TANPOPO 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TANPOPO 1
タンポポスタジオ・アルバム
リリース
録音 JULY STUDIO
STUDIO J DASH
FREE STUDIO SHIBUYA
TOWERSIDE STUDIO
SOUND CITY
SOUND VALLEY
SEDIC STUDIO
EPICURUS STUDIOS
AVACO CREATIVE STUDIOS
SORCERER SOUND (NEW YORK)
中国電視劇制作中心録音 (北京)
ジャンル J-POP
レーベル zetima
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
タンポポ 年表
- TANPOPO 1
1999年
All of タンポポ
2002年
『TANPOPO 1』収録のシングル
  1. ラストキッス
    リリース: 1998年11月18日
  2. Motto
    リリース: 1999年3月10日
  3. たんぽぽ (Single Version)
    リリース: 1999年6月16日
テンプレートを表示

TANPOPO 1』(タンポポ1)は、1999年3月31日に発売されたタンポポ通算1作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

シングル3曲を収録した、タンポポ唯一のオリジナル・アルバム。「Motto」[1]は間奏部に歌詞が追加されたアルバム・ミックス。「ラストキッス[2]は先行リリースのシングル・ヴァージョンに加え、ストリングス・アレンジによるアルバム・ヴァージョンも収録。また、「たんぽぽ」[3]は後にシングル・カットに際し、ボーカルのパート割が変更された。

本作にはつんくが個々のイメージで書いた、という三人それぞれのソロ楽曲が収録されている。矢口真里によれば「(飯田)圭織は片思い、私は付き合い始め、(石黒)彩ちゃんは付き合い途中の歌」[4]だという。また、石黒彩は「モーニング娘。の時は人数も多いのでミックスとか任せてしまうんですけど、今回は3人でずっと立ち会って。全ての面で成長できたと思う」[4]とし、飯田圭織は「完成したときは、感動で涙が出ました。いつもは怒られてばかりなのに今回は初めて褒められました」[4]とインタビューでそれぞれ答えていた。

ジャケットおよびブックレットのインナーフォトは「Motto」[1]のプロモーション・ビデオ同様、ニューヨークで撮影された。

初回生産分のみ応募ハガキ封入。シングル「Motto」[1]の帯についている応募券を切り取り、ハガキ表の貼付欄に貼って応募すると、抽選でタンポポ特製トレカホルダーがプレセントされた。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:つんく

  1. ラストキッス (single version)[2] - (4:05)
    編曲 : 小西貴雄
  2. わかってないじゃない - (3:48)
    編曲 : 鈴木俊介
  3. センチメンタル南向き - (4:09)
    編曲 : 河野伸
  4. Motto (album mix)[1] - (4:50)
    編曲 : 河野伸
  5. 誕生日の朝 - (5:42)
    編曲 : 小西貴雄
  6. 片想い - (4:36)
    編曲 : 鈴木俊介
  7. ONE STEP - (5:19)
    編曲 : 小西貴雄
  8. たんぽぽ[3] - (5:20)
    編曲 : 小西貴雄
  9. スキ - (4:20)
    編曲 : 小西貴雄
  10. ラストキッス (album version) - (3:54)
    編曲 : 小西貴雄

クレジット[編集]

ラストキッス (single version)[編集]

わかってないじゃない[編集]

  • Main Vocal : AYA ISHIGURO
  • Chorus : KAORI IIDA & MARI YAGUCHI
  • Drums : YASUO SANO
  • Wood Bass : HIROAKI MIZUTANI
  • Guitar : SHUNSUKE SUZUKI
  • Additional Chorus : TSUNKU & SHIN HASHIMOTO

センチメンタル南向き[編集]

Motto (album mix)[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Drums : CHRIS PARKER
  • Bass : WILL LEE
  • Guitar : HIRUM BULLOCK
  • Percussion : BASHIRI JOHNSON
  • Keyboards & Programming : SHIN KOHNO
  • Turntable : SEAN C
  • Additional Chorus : TSUNKU

誕生日の朝[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Guitar : TAKASHI MASUZAKI
  • Keyboards & Programming : TAKAO KONISHI
  • Manipurator : GO KATSUURA
  • Strings : 北京愛楽楽団

片想い[編集]

  • Main vocal & Chorus : KAORI IIDA
  • Chorus : AYA ISHIGURO & MARI YAGUCHI
  • Drums : YASUO SANO
  • Bass : HIDEYUKI KOMATSU
  • Guitar : SHUNSUKE SUZUKI
  • Tambourine : MOTOYOSHI TAI

