アスベル・キプロプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスベル・キプロプ
Asbel Kiprop
Portal:陸上競技
Asbel Kiprop Hengelo 2009-2.jpg
選手情報
国籍 ケニアの旗 ケニア
競技 陸上競技
種目 800m, 1500m
所属 ケニア警察
生年月日 1989年6月30日(25歳)
生誕地 リフトバレー州ウアシンギシュ県
身長 188cm
体重 62kg
コーチ担当者 フェデリコ・ロサ
自己ベスト 800m : 1分43秒15
1500m : 3分27秒72
1マイル : 3分48秒50
3000m : 7分42秒32
 
獲得メダル
男子 陸上競技
ケニアの旗 ケニア
オリンピック
2008 北京 1500m
世界陸上競技選手権大会
2011 大邱 1500m
2013 モスクワ 1500m
アフリカ陸上競技選手権大会
2010 ナイロビ 1500m
2008 アディスアベバ 800m
アフリカ競技大会
2007 アルジェ 1500m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アスベル・キプロプ(Asbel Kipruto Kiprop、1989年6月30日 - )はケニア陸上競技選手、専門は1500mを主とする中距離走リフトバレー州ウアシンギシュ県出身。北京オリンピック男子1500m金メダリスト。ラシド・ラムジのドーピング違反・失格を経て、2009年に金メダルを獲得した[1]

2007年世界クロスカントリー選手権ジュニアを勝った後、同年のアフリカ競技大会1500mを制した。世界陸上競技選手権大会1500mは大阪ベルリンの4位を経た後、大邱モスクワの2大会連続優勝を達成した。

人物[編集]

エルドレット近郊にあるカプティンガ村の出身。キプロプによると、名の「アスベル」は「断固たる」を意味するものである[2]。父のデイヴィッド・ケベネイは1987年アフリカ競技大会1500m4位となった経歴の持ち主であり、弟のヴィクトル・キプチルチル・ケベネイも陸上競技選手という家庭に育った[3]。キプロプはシマト初等学校に在学中の13歳から陸上競技をはじめた。後には練習に集中するために高校を中退した[4]。キプロプは2006年にキプチョゲ・ケイノ・ハイ・パフォーマンス・トレーニング・キャンプに入り、現在も指導を受けている[5]。このキャンプはエルドレッド近郊の標高2000mを超える高地に位置し、ケニアの名門トレーニング施設として知られる[6]

経歴[編集]

2007年はキプロプにとって躍進の一年となった。3月の世界クロスカントリー選手権ジュニアで優勝、7月のアフリカ競技大会1500mも優勝を飾った[7][5]大阪で開催された8月の2007年世界陸上競技選手権大会1500mにはケニア代表として出場を果たし、自己記録を更新して4位に入った[8]。これらの功績が認められて、2007年ケニア最優秀スポーツ選手賞の最優秀新人部門を受賞した[9]

キプロプは2008年アフリカ陸上競技選手権大会に出場して800mで銅メダルを獲得、1500mで4位に入った。北京オリンピックでは400mを先頭で通過、その後も先頭集団でレースを進めたが、猛然と追い上げたラシド・ラムジに僅かに抜かれて金メダルを逃した[10][11]。 しかし、ラムジは大会後の薬物検査で新型のエリスロポエチンである指定禁止薬物・持続性エリスロポエチン受容体活性化剤の陽性反応を示し失格、2009年に金メダルを剥奪された[12]。キプロプは金メダルが授与されることが決定したのちロイター通信から受けた取材に対して、表彰台上でケニア国歌を聴けなかった悲しみと薬物違反への悲しみをぶちまけている[13]。キプロプは9月のIAAFワールドアスレチックファイナルハロン・ケイタニーに次ぐ2位に入りこの年を終えた。

2009年8月の世界陸上競技選手権大会1500m決勝では、スローペースであるにもかかわらず集団の後方でレースを進めてしまい、見せ場が無いまま4位に敗れた [14][15]。800mにも出場したが予選2組7着で敗退している。

2010年7月、ナイロビで開催されたアフリカ陸上競技選手権大会1500mでは3分36秒19の大会新記録を樹立して優勝を飾った[16]。キプロプはこの年に新設されたIAAFダイヤモンドリーグに参戦。ビスレットゲームズプリフォンテーンクラシックロンドングランプリで勝利を収めたのち、8月のメモリアルヴァンダムを制して男子1500mの年間王者に輝いた[17]。アフリカ代表として9月のIAAFコンチネンタルカップ1500mにも出場したが6位に敗れている[5]

2011年、大邱で開催された世界陸上競技選手権大会1500m決勝で同じケニア代表のライバルであるサイラス・キプラガトを破って優勝、初めて世界選手権で金メダルを獲得した。2011年のダイヤモンドリーグ上海2位、オスロ1マイル1位、パリ2位、ストックホルム1位の成績を残してポイント争いの首位に立っていたが、9月8日の最終戦・チューリッヒは7位に入るのがやっとで、ニクソン・チェプセバに年間王者をさらわれた[18]

2012年1月、グレートエディンバラクロスカントリーでエリウド・キプチョゲケネニサ・ベケレを破って優勝した[19]。8月、ロンドンオリンピック1500mは、決勝でレース中にハムストリングを痛め、12位に終わった[20]。同年のダイヤモンドリーグドーハで2位の後、ユージーン、オスロ、モナコの3勝を上げてポイント争いの首位に立ったが、最終戦のブリュッセルで5位に終わり年間王者を逃した[21]

