Team48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Team48
人物
居住地 日本の旗 日本
職業 YouTuberTikToker
公式サイト
YouTube
チャンネル
ジャンル ドッキリ・ダンス・恋愛・歌など
登録者数 200万人
総再生回数 26億回
関連人物 こたつ
タロー社長
あみか
永ennのアリス
ゑむ氏。
アマリザ
わかゔぁ
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年10月5日時点。
テンプレートを表示

Team48(フォーエイト)は、日本の7人組YouTuber[1]SNSグループ[2]。主にYouTuberTikTokerとして活動する。リーダーは「こたつ」で、ドッキリ・ダンス・恋愛を題材にした様々な動画を公開している[3][4]。既存の芸能事務所には所属せず、自らで事務所を運営している[5]

来歴[編集]

初期から活動しているTikToker[4]「こたつ」のTikTokフォロワー数が100万人を突破したことをきっかけに結成。他のメンバーもTikTokerとして活動しており、YouTubeチャンネル始動から3日でチャンネル登録者数は3万人に達した[3]。登録者数は2021年7月時点で124万人[6]、9月時点で140万人[3]、12月時点で180万人を突破[7]。家族にも喩えられるチーム内の信頼関係や、TikTokに関連した企画・動画の公開が、チャンネルの成長理由として分析されている[3]

2021年3月にはYouTube Japanの公式チャンネルにて、インターネット上の誹謗中傷やデジタルタトゥーを題材とした動画「あなた、わたし」を公開し、視聴者に問題提起を行った[5]。同年6月には「48時間チャリンジ」と称して大阪-福岡間を48時間以内に自転車で移動する生配信企画を行った[8]

同年8月には、過去にTikTok上の企画で公開した動画を再編集し、『TikTok Summer 2021』としてYouTube上で公開した。当該の動画は700万再生を突破した[3]。コラボしたクリエイターにははじめしゃちょー[9]フィッシャーズ[10]などがある。また、9月には『GENERATIONS高校TV』に出演し、GENERATIONS from EXILE TRIBEと企画で対戦している[11]

2021年12月14日放送のテレビ番組『音いたち』では、「推しいたちピーポー」の1つとして取り上げられた[12]

2022年2月15日、視聴者にネット上で誹謗中傷を受けたことが理由で、音羽の脱退が発表された[13]。同年1月に予定されていた全国ツアーの発表は音羽の状況を鑑みて延期していたことが明かされた[14]。脱退に関しては他のYouTuberからもコメントが寄せられた[15]。一時休止期間を挟んだ後、同月20日にチャンネルが再開された[16]

2022年4月6~8日、大阪-東京間を自転車で移動する「第2回48時間チャリンジ」に挑戦[8]

2022年7月7日、「ロミエット」でCDデビュー。

2022年10月31日、メンバーが一度に動画に出演する頻度が減少し、体調不良や活動のバランスの崩れが考えられたことから、活動休止が発表された[1]

2022年12月1日、活動再開を発表。また、動画投稿が毎日投稿から週5日投稿(月・水・金・土・日曜)に変更。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

こたつ(メンバーカラー〔[17]、リーダー)
team48の中のリーダーで、チームにおける父親的存在[3]。「全力〇〇」シリーズの先駆者でもあり[18][19]、個人の知名度をシリーズの知名度が上回っている現状に悔しさを覚えている旨を述べている[20]。2022年2月にモデルプレスが発表したTikTokクリエイター影響力トレンドランキングでは第15位[21]
タロー社長(タロ社、メンバーカラー〔〕、元〔黄色[17]、副リーダー[3]
彼女のあーてぃんと「あーたろチャンネル」というカップルチャンネルも開設している。
永ennのアリス(enn、メンバーカラー〔[17]
最年長メンバーであり、ベビタピの総監督。「ベビタピの愉快な仲間たち」のYouTubeでも活動している。チームにおける母親的存在[3]でタケヤキ翔の大ファン[22]。 
あみか(メンバーカラー〔ピンク[17]
最年少メンバーであり、現役女子高生[3]。13歳の頃に友人から動画をTikTok上にアップロードされたことをきっかけにショート動画に興味を抱き、TikTokerとしての活動を開始した[19]
ゑむ氏。(メンバーカラー〔オレンジ[17]
コスプレイヤーデザイナー[3]で、チームにおけるファッションリーダー[23]Simejiによる日本のTikTokerの2021年上半期人気アンケートでは、「こたつ」に次ぐ第5位であった[18]
2016年にTikTokerゆりにゃの容姿を批判するツイートを投稿し、TikTok上で炎上。事態収束に至ったものの、その後に裏アカウントにてゆりにゃの批判およびチームメンバーである永ennのアリスへの中傷を行っていたことが判明し、2022年8月に本人を含むメンバーによる謝罪に発展した。同月中にTwitterアカウントは削除された[24][25]
アマリザ(メンバーカラー〔〕 ,MC[17]
フォーエイトのピュア担当[3]。通称ピュアリザ。
わかゔぁ(メンバーカラー〔[17]
アマリザの相方[3][23]。また、GACKTのファンである[3]

