東京コミュニケーション放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SHIBUYA-FMから転送)
移動先: 案内検索
東京コミュニケーション放送株式会社
TOKYO COMMUNICATION BROADCASTING INC.
愛称 SHIBUYA-FM
コールサイン JOZZ3AJ-FM-FM
周波数/送信出力 78.4 MHz/20 W
本社・所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル5号館991号室
設立日 1995年10月26日
開局日 1996年4月28日
廃局日 2013年7月10日
演奏所 本社と同じ
送信所 渋谷区渋谷1-2-5(アライブ美竹ビル)
中継局 なし
放送区域 渋谷区、港区、目黒区の各一部
2012年まで本社のあった渋谷マークシティ WEST

東京コミュニケーション放送株式会社(とうきょうコミュニケーションほうそう)は、東京都渋谷区港区目黒区の各一部地域を放送区域とする超短波放送FM放送)をしていた特定地上基幹放送事業者である。 SHIBUYA-FMの愛称でコミュニティ放送をしていた。

概要[編集]

地域番組と「渋谷文化」の代表的な音楽をあわせた番組構成。後者ではフュージョンが多く、音楽放送「M.O.V.E」を中心にノンストップで数多く放送していた。

送信所(送信アンテナ)は、渋谷区渋谷1-2-5のアライブ美竹ビルの屋上にあった。 当初の本社・スタジオは代官山エリアにあり、2000年(平成12年)に渋谷マークシティに移転。2012年8月27日に隣接する新大宗ビルに移転。公開スタジオはなかった[1]。 2007年(平成19年)初夏頃に、渋谷マークシティ4Fに所在していたスタジオのネーミングライツをNEW BALANCEが取得。広報や放送上にて「SHIBUYA-FM NEW BALANCE STUDIO」と呼称していた。 2011年(平成23年)7月1日からエリア制限なしのストリーミング放送を開始。他社のコミュニティ放送のストリーミングはSimulRadio等でまとめていることが多いが、独自に運営していた。

2013年(平成23年)1月11日をもって放送休止。7月9日に7月10日を廃止日とする特定地上基幹放送局の廃止届を関東総合通信局に提出し受理され、翌10日をもって特定地上基幹放送局を廃止した。 2014年(平成26年)7月9日、東京地方裁判所から破産手続開始の決定を受けた。 負債総額約2億8,100万円[2]

沿革
  • 1995年(平成7年) 東京コミュニケーション放送株式会社設立、本社を渋谷区東に置く。
  • 1996年(平成8年) 放送局(現・特定地上基幹放送局)の免許を取得し開局。出力は10W。
  • 1998年(平成10年) 渋谷区恵比寿西に移転。
  • 2000年(平成12年) 渋谷区道玄坂(渋谷マークシティ)に移転。出力を20Wに増力。
  • 2011年(平成23年) ストリーミング放送開始。
  • 2012年(平成24年) 道玄坂(新大宗ビル)に移転。
  • 2013年(平成25年) 放送を休止。特定地上基幹放送局を廃止。
  • 2014年(平成26年) 破産手続開始の決定を受け倒産

主な番組[編集]

  • SHIBUYA VILLEGE VOICE(月〜金 10:30 - 11:58)
  • ROCK YO TOWN(月 20:00 - 21:00)
  • GUITARVILLE SHIBUYA(第3・第4月 21:00 - 22:00) 小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)
  • SHIBUYA LOVAL DEVELOPMENT(水 20:00 - 21:00)
  • WORLD STANDARD(木 20:00 - 21:00)
  • WORLD FAMOUS(金 20:00 - 20:30) DJ HIRAKATSUL-VOKAL
  • PIN UP(土 10:00 - 12:00)
  • SOUND ECOLOGY TUNE(土 16:00 - 17:00) マイク眞木江口真由
  • PLAYGROUND(日 16:00 - 17:00)

備考[編集]

  • 第一興商スターデジオにチャンネルがあり、サイマル放送をしていた。
  • 渋谷区神南1-6-3のフラッグタワー内にあった渋谷STORMY(現在、神南1-10-7に移転)にサテライトスタジオがあり、定期的に放送していた。当時はNHK放送センターにもっとも近い民放スタジオだったといえる。
  • 廃局後、渋谷区はコミュニティ放送の空白域となっていたが、2016年(平成28年)4月より渋谷のラジオが放送を開始し、3年ぶりに空白が解消された。

脚注[編集]

  1. ^ SHIBUYA-FM twitter
  2. ^ 大型倒産情報・注目企業動向 > 東京コミュニケーション放送株式会社”. 東京商工リサーチ (2014年7月17日). 2014年7月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]