ぺんぎんくんWARS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぺんぎんくんWARS
ぺんぎんくんwars vs.
ジャンル アクションゲーム
対応機種 AC
FC
MSX
PC-8801
FM-7
X1
GB
MZ-2500
携帯アプリ
開発元 UPL(AC)
パックスソフトニカ(FC)
マトリックス(携帯アプリ)
発売元 UPL(AC)
アスキー(FC・MSX・GB・PC88・FM7・X1・MZ-2500)
ジー・モード(携帯アプリ)
人数 1-8人 (FC・MSXなど)
1-2人(GB)
メディア ロムカセット
発売日 FC版 1985年12月25日
GB版 1990年3月30日
テンプレートを表示

ぺんぎんくんWARS』(ぺんぎんくん うぉーず)は、1985年UPLアーケードゲーム版をリリースしたアクションゲームで、同年にはファミリーコンピュータ(FC)版やMSX版がアスキーから発売された。

1990年3月30日ゲームボーイに移植された『ぺんぎんくんwars vs.』についても本項目で説明する。

また2003年には、ジー・モードNTTドコモauソフトバンクモバイルのアプリとして公開されている。

概要[編集]

テーブルを挟んで10個のボールを投げあい、タイムアップ時にボールの少ないほうが勝利、あるいは10個全てを相手側に投げ込んだ時点で勝利となるアクションゲーム

ボールを投げる際に溜めることで、相手を転倒させるボールを投げることができる。

攻撃パターンはボールを手当たり次第に投げてくる相手もいれば、じっくり狙ってくる相手もおり、個性が付けられている。

ルール[編集]

FC版・MSX版では、2セット先取で勝利である。1回戦では残り20秒で、テーブル上を移動しボールの進路を邪魔するものが出現する(2回戦以降は出現が早くなる)。ボールを投げる際に溜めなくても、相手にぶつければ転倒させられる。

タイムアップ時に両サイドのボールが同数の場合は、色の違うボールを1個加えた11個で30秒の対戦を行う。このボールはどちらかのサイドに一定時間あると(置いてあっても持っていても)破裂し、破裂したサイドが負けになる。これを投げあっている間はタイムアップまで破裂しない。勝負がつくと次のセットは元の10個に戻る。

FC版では、何人対戦にしても1回戦はコンピュータ(COM)が相手になる。対COM戦はコントローラI(Iコン)で操作する。2回戦以降のプレイヤー同士の対戦はIコンとIIコンで操作する。プレイヤーのキャラクターにアルファベット3文字までの名前が付けられる(重複可)。

MSX版では、1回戦はコンピュータが相手になるが、名前はCOMではなく様々である。対コンピュータ戦はキーボードかPORT1のジョイスティックなどで操作する。2回戦以降のプレイヤー同士の対戦は、二人目はPORT2のジョイスティックなどで操作する。プレイヤーのキャラクターに英数字8文字までの名前が付けられる。入力を省略するとPENGUINになる。

BGM[編集]

AC、PC-8801、MSX、MZ-2500、FC版には石川秀美の「もっと接近しましょ」が使われていた。なお、携帯アプリ版については音楽著作権の関係上、使用されていない。

外部リンク[編集]