ONE STEP[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Drums : MASATO YAMASHITA
  • Bass : SHIGERU OKAZAWA
  • Guitar : SUSUMU NISHIKAWA
  • Piano : KEN SHIMA
  • Soprano Sax : KOHJYU YAMAMOTO
  • Keyboards & Programming : TAKAO KONISHI
  • Manipurator : GO KATSUURA
  • Additional Chorus : TSUNKU

たんぽぽ[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Guitar : TAKASHI MASUZAKI
  • Keyboards & Programming : TAKAO KONISHI
  • Manipurator : GO KATSUURA
  • Strings : 北京愛楽楽団

スキ[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Gut Guitar : MASAYOSHI FURUKAWA
  • Accordion : MASASHI TSURUGI
  • Keyboards & Programming : TAKAO KONISHI
  • Manipurator : GO KATSUURA

ラストキッス (album version)[編集]

  • Vocal & Chorus : TANPOPO
  • Strings : 北京愛楽楽団

スタッフ[編集]

  • Produced by TSUNKU
  • Director : SHIN HASHIMOTO [LOAFER'S HOUSE]
  • Recorded by KOJI UCHIKADO, HIROYUKI HARA, MASAHIRO SATO, MARK PARTIS, YASUO SATO, AKIRA KUSAYANAQGI, TAKAHISA YUZAWA, KAZUMI MATSUI, TAKESHI YANAGISAWA, RYO WAKIZAKA
  • Mixed by KOJI UCHIKADO (5,7,8,9,10), HIROYUKI HARA (2,6), MASAHIKO SATO (1), KAZUMI MATSUI (3), NAOKI NEMOTO (4)
  • Recorded at JULY STUDIO, STUDIO J DASH, FREE STUDIO SHIBUYA, TOWERSIDE STUDIO, SOUND CITY, SOUND VALLEY, SEDIC STUDIO, EPICURUS STUDIOS, AVACO CREATIVE STUDIOS, SORCERER SOUND (NEW YORK), 中国電視劇制作中心録音 (北京)
  • Mastered by MITSUO KOIKE [AST MASTERING]
  • Artist Management : KIYOTAKA HIDESHIMA [BETA PROMOTION], SHIGEYUKI YAMAMOTO [UP-FRONT AGENCY GROUP], MINAMI NANBU [UP-FRONT AGENCY GROUP], KEIKO KANEKO [UP-FRONT AGENCY GROUP], KAORI MATSUSHITA [UP-FRONT AGENCY GROUP]
  • Promotion Producer : KAORU WADA [HARMONY PROMOTION]
  • A&R Producer : SHIGEKI KAGEYAMA [zetima]
  • Artist Promotion : TAKESHI NISHIGUCHI [zetima]
  • Sales Promotion : KATSUSUKE MITSUTAKE [zetima], YUKO GYOTEN [zetima]
  • Art Direction & Design : KOICHI TOMIKUNI [Sony Music Communications Inc.]
  • Photographer : YUU KAMIMAKI
  • Stylist : EIKO HIGUCHI
  • Hair & Make up : TOSHIYA OHTA
  • Products Co-ordinations : KAZUHIKO TAGA [Sony Music Communications Inc.], RUNA NARUSE [Sony Music Communications Inc.]
  • Overseas Rec Co-ordination : FUMIKO YOSHII (NEW YORK), MIKO SAKAI (北京), 李少平 (北京)
  • Exective Producer : NAOKI YAMAZAKI [UP-FRONT AGENCY GROUP]
  • Special Thanks : AKIRA TOKIMUNE [JEMINI MUSIC], FUBUKI ONAGI [JEMINI MUSIC], YUKARI IWAMURA, YOSHITAKE OGAWA [A' PROMOTION], ASAYAN STAFF, TAKAHATA-H [ASAYAN], TSUYOSHI TAJIMA [DUO], NAOKI KUWATA [DUO], MIYUKI TACHIBANA [DUO Creative Comunications]
  • TSUNKU appears courtesy of BMG JAPAN INC.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「Motto」 1999年3月10日発売 SCD:EPDE-1024
  2. ^ a b ラストキッス1998年11月18日発売 SCD:EPDE-1014
  3. ^ a b 「たんぽぽ (Single Version)」 1999年6月16日発売 SCD:EPDE-1037
  4. ^ a b c ぴあ1999年3月23日号 P4~5

外部リンク[編集]

UP-FRONT WORKS