日本電音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UNI-PEXから転送)
移動先: 案内検索
日本電音株式会社
Nihon Denon Co.,Ltd.
Nihon Denon headquarters.jpg
日本電音本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
573-1132
大阪府枚方市招提田近3-6
設立 1960年5月
業種 電気機器
法人番号 4120001150332
事業内容 電気通信機器の製造・販売
代表者 代表取締役会長 田中美惠子
代表取締役社長 田中英二
資本金 3,000万円
売上高 35億円
従業員数 180名
外部リンク http://www.unipex.co.jp/
テンプレートを表示

日本電音株式会社(にほんでんおん)とは大阪府枚方市に本社を置く音響機器・音響放送機器を製造販売する企業である。

会社概要[編集]

音響機器メーカーの一社。特にスピーカーに強みを持つ。主にホール鉄道駅美術館など公共施設のPAシステムや、地方自治体の行政無線システムなども手掛ける。

販売会社としてユニペックス株式会社を有し、「UNI-PEX」の商標で販売をおこなっている。

UNI-PEXの発車メロディ[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)が1990年頃より本格的に発車メロディを導入するにあたって、日本電音はJR東日本に駅自動放送装置の供給とセットで発車メロディの供給も行った。大別して同社オリジナルの6曲と宗次郎作曲の4曲がある。しかし後者は、契約上の関係で現在は発車メロディとしては使用されていないが、「清流」は鶴岡駅で接近メロディとして採用されている。

UNI-PEXのオリジナル楽曲[編集]

  • せせらぎ
通常(現在不使用)、鐘強調、鐘強調速め(埼京線の一部の駅のみ)、テンポ遅め(現在不使用)、トレモロ(過去の有楽町駅のみ)、フェードアウト(過去の上溝駅のみ)、MIDI調(過去の鹿沼駅のみ)の6種類ある。[1]
通常、トレモロ(現在不使用)、強調トレモロ、強調トレモロ+音が高い(過去の西川口駅のみ)、伴奏ズレ(過去の大森駅のみ)、早回しトレモロ(過去の王子駅のみ)、変則トレモロ+半音高い(過去の西川口駅のみ)、伴奏ズレ+音高い(過去の大館駅など)の8種類がある。[2]
  • 高原
おおまかに、通常(現在不使用)、ピアノ、低音・鐘強調早回し(青森駅、過去の横手駅のみ)、低音・ベース強調(現在不使用)、低音・シンセ強調(過去の南浦和駅など)、低音・鐘強調(過去の大森駅のみ)、MIDI調(過去の鹿沼のみ)の6種類がある。[3]
  • 草原
通常(過去の大久保駅など)、オルガン(過去の取手駅)、鐘強調、笛、太鼓入りなど5種類あるが、全て現在不使用。
  • 春風
新橋駅1番線(東海道線ホーム・横須賀線ホーム双方)と松戸駅1番線で使用。[4]松戸のものは、新橋のものより若干テンポが遅い。[5]
  • 陽だまり
新橋2番線(東海道線ホーム・横須賀線ホーム双方)と北千住駅1番線・2番線下り(上りは常磐2番を使用)で使用中。[6]北千住のものは、新橋のものと音色が異なる。
  • 曲名不明(常磐1番)
過去、北千住1番線で使用されていたメロディ。[7]現在は「陽だまり」に変更されている。[8]東北新幹線などの車内チャイムではこれと似たメロディが使用されている。尚、「常磐1番」という名前は発車ベル使用状況の物である。
  • 曲名不明(常磐2番)
現在、北千住2番線上り(下りは陽だまりを使用)で使用されているメロディ。[9]尚、「常磐2番」という名前は発車ベル使用状況の物である。
  • 曲名不明(常磐3番、常磐3-1番)
常磐3番は北千住3番線で使用していたメロディだったが、2000年1月28日の放送装置更新に伴い現在は常磐3-1番になっている。[10][11]この2つは、アレンジ違いとなっている。尚、「常磐3番」、「常磐3-1番」という名前は発車ベル使用状況の物である。

宗次郎の楽曲[編集]

  • 雲を友として
かつては都心の様々な駅で使われていたことがあり、駅によって長さがまちまちだった。最長のものは22秒。高崎問屋町駅を最後に2014年3月消滅。
  • 清流
かつては都心の様々な駅で使われていたことがあり、駅によって長さがまちまちだった。最長のものは19秒。現在はフェードアウトバージョンが接近メロディーとして鶴岡駅で使われている。かつては早回しVer.が王子駅で導入されていた。
  • 四季〜愛しき子供たちへ〜
松戸などで使われていたが、馬橋駅を最後に2005年3月消滅。
  • こころ
池袋駅柏駅などで使われていたが、2005年3月消滅。

なお、清流と雲を友としては、著作権の問題で、 四季〜愛しき子供達へとこころは乗客から「憂鬱になる」として消滅した。

入線メロディ[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)広島支社では、JR東日本で使用されている発車メロディ山陽本線呉線の一部の駅にて接近メロディとして使用していたが、2012年までにはすべて広島支社独自のメロディに置き換えられた。

  • 春(現在不使用)
山陽線の南岩国駅由宇駅大畠駅 - 田布施駅光駅下松駅徳山駅新南陽駅下関駅で下り線用として使用されていた。さらに以前は横川駅 - 大竹駅間(前空駅を除く)の各駅でも使用されていた。
  • せせらぎ(現在不使用)
春使用駅で春とセットで上り線用に使用されていた。
  • 草原(現在不使用)
呉線忠海駅竹原駅安芸津駅安浦駅安芸川尻駅で上り線用として2007年ごろまで使用されていた。
  • 高原(現在不使用)
呉線の草原使用駅で草原とセットで下り線用に使用されていた。
  • 雲を友として(現在不使用)
厚狭駅美祢線ホームと横川駅の可部線ホームで使用されていた。
  • 清流(現在不使用)
岩国駅で使用されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]