L-VOKAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
L-VOKAL(エル・ボーカル)
L-VOKAL akb.jpg
基本情報
出生名 飯田壮ローレンスジェファーズ
生誕 (1979-09-24) 1979年9月24日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京
ジャンル ヒップホップ
職業 MC
活動期間 2002年 -
レーベル 麻天楼RECORDS
ユニバーサルミュージック
事務所 MATENRO ENTERTAINMENTS
共同作業者 DOC-DEE
sweeDee
BETTER HALVES
公式サイト L-VOKAL 公式サイト
麻天楼 WEB SHOP
L-VOKAL Twitter

L-VOKAL(エル-ヴォーカル、1979年9月24日 - )は、日本ヒップホップミュージシャンである。本名、飯田壮ローレンスジェファーズ

東京都出身。シニカルな視点で描き出されるリリックと、心地よいフローが印象的なヒップホップアーティスト。

略歴[編集]

  • 1979年、イギリス人の父と日本人の母との間に生まれる。幼少から高校まで東京都杉並区で育ち、セント・メリーズ・インターナショナル・スクール卒業後アメリカリーハイ大学で心理学を専攻する。
  • 2002年、DJ TONKのアルバム「Aquarian Soul」にCocoa Brovaz(SMIF-N-WESSUN)やMummy-D等とともに参加。これをキッカケに本格的なキャリアをスタートさせる。m-floBach LogicSEEDAI-DeA、GICODE、DJ WHOOKID、Def Tech、など、数々の国内外アーティストとの客演を重ねる。
  • 2006年、1stアルバム「Laughin'」を発売。(2010年に再発。初回プレス盤(現在は廃盤)はネットオークションで高額取引をされており、再発盤には入っていない「ウェッサイvsセンターGUY」という楽曲が収録されている。また、2010年にはアナログ盤「Laughin'-EP」として発売された。)
  • 2007年、インディレーベル「MATENRO RECORDS」をDOC-DEEと立ち上げ、アルバム「麻天楼」を発売。発売と同時に完売する異例のヒットとなった。再プレス後も完売を繰り返すロングセールスを記録している。紙ジャケ仕様。(2014年8月現在ではiTunes Storeで販売されている。[1])「麻天楼〜夏場所〜」を発売。邦楽HIPHOP MIXCDのパイオニア的な作品として人気を集め、即完売となる。オフィシャルブログ「吾輩はエルである」を開始。
  • 2008年、ユニバーサルとメジャー契約。1stシングル『万歳』を発売。同曲のMVはスペースシャワーMusic Video Awardにノミネートされた。続けて、KREVAを参加した2ndシングル「Step Up 」、2ndアルバム「FREE」を発売。メジャーと共にインディーズでもMIXCD「麻天楼〜春場所〜」、「麻天楼〜冬場所〜」を発売。
  • 2009年、DAG FORCE、DJ SHU-GとMIXCD「BARS&VIBES」を発売。配信限定シングル「PRIMARYCOLORS feat.Spontania,Micro,NAO」、「EDUTAINMENT feat.K-DUB SHINE」を発売。
  • 2010年、自身3枚目のアルバム「LOVIN’」、MIXCD「麻天楼-秋場所〜ちょっと早めの収穫祭〜」をMATENRO RECORDSより発売。また、AKLOと「BETTER HALVES」というプロジェクトを発足。シングル「ONE WAY OUT」を発売し、収録曲のリミックスコンテストを開催した。
  • 2010年12月、業界初の音楽楽曲付きのキャンディー「BLING BLING CANDY」を自身のサイトで独占販売。
  • 2010年12月31日、「Amebreak AWARD 2010 BEST ARTIST, GROUPS」の第5位に選ばれる。[2]
  • 2011年8月26日、シングル『SWAG & MOJITO』を発売。
  • 2011年10月14日、4thアルバム『LIVIN'』を発売。
  • 2011年12月、靴下専門ショップ「ANDSOX」、JAZZY SPORTとコラボし、靴下付きダウンロードシングル『CITY LIGHTS』を発売。
  • 2011年12月31日、「Amebreak AWARD 2011 BEST ALBUM」の第4位、「Amebreak AWARD 2011 BEST SONGS」の第3位に選ばれる。[3][4]