元メンバー[編集]

とまちん(メンバーカラー〔〕)
脱退後の現在はstudio15株式会社に所属し『イケメンeスポーツクリエイター』として活動している[26]
音羽(メンバーカラー〔藍色[17]
楽曲および映像クリエイター[3]。歌唱力はチーム内で最も高く評価されており[23]、男性的・女性的な声をいずれも発声できる点から「両声類」とも呼ばれている[14]
2021年に公開された『TikTok Winter 2021』におけるあるフレーズが話題を呼び、第三者からの誹謗中傷を受けたほか、当該フレーズを素材にした音MADが多く作成され、炎上状態に陥った[14][15]。これをきっかけに動画への出演を控えて1ヶ月強の休養を取った後、脱退が2022年2月15日に発表された[13]。脱退後は個人での音楽活動をしている[16][27]
同年8月31日に個人での活動を再開した[28]

反響[編集]

2020年
2021年
  • Bitstar「インフルエンサーパワーランキング」
    • YouTubeチャンネル総再生数ランキング第9位(1〜3月)[30]、第16位(7〜9月)[31]、第5位(通年)[32]
    • 急上昇入りチャンネルランキング第8位(通年)[33]
  • モデルプレス「YouTuber影響力トレンドランキング」第20位[34]
  • FULMA「小学生に人気のYouTuberランキング」第7位[35]
  • Simeji「Z世代トレンドアワード 2021」ヒト部門流行大賞第2位(Simeji)[36]
  • memedays「2021年下半期10代トレンドランキング」インフルエンサー部門第5位[37]
2022年

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ネット番組[編集]

イベント[編集]

