アルメニア第一共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルメニア共和国
Հայաստանի Հանրապետություն
ザカフカース民主連邦共和国 1918年 - 1920年 アルメニア・ソビエト社会主義共和国
トルコ
山岳アルメニア共和国
アルメニア共和国の国旗 アルメニア共和国の国章
国旗 国章
国の標語: 無し
国歌: 我が祖国
アルメニア共和国の位置
  実際の勢力圏
  領土主張圏
  セーヴル条約で与えられた領土
公用語 アルメニア語
首都 エレヴァン
首相
1918年5月30日 - 1919年12月2日 ホヴハンネス・カチャズヌニ
1919年 - 1920年 アレクサンドル・ハティシアン (ru)
1920年5月 - 11月 ハモ・オハンジャニアン (en:Hamo Ohanjanyan)
1920年11月 - 12月 ハモ・オハンジャニアン
面積
1919年 70,000km²
1920年 160,000km²
人口
1918年 500,000人
1919年 1,300,000人
変遷
独立 1918年5月28日
ボリシェヴィキに権力を移譲 1920年12月2日

アルメニア共和国(アルメニアきょうわこく、アルメニア語: Հայաստանի Հանրապետություն)は、ロシア革命後、1918年から1920年にかけてアルメニアに存在した国家である。ザカフカース民主連邦共和国の崩壊にともない独立・建国されたもので、民族主義的な社会主義政党のアルメニア革命連盟(ダシュナク党)を政権の中軸としていた。またセーヴル条約ではオスマン帝国から広大な領土を編入することになっていた。

しかし隣接するアゼルバイジャン民主共和国とは折り合いが悪く、ナゴルノ・カラバフをめぐって交戦した。また1918年にはグルジア民主共和国とも短期の戦争になった。そのうちに北からはボリシェビキの、西からはムスタファ・ケマル・パシャの率いるトルコのアンカラ政府からの圧迫を受け、1920年12月2日には赤軍が首都エレバンに入城し政権は崩壊、アルメニア・ソビエト社会主義共和国の樹立が宣言された。

ソ連崩壊後のアルメニアは、自己を「第二共和国」と規定し、この時期の政体を「第一共和国」と呼称することで、両者の連続性を強調している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 吉村貴之「アルメニア / 『第二共和国』の政治 - 安定か停滞か」、『アジ研ワールド・トレンド』第8巻第4号(通巻第79号)、アジア経済研究所広報部、2002年4月、 31頁、 ISSN 13413406NAID 40005089033