せとしお (潜水艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kobe Mitsubishi Heavy Industries01s3200.jpg
艦歴
建造者 三菱重工業神戸造船所
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 平成14年度計画
発注 2002年
起工 2003年1月23日
進水 2005年10月5日
竣工
就役 2007年2月28日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 通常動力型潜水艦
艦級 おやしお型
排水量 基準 2,750t
満載 4,000t
全長 82.0m
全幅 8.9m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 7.4m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式、7翼スクリュー1軸推進
* 川崎 12V25/25Sディーゼルエンジン × 2基
* 発電機 × 2基
* 電動機 × 1基
* 蓄電池 × 480個
機関出力 水上 3,400PS
水中 7,750PS
速力 水上 12kt
水中 20kt
燃料
航続距離
潜航限界深度 600mから650m程度
乗員 70名
搭載量
兵装 * HU-603B 533mm魚雷発射管 × 6門
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルを発射可能)
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I
レーダー ZPS-6水上
ソナー * ZQQ-6
* フランク・アレー・ソナー
* ZQR-1曳航
探索装置・
その他装置
潜望鏡
電子戦
対抗手段
ZLA-7 ECM
愛称
モットー
その他

せとしおローマ字JS Setoshio, SS-599)は、海上自衛隊潜水艦おやしお型潜水艦の10番艦。艦名は瀬戸から由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、ゆうしお型潜水艦SS-575 せとしお」に続き2代目にあたる。

艦歴[編集]

「せとしお」は、中期防衛力整備計画に基づく平成14年度計画2700トン型潜水艦8114号艦[1]として、三菱重工業神戸造船所で2003年1月23日に起工し、2005年10月5日に進水、2007年2月28日に就役した。

2005年10月、三菱重工業神戸造船所にて挙行された進水・命名式において、海上幕僚長齋藤隆により「せとしお」と命名された。

現在は第2潜水隊群第4潜水隊に所属し、定係港は横須賀である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 井口郁丸 2007.2.28 - 2008.3.25      
2 下浜昭博 2008.3.26 -      

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

脚注[編集]

関連項目[編集]