雑誌[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「こたつ」と「あみか」の2名が出演。
  2. ^ 第1話に「あみか」が、第4話に「こたつ」がゲスト出演。
  3. ^ 「こたつ」と「あみか」の2名が出演。
  4. ^ 「こたつ」「あみか」「enn」の3名が出演。
  5. ^ 「タロー社長」、「アマリザ」、「永ennのアリス」の3名が第1話に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b 登録者数200万人「フォーエイト」活動休止 トラブル続き反省「安心して見られるチャンネルにする」」『スポニチAnex』、2022年11月1日。2022年11月1日閲覧。
  2. ^ a b マツコ・デラックスがSNS動画総再生回数17億超えのこたつ&あみかと動画づくりに挑戦『マツコの知らない世界』”. TVLIFE. ワン・パブリッシング (2021年11月9日). 2022年1月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n やまぐちかほ (2021年9月13日). “次世代人気YouTuberフォーエイトが、3年弱でチャンネル登録者数130万人を突破できた理由”. RealSound. 2021年1月29日閲覧。
  4. ^ a b 桂木きえ (2020年5月16日). “まだ遅くないTikTok入門 “かわいい/かっこいい”から“面白い”まで、人気TikToker9組を紹介”. RealSound. 2021年1月29日閲覧。
  5. ^ a b こたにな々 (2021年11月8日). “クリエイターへの誹謗中傷対策の現在 人気YouTuberコンビ「平成フラミンゴ」りほの活動休止から考える”. RealSound. 2022年1月29日閲覧。
  6. ^ 「INI」「フォーエイト」「ASMRスイーツ」「青森ナイチンゲール」10代女子に聞いた今年下半期の注目トレンドキーワード”. @DIME. 小学館 (2021年7月6日). 2021年1月29日閲覧。
  7. ^ a b YouTuber・48-フォーエイト-、男女8人で仲良く居続ける秘訣は?登録者数150万人突破で今後の目標も明かす<インタビュー>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年12月4日). 2022年1月29日閲覧。
  8. ^ a b YouTubeのトレンドは「長時間の大型企画」に? 新世代YouTuber・フォーエイトが2日にわたる生配信”. Real Sound (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  9. ^ こたにな々 (2021年12月24日). “はじめしゃちょー、“登録者1000万人”達成までの軌跡 プレッシャーに追われた長い1年を振り返る”. RealSound. 2022-02-29閲覧。
  10. ^ こたにな々 (2021年12月29日). “フィッシャーズの“無人島0円生活”が楽しみな理由 サバイバル能力を鍛え上げてきたグループの軌跡”. RealSound. 2021年1月29日閲覧。
  11. ^ 関口メンディー&佐野玲於のチアガール姿に片寄涼太が爆笑『GENE高』新OP撮影に密着”. TV LIFE. ワン・パブリッシング (2022年1月7日). 2022年1月29日閲覧。
  12. ^ 12月14日(火) | 音いたち | 関西テレビ放送 カンテレ” (日本語). 音いたち. 2022年1月29日閲覧。
  13. ^ a b YouTuber・48-フォーエイト-音羽 ‐otoha‐、脱退発表 こたつが涙堪え説明「誹謗中傷のことがきっかけで」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年2月15日). 2022年2月15日閲覧。
  14. ^ a b c 森田将輝 (2022年2月16日). “YouTuber「フォーエイト」音羽が脱退 誹謗中傷で休養中も復帰難しく”. カイユウ. 2022年2月16日閲覧。
  15. ^ a b きょんくま、フォーエイトの音羽脱退に「納得いかない」 誹謗中傷に対して持論を展開”. RealSound (2022年2月17日). 2022年2月18日閲覧。
  16. ^ a b ゆうき (2022年2月21日). “YouTuber 48-フォーエイト活動再開 脱退した音羽の活動準備も順調と報告”. カイユウ. 2022年2月21日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h (日本語) 【神回】全員の髪の毛をメンバーカラーに染めてみた!!【仰天チェンジ】, https://www.youtube.com/watch?v=v7AABsc6wPw 2022年2月19日閲覧。 
  18. ^ a b 御木本千春. “10代が選ぶ人気TikToker、2021年上半期の1位は?”. マイナビ. 2022年1月29日閲覧。
  19. ^ a b c フォーエイト・あみかが引き出したマツコ・デラックスのヤバすぎるメール対処法!”. asagei MUSE. 徳間書店 (2021年11月11日). 2022年1月29日閲覧。
  20. ^ 片寄涼太、人気ユーチューバー“48-フォーエイト”の発言に「『GENE高』を取りに来てる!」と警戒”. ABEMA (2021年9月6日). 2022年1月29日閲覧。
  21. ^ 2月発表「TikTokクリエイター影響力トレンドランキング」TOP15を発表【モデルプレスカウントダウン】”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年2月11日). 2022年2月15日閲覧。
  22. ^ (日本語) 【タケヤキ翔】目を開けたら観覧車の中で大好きな推しと2人っきりサプライズ♡【4日目】, https://www.youtube.com/watch?v=n6NOz1iuuTs 2022年2月19日閲覧。 
  23. ^ a b c d 片寄涼太、男女8人組YouTuber48-フォーエイトに「こいつら、番組取りにきてる!」と大パニック<GENE高>”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2021年9月3日). 2022年1月29日閲覧。
  24. ^ 裏アカで自身を擁護、仲間を批判…「フォーエイト」ゑむ氏、ツイッター削除 リーダーが声震わせ謝罪」『スポニチアネックス』、2022年8月23日。2022年8月24日閲覧。
  25. ^ 「フォーエイト」ゑむ氏、誹謗中傷騒動に深々と頭下げ謝罪「精一杯、行動に示して頑張りたい」」『日刊スポーツ』、2022年8月23日。2022年8月24日閲覧。
  26. ^ とまちん - studio15株式会社 | TikTok 特化型エージェンシー | クリエイター事務所・広告運用代行・企画制作” (日本語). studio15株式会社 | TikTok 特化型エージェンシー | クリエイター事務所・広告運用代行・企画制作 - studio15株式会社は、TikTokに特化したプロダクションです。お客様、クリエイター、ファンと 共感と信頼を築くエージェンシーを目指します。 (2021年9月28日). 2022年4月17日閲覧。
  27. ^ YouTuber48-フォーエイト、活動再開報告 脱退・音羽 ‐otoha‐の今後も明かす”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年2月21日). 2022年2月21日閲覧。