  • 2012年7月18日、これまでの自身の楽曲を集めたMIXCD『Best Of L-VOKAL』、それを含むこれまでのアルバムを集めたセット『5輪BOX SET』を発売。
  • 2013年9月11日、KREVAフルプロデュースの5thアルバム『別人Lボーカル』を発売。先行配信されたシングル「YO!YOU!」はiTunesヒップホップチャートで第1位を記録する。
  • 2013年9月11日、6thアルバム『卒業』を発売。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2008年1月30日 万歳 UMCF-5015
  1. 万歳
  2. BIG BANG
  3. GAINへの斜線 feat. SEEDA, LUNA
  4. 健康ソング(Clean Ver.)
オリコン最高157位
2008年6月18日 STEP UP feat.KREVA UMCF-5025
  1. STEP UP feat.KREVA
  2. Smooth Operator feat. JAMOSA
  3. FLOW
  4. Carioca
オリコン最高70位
2010年12月 BLING BLING CANDY
  1. WONDERFUL X'MAS - L-VOKAL, EGO, Dr.K
  2. RTソング
  3. 興味ねえ remix DJ OASIS remix - BETTER HALVES
  4. MISONIKOMIX vol.2 - DJ TWISTED-T
2011年8月26日 SWAG & MOJITO LDMTR-012
  1. SWAG feat AKLO, sequick
  2. MOJITO feat. AKLO, JiN
  3. SWAG instrumental
  4. MOJITO instrumental
  5. SWAG acapella
  6. MOJITO acapella
2011年12月 CITY LIGHTS
  1. CITY LIGHTS - L-VOKAL & YOUNGSHIM
  2. risiN' remix feat MINT - L-VOKAL & YOUNGSHIM
  3. Dear Summer Luv remix - L-VOKAL & YOUNGSHIM
  4. CITY LIGHTS instrumental - L-VOKAL & YOUNGSHIM
2010年11月3日 ONE WAY OUT feat JiN LDMTR-010
  1. ONE WAY OUT feat JiN
  2. BETTER HALVES
  3. ONE WAY OUT feat JiN instrumental
  4. BETTER HALVES instrumental
  5. ONE WAY OUT feat JiN acappella
  6. BETTER HALVES acappella
オリコン最高151位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2010年3月24日 ほんの気持ち
2010年4月20日 STEP UP (BACH LOGIC remix) [feat. KREVA]
2010年11月3日 One Way Out / AKLO✕L-VOKAL
ONE WAY OUT acappella
ONE WAY OUT (feat. JIN) [Instrumental]
2012年8月1日 Perops / SAGGA & L-VOKAL
2015年6月24日 ケペラギ feat. CK, DABO, レイザーラモンRG
2015年10月21日 TOKYO CONSTRUCTION feat. Mike Matida
2017年7月21日 ケペラギ2
2022年8月10日 HYPNOTIC 2020
2022年8月31日 STILL LAUGHIN'

アルバム[編集]

  • LAUGHIN' (2006年3月29日)
『Laughin'』
M-1 Laughin’
M-2 I G.A.F.
M-3 IRONY 24
M-4 ウェッサイvsセンターGUY Feat.DJ YUTAKA
M-5 プロタゴニスト Feat.SORASANZEN,Shen
M-6 I Shall Proceed
M-7 表裏一体 Feat.VERBAL,JAMOSA
M-8 KIYOSHI
M-9 アメリカンビーフ
M-10 Sticky pt.4 Feat.SPHERE of INFLUENCE,JAMOSA,DOC-DEE
M-11 TOKYO 摩天楼 Feat.SEEDA,Bay4k
M-12 Keep Laughin’
M-13 4:20
M-14 Music Business
M-15 Just Hustlin’


