フランチェスコ・ダ・ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・ダ・ミラノ

フランチェスコ(・カノーヴァ)・ダ・ミラノFrancesco Canova da Milano, *1497年8月18日 - †1543年4月15日 ミラノ)は、イタリアルネサンス音楽作曲家リュート奏者。

生涯[編集]

ミラノ郊外のモンツァにて音楽家ベネデット・カノーヴァを父に生まれる。マントヴァイザベラ・デステ公妃の宮廷でリュート奏者を務めるジョヴァンノ・テスタグロッサ(1470年 - 1530年)の薫陶を受け、音楽を学ぶ。1519年より教皇庁の宮廷楽師としてレオ10世に仕え、おそらくハドリアヌス6世クレメンス7世の時代までそのままローマにとどまっていた。1520年代後半にイタリア北部に戻ると1528年ピアチェンツァで活動し、1530年にはミラノ大聖堂で教会オルガニストとして雇われる。だが1535年になると再びローマに上り、イッポーリト・デ・メディチ枢機卿のリュート奏者兼ガンバ奏者を務めるかたわら、教皇パウルス3世の孫オッターヴィオ・ファルネーゼの音楽教師として雇われた。1538年に教皇に同行して、カール5世フランソワ1世ニース会談に臨んでいる。1543年に他界。息子に先立たれたベネデット・カノーヴァは、我が子フランチェスコのために、ミラノのサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会に墓碑を建てた。

作品と評価[編集]

フランチェスコ・ダ・ミラノは、すでに生前から並び立つ者なきヴィルトゥオーソとして高い評価を得ており、ちょうどミケランジェロの場合のように、「神々しいフランチェスコ( il Divino )」と呼ばれていた。フランチェスコのパトロンで占星術師だったルーカス・グヮリーコ(Lucas Guarico)は、フランチェスコ・ダ・ミラノについて「あらゆる音楽家の中で最も重要で最も秀でた音楽家であり(……)、彼が奏でるのがリュートであろうとなかろうと、オルペウスアポローンをも凌いでいるのです」と教皇パウルス3世にしたためている。

フランチェスコ・ダ・ミラノの作品は、1536年から1603年までイタリアのほかフランスドイツスペインスイスオランダで出版された、40点以上の別々のタブラチュアによって発見された。さらに25の別々の手稿譜も、同じように広く流布した。フランチェスコ・ダ・ミラノの作品は、ルネサンス・リュートのためのファンタジアという楽種と、リチェルカーレという楽式に、つねに関わり合っている。いずれも対位法的な楽曲構成において、モテットに影響された器楽曲である。

フランチェスコ・ダ・ミラノの作品は、こんにちリュートギターの演奏を通じて親しまれている。

参考資料・外部リンク[編集]