  28. ^ 斉藤賢弘 (2022年9月1日). “元フォーエイト・音羽が活動再開 復帰第1弾「拝啓生きたがりの僕へ」が感動呼ぶ 「歌声を聞いたとたんに涙」”. ねとらぼ. ITmedia. 2022年10月4日閲覧。
  29. ^ 10代が選ぶ「ベストYouTuber 2020」すとぷりが第1位に フィッシャーズやヒカキンも上位にランクイン”. RealSound (2020年10月7日). 2022年1月29日閲覧。
  30. ^ YouTube対象「インフルエンサーパワーランキング 2021年1~3月」発表 No.1 TikTokerじゅんや・コムドットら新鋭が大躍進”. RealSound (2021年4月22日). 2022年1月29日閲覧。
  31. ^ 2021年7~9月期YouTubeチャンネル総再生数ランキング発表 ヒカキンを抜いてトップに躍り出たのは……?”. RealSound (2021年10月26日). 2021年1月29日閲覧。
  32. ^ 2021年YouTubeチャンネル総再生数ランキング発表 じゅんやは昨年比再生数3倍、東海オンエアとコムドットが肉薄”. RealSound (2021年12月28日). 2022年1月29日閲覧。
  33. ^ 2021年急上昇入りチャンネルランキング 東海オンエアが昨年に続き連覇達成”. RealSound (2021年12月28日). 2021年1月29日閲覧。
  34. ^ 「YouTuber影響力トレンドランキング」TOP30を発表【モデルプレスカウントダウン】 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2021年11月27日). 2022年1月29日閲覧。
  35. ^ 【2021年版】小学生に人気のYouTuberは誰なの?ランキングトップ25を紹介”. みらのび. 朝日新聞社 (2021年12月17日). 2021年1月29日閲覧。
  36. ^ すとぷり『Z世代トレンドアワード』ヒト部門流行大賞で第1位 “今年最も活躍した有名人”に”. オリコン (2021年12月2日). 2021年1月29日閲覧。
  37. ^ Inc, Shogakukan. “「K-POP第四世代」「ゆら猫」「囲み目メイク」2022年に流行する10代女性のトレンド予測|@DIME アットダイム” (日本語). @DIME アットダイム. 2022年1月29日閲覧。
  38. ^ 2月発表「YouTuber影響力トレンドランキング」TOP30【モデルプレスカウントダウン】 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2022年2月4日). 2022年2月15日閲覧。
  39. ^ 【重大発表】フォーエイトこたつ、俳優になります。 - YouTube(こたつ個人チャンネル)
  40. ^ 【こたあみ】ドラマ初挑戦の裏側。 - YouTube(あみか個人チャンネル)
  41. ^ INI・尾崎匠海が出演するドラマ『コンビニ★ヒーローズ』に、INIメンバーがシークレットでゲスト出演することが決定”. The First Times. The First Take (2022年10月11日). 2022年10月14日閲覧。
  42. ^ 「修一朗・48・WurtSが登場!高校生の青春ドキュメント」”. NHK. 2022年2月13日閲覧。
  43. ^ 「山之内すずもハマった! 人気ユーチューバー・フォーエイト48沼」”. NHK. 2022年7月8日閲覧。
  44. ^ IVE、JO1、フォーエイト48ほか「めざましライブ」第1弾出演者発表!”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2022年7月21日). 2022年10月14日閲覧。
  45. ^ こたにな々 (2022年5月26日). “本日『ダウンタウンDX』出演 TikTokを強みとした新世代YouTuberグループ・フォーエイトとは”. Real Sound. 2022年10月14日閲覧。
  46. ^ 今夜OA「Venue101」にasmi、Dios、BE:FIRST、フォーエイト48、由薫”. 音楽ナタリー (2022年7月3日). 2022年7月8日閲覧。
  47. ^ GENERATIONS、男女8人組YouTuberの48-フォーエイトと「Y.M.C.A.を被らず全員歌いきれ」に挑戦<GENE高>”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2021年9月10日). 2022年1月29日閲覧。
  48. ^ 「48-フォーエイト」のタロー社長&アマリザ&永ennのアリス、ドラマ初出演で三浦翔平と共演”. ABEMA (2021年10月22日). 2022年1月29日閲覧。
  49. ^ 大阪府議会広報番組、地上波とインターネット番組で深堀り!『宇賀なつみの大阪府議会12のなるほど!』『48(フォーエイト)の大阪府議会に聞いてみたら…〇〇だった』2022年1月9日(日)放送・配信開始”. PR TIMES. 関西テレビ放送 (2021年12月27日). 2022年3月13日閲覧。
  50. ^ 男女8人組YouTuber48、ランウェイで集結「TGC teen 2020 Winter online」トップバッターで堂々登場”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年11月13日). 2022年1月29日閲覧。
  51. ^ 【TGC teen 2021 Summer】なえなの・ゆうちゃみら人気モデル集結 ののかちゃんもランウェイ 中一ミスコン&高一ミス・ミスターコンはGP決定<写真特集>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年7月27日). 2022年1月29日閲覧。
  52. ^ ヒカルや48など人気ユーチューバー、『関コレ』に続々登場”. Lmaga.jp. 京阪神エルマガジン (2021年9月5日). 2022年1月29日閲覧。
  53. ^ ジャにのちゃんねる・なにわ男子・Travis Japan・HIKAKIN・コムドットら「YouTube FanFest 2021」出演者発表に反響続々 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年1月29日閲覧。
  54. ^ YouTube FanFest | Japan” (日本語). www.youtubefanfest.com. 2022年1月29日閲覧。
  55. ^ YouTuberも、TikTokクリエイターも! インフルエンサーランキングを紹介する新マガジンが誕生!! 表紙はトップYouTuberヒカル率いるNextStage!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月29日閲覧。
  56. ^ #全力48!!!! フォーエイト OFFICIAL FANBOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル”. 宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル. 2022年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]

メインチャンネル
サブチャンネル
個人チャンネル等
Twitter
Instagram
TikTok
LINE
ショップ