  • FREE (2008年8月27日)
『FREE』
M-1 MOVE
M-2 SKY 55 feat.EMI MARIA
M-3 HYPNOTIC
M-4 HATER HATER
M-5 FREE feat.Micro
M-6 KIRABI
M-7 CITY LIVING feat.NIPPS
M-8 ZERO
M-9 TIME IS HONEY
M-10 YAKA
M-11 BRAND NEW DAY feat.DAG FORCE
M-12 FLOW
M-13 STEP UP feat.KREVA(Bach Logic Remix)
M-14 IT'S
M-15 DONE
M-16 AND WHAT


  • LOVIN' (2010年3月3日)
『LOVIN'』
M-1 INTRO by ラモちゃん
M-2 LOVE 24
M-3 つかっちまえ
M-4 JUST LOVE IT feat VERBAL, KREVA
M-5 EDUTAINMENT feat K DUB SHINE
M-6 PEKOCHANG feat SEEDA
M-7 KOTOBA feat 秋田犬どぶろく、MEGA-G
M-8 SLEEP
M-9 HEKESH feat 業界関係者S
M-10 OVERFLOW feat 業界関係者E
M-11 9,1009,2009,3009
M-12 I'M A HUSTLER
M-13 MADE IN JAPAN feat X-MAN
M-14 INTERLUDE
M-15 BEST
M-16 PASTNOWFUTURE feat 名取香り
M-17 4:21
M-18 BONUS 1: PRIMARY COLORS feat Spontania, NAO, Micro
M-19 BONUS 2: PRIMARY COLORS remix feat Spontania, NAO, Micro
M-20 AAAAA
  • 『LIVIN'』 (2011年10月14日)
    1. INTRO by Mr. Haranishi the Hustler
    2. MONEYMONEYMONEY
    3. MOVIE feat. 鎮座DOPENESS , AI
    4. FAshionably LAte - skit -
    5. FAshionably LAte feat. EGO
    6. UnFAshionably LAte - skit -
    7. GuNGuNGuN
    8. Art
    9. S.O.S.
    10. あああああ
    11. SWAG feat. sequick , AKLO
    12. risiN’ feat. JiN , MINT
    13. An Interlude
    14. Purple Music feat. sequick
    15. Livin’
    16. 4:22
    17. MOJITO remix feat. JiN , AKLO
    18. Message
  • 『別人Lボーカル』 (2013年9月11日)
    1. SKILLZ
    2. いいね!
    3. YO! YOU!
    4. 次の時代
    5. Same Ol’ Biz
    6. CHILLING
    7. Fever
    8. Goodbye
    9. Europe
    10. TOKYO MARATHON
  • 『卒業』 (2013年12月18日)
    1. 卒業
    2. GOOD LIFE feat.MIKE MATIDA
    3. INSECURE feat.sequick,JESSE
    4. C.R.E.A.M.
    5. SUGGEST feat.MIKE MATIDA,金田メーソン
    6. 飛ばし過ぎ注意
    7. QUIZ SHOW feat.某司会者A
    8. BREAKING NEWS
    9. ALIEN feat.X-MAN
    10. 4:23
    11. TRUST feat.EGO
    12. HOMIE

EP[編集]

  • 『MEGA ROOKIE E.P.』 (2004年7月15日)

MIX CD[編集]

