ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレの肖像画、ウフィツィ美術館

ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ(Giovanni delle Bande Nere,1498年4月5日 - 1526年11月30日)は、イタリア傭兵隊長(コンドッティエーレ)で、メディチ家の一人。初代トスカーナ大公コジモ1世の父。本名はジョヴァンニ・デ・メディチ

1498年、メディチ家の傍系ジョヴァンニ・イル・ポポラーノカテリーナ・スフォルツァの子としてフォルリに生まれる。フォルリ・イモラの僭主・オッタヴィアーノリアーリオ家)の異父弟に当たる。

生まれてすぐ父が、11歳の時母が亡くなったため、親類のレオ10世のもとで軍人になるための訓練を受け、その後教皇軍の指揮をとる。イタリア戦争ではカール5世の皇帝軍に勇猛に立ち向かい、後年「ルネサンス最後の傭兵隊長」と賞讃された。18歳でロレンツォ・デ・メディチの孫のマリア・サルヴィアティと結婚し、息子のコジモ(後のコジモ1世)をもうける。

レオ10世が亡くなった時、哀悼の意を表して黒い帯を彼の記章に付け加えたため、バンデ・ネーレ(黒バンド、黒帯)という通名で呼ばれるようになる。彼の部隊は全員黒い絹のリボンを付け、槍にも黒の槍旗を付けていた。日本語では黒隊長、黒旗、または黒備えのジョヴァンニとも訳される。

1526年、マントヴァ近郊の戦いで敗血症により死亡。半年後にローマ略奪が起こった時、人々は「彼が生きていたらこれほどのことにはならなかったのに」と嘆いたと伝えられる。