イッポーリト・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イッポーリト・デ・メディチ枢機卿像、ティツィアーノ

イッポーリト・デ・メディチ(Ippolito de' Medici, 1511年 - 1535年8月10日)は、イタリア枢機卿フィレンツェシニョーレ(在位:1523年 - 1527年)。

ヌムール公ジュリアーノの庶子としてウルビーノで生まれ、5歳で父と死に別れた。彼を育てたのは、伯父であるローマ教皇レオ10世従叔父のジューリオ(後の教皇クレメンス7世)だった。

即位したクレメンス7世は、自身がフィレンツェの実質的支配者となり、1523年に自身の庶子アレッサンドロ・デ・メディチとイッポーリトを後任に据えた。しかし、両者はローマ略奪に続いたフィレンツェ市民の反乱で追放され、1529年から2年続いたフィレンツェ包囲の後、クレメンス7世は手元で育てたイッポーリトではなくアレッサンドロを偏愛するようになり、邪魔になったイッポーリトを最初アヴィニョン大司教、1529年には枢機卿にし、教皇特使としてハンガリーへ派遣した。

イッポーリトは、1535年に皇帝カール5世のフィレンツェ大使を務めたが、同じ年にマラリアのため、ラツィオ南部のイトリで急逝した。彼を悪し様に罵っていたアレッサンドロによって毒殺されたと広く噂された。

なお、イッポーリトはジューリア・ゴンザーガ(フォンディ伯ヴェスパシアーノ・コロンナの未亡人)という愛人がいた。

先代:
ジュリオ・デ・メディチ
フィレンツェのシニョーレ
1523年 - 1527年
アレッサンドロ・デ・メディチと共治
次代:
-