2013年7月19日、モナコで行われたヘラクレス1500mで世界歴代4位となる3分27秒72を記録した。8月18日、モスクワで開催された世界陸上競技選手権大会1500m決勝は最後のホームストレートで抜け出して優勝、2大会連続金メダルを獲得した[20]

記録[編集]

種目 記録 場所 日付 備考
800m 1分43秒15 モナコ 2011年7月22日
1500m 3分27秒72 モナコ 2013年7月19日 世界歴代4位
1マイル 3分48秒50 ユージーン 2009年7月6日
3000m 7分42秒32 トリノ 2007年6月8日

主な戦績[編集]

大会名 開催地 種目 結果 記録
2007 世界クロスカントリー選手権 ケニアの旗 モンバサ ジュニア8km 優勝 24分07秒[22]
アフリカ競技大会 アルジェリアの旗 アルジェ 1500m 優勝 3分38秒97
世界陸上競技選手権大会 日本の旗 大阪 1500m 4位 3分35秒24
2008 アフリカ陸上競技選手権大会 エチオピアの旗 アディスアベバ 800m 3位 1分46秒02
アフリカ陸上競技選手権大会 エチオピアの旗 アディスアベバ 1500m 4位
オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 1500m 優勝 3分33秒11
IAAFワールドアスレチックファイナル ドイツの旗 シュトゥットガルト 1500m 2位 3分37秒93
2009 世界陸上競技選手権大会 ドイツの旗 ベルリン 1500m 4位 3分36秒47
世界陸上競技選手権大会 ドイツの旗 ベルリン 800m 予選
2010 アフリカ陸上競技選手権大会 ケニアの旗 ナイロビ 1500m 優勝 3分36秒19
IAAFコンチネンタルカップ クロアチアの旗 スプリト 1500m 6位 3分38秒81
2011 世界陸上競技選手権大会 韓国の旗 大邱 1500m 優勝 3分35秒69
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 1500m 12位 3分43秒83
2013 世界陸上競技選手権大会 ロシアの旗 モスクワ 1500m 優勝 3分36秒28

脚注[編集]

  1. ^ Rashid Ramzi's positive drug test confirmed ガーディアン (2009-07-08). 2011年3月9日閲覧
  2. ^ Chris Turner (2008-07-17). Kiprop, the future of 1500m running? IAAF. 2011年3月9日閲覧
  3. ^ Komen, Jonathan (2009-08-08). Will Asbel be third time golden? Daily Nation. 2011年3月9日閲覧
  4. ^ Kitula, Sammy (2009-08-17). Kiprop pledges to 'rule the world Daily Nation. 2011年3月9日有料サイトのため閲覧できず
  5. ^ a b c James Wokabi and Mutwiri Mutuota (2010-09-01). Focus on Athletes - Asbel Kiprop. IAAF. 2011年3月9日閲覧
  6. ^ 第35回IAAF世界クロスカントリー選手権 ケニア人ランナーが強いわけ 在日ケニア大使館 (2007-02-13). 2011年3月9日閲覧
  7. ^ World Cross Country Championships 2007 - Results - Junior Race M Final IAAF. 2011年3月9日閲覧
  8. ^ Osaka 2007 - 1500 Metres M Final IAAF. 2011年3月9日閲覧
  9. ^ SOYA Awards - 2007 winners Sports Personality of the Year Award. 2011年3月9日閲覧
  10. ^ Morse, Parker (2008-08-19). Beijing 2008 - Day Five Summary - 19 Aug IAAF. 2011年3月9日閲覧
  11. ^ Olympic Games 2008 - Results 08-19-2008 - 1500 Metres M Final IAAF. 2011年3月9日閲覧
  12. ^ ラムジの金メダルはく奪へ IOC、薬物違反で 共同通信社 (2009-11-19). 2011年3月9日閲覧
  13. ^ Telewa, Martin (2009-11-20). Kiprop downcast over belated Olympic gold Reuters India 2011年3月9日閲覧
  14. ^ Ramsak, Bob (2009-08-19). Event Report - Men's 1500m - Final. IAAF. 2011年3月9日閲覧
  15. ^ Butcher, Pat (2009-08-19). Berlin 2009 - Day 5 SUMMARY - 19 Aug. IAAF. 2011年3月9日閲覧
  16. ^ Negash, Elshadai (2010-08-01). Kenya captures five gold medals as as African champs conclude in Nairobi - African champs, day 5. IAAF. 2011年3月9日閲覧
  17. ^ Minshull, Phil (2010-08-27). Overview Disciplines - 27.08.2010 1500m / Mile - Men. IAAF. 2011年3月9日閲覧
  18. ^ Weltklasse Zürich Zürich (SUI) – Thursday, Sep 08, 2011. IAAF. Retrieved on 2012-01-08.(2011年10月7日時点のアーカイブ
  19. ^ Wenig, Jorg (2012-01-07). Kiprop triumphs in race of champions, Bekele a distant 11th – Edinburgh XC report. IAAF. Retrieved on 2012-01-08.
  20. ^ a b Gene Cherry (2013-08-19). SPEEDY KIPROP REBOUNDS FROM LONDON DISAPPOINTMENT IAAF. 2013年8月23日閲覧
  21. ^ Belgacom Memorial Van Damme Bruxelles (BEL) - Friday, Sep 07, 2012 IAAF. 2013年8月24日閲覧
  22. ^ Ramsak, Bob (2007-03-24). JUNIOR races - men and women IAAF. 2011年3月12日閲覧

外部リンク[編集]