XIM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XIMX Window Systemにおけるテキスト入力のためのAPIである。

概要[編集]

XIMはマルチバイト文字を入力する際に使われ、Xlibがその関数インターフェイスを提供する。テキスト入力を扱うXIMに対して、テキスト出力を扱うAPIはXOMである。X Window Systemの代表的なライブラリであるGTK+Qtではimmoduleが実装されている[1]ので、これらのライブラリを用いればアプリケーション開発者が直接XIMを扱わなくても、作成したアプリケーションで日本語入力が行える。

入力スタイル[編集]

インプットメソッドの要求する可能性のある領域にはstatusやpreeditなどがある。これらの領域の設定によって入力スタイルが変わる。入力スタイルにはon-the-spot、over-the-spot、off-the-spotやrootがある[2]。GTK+2[3]やQt[4]などのライブラリでは初期設定でon-the-spotになっており、on-the-spotスタイルが一般的に用いられる。しかし、on-the-spotスタイルではコールバック関数を定義する必要がある[5]ので、GUIライブラリにおける実装は他のスタイルに比べて複雑になる。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語入力システムの構造の概要」、『UNIX USER』、ソフトバンクパブリッシング、2004年5月。
  2. ^ 日本語入力システムの概要とセットアップ
  3. ^ XIMのプリエディット描画スタイル」、『UNIX USER』、ソフトバンクパブリッシング、2004年5月。
  4. ^ Choosing the input style[リンク切れ]
  5. ^ Internationalized Text Input,"Xlib Programming Manual" (O'Reilly & Associates, Inc.)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]