ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチとアルフォンシーナ・オルシーニの子として、フィレンツェで生まれた。父方の祖父母は、ロレンツォ・デ・メディチとクラリーチェ・オルシーニである。

1516年、叔父である教皇レオ10世によりウルビーノ公に叙任された。それまでウルビーノ公であったフランチェスコ・マリーア1世から公位を短期間だが奪取し、ロレンツォは1万人の兵を要する司令官となった。ウルビーノ戦争イタリア語版フランス語版英語版と呼ばれたこの戦いで、いったん負傷してトスカーナへ退却するが、同年9月のうちにウルビーノ公領を再獲得した。

1518年6月、オーヴェルニュ伯女マドレーヌと結婚。翌年4月に長女カテリーナが生まれるが、その21日後にロレンツォは梅毒で急死した。これによりウルビーノ公にはフランチェスコ・マリーア1世が返り咲いた。のちにカテリーナは遠縁にあたるローマ教皇クレメンス7世の政略により、フランスアンリ2世妃となった(フランス語名はカトリーヌ・ド・メディシス)。

先代:
ジュリアーノ・デ・メディチ
フィレンツェの僭主
1516年 - 1519年
次代:
ジュリオ・デ・メディチ枢機卿
先代:
フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ
ウルビーノ公
1516年 - 1519年
次代:
フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