  • 『The Underground』 (2003年)
  • 麻天楼 シリーズ
    • L-VOKALとトラックメーカーDOC-DEEによるプロジェクト。邦楽HIPHOPのMIXCDの草分け的存在として、シリーズ累計10,000枚をセールス。全国流通しない作品としては異例の記録であり、ネットオークションで高額取引をされている。ジャケットには相撲力士が毎回使われている。
    • 麻天楼 〜夏場所〜(2006年)
    • 麻天楼 アルバム (2007年)
    • 麻天楼 〜春場所〜(2008年)
    • 麻天楼 〜冬場所〜(2008年)
    • 麻天楼 〜秋場所〜(2010年)
  • BARS & VIBES (2009年8月8日)
L-VOKAL & DAG FORCE & DJ SHU-G『BARS & VIBES』
M-1 INTRO - Scratch by DJ SHU-G
M-2 BARS & VIBES -L-VOKAL,DAG FORCE
M-3 MEE - L-VOKAL, DAG FORCE, MEGA-G
M-4 BRAND NEW DAY remix - DAG FORCE, L-VOKAL
M-5 STEP UP remix - L-VOKAL
M-6 MOVE remix - L-VOKAL, DAG FORCE
M-7 READY OR NOT remix - MEGA-G, L-VOKAL, DAG FORCE
M-8 THIS DJ - DAG FORCE, L-VOKAL
M-9 REAL TIME remix - DAG FORCE
M-10 LESSON 1 - DAG FORCE
M-11 SKIT
M-12 ALL I NEED - LUNA, L-VOKAL, DAG FORCE
M-13 FOR YOUR RIGHTS - DAG FORCE
M-14 GET HIGHER remix - DAG FORCE
M-15 BABY DON'T CRY - LUNA, L-VOKAL, SORA3000, DAG FORCE
M-16 I.G.A.F. remix - L-VOKAL
M-17 DO FOR LOVE - DAG FORCE, L-VOKAL
M-18 RELAX - L-VOKAL, DAG FORCE
M-19 GO YOUR WAY - DAG FORCE, L-VOKAL
M-20 WHAT U FEELING - DAG FORCE
M-21 MY LIFE - DAG FORCE, L-VOKAL
M-22 OO CITY - DAG FORCE, L-VOKAL
M-23 FLOW remix - L-VOKAL
M-24 HIP-HOP remix - L-VOKAL, DAG FORCE
  • 『Best Of L-VOKAL』 (2012年7月18日)

DVD[編集]

  • 『03TV Vol.1』 (2007年11月14日)

主な客演[編集]

DJ TONK 『Aquarian Soul』 (2002年9月13日)
  • To The Top feat. L-VOKAL,RIO
SPHERE of INFLUENCE『TRAIL BLAZAH』(2003年8月20日)
  • FABULOUS 5 feat.L-VOKAL,MEGA-G,KM-MARKIT,D.O
  • STICKY-ICKY Pt.2 feat.L-VOKAL
H.G.S.P『HIGH-GRADE-SPECIAL』(2004年6月23日)
  • GET DOWN feat.SPHERE of INFLUENCE.L-VOKAL,A.O
L-VOKAL & 4WD『MEGA ROOKIE E.P.』 (Produced by Bach Logic)(2004年7月23日)
  • GetだFaah押忍 / L-VOKAL
  • Street Sweeperz(カミナッチャ)/ L-VOKAL & 4WD
  • プレイヤーとヘイター / L-VOKAL
I-DeA『self-expression』(2004年8月20日)
  • きょく feat.L-VOKAL
DJ TONK『LOVE』(2004年9月29日)
  • mind free feat.L-VOKAL
SEEDA『GREEN』(2005年8月19日)
  • Rawch feat.L-VOKAL
  • Life feat.L-VOKAL
I-DeA『Da FRONT and BACK』(2006年1月11日)
  • Shine On feat.L-VOKAL & 秋田犬どぶろく
オムニバス『WE LOVE WE [WE LOVE Winning Eleven]』(2006年6月14日)
  • オヤジのカーディガン (SPHERE of INFLUENCE & L-VOKAL)
m-flo 『m-flo inside-WORKS BESTII-]』 (2006年7月26日)
  • What It Is / L-VOKAL
日之内エミ『O’kay』(2007年5月16日)
  • Summer Time Love (Deckstream Remix feat.Arkitec & L-VOKAL)
bay4k『I am...』(2007年6月15日)
  • Tokyo摩天楼 '07 feat.JASHWON,L-VOKAL
Micro『Laid Back』(2007年8月8日)
  • Apple Pie feat. L-VOKAL
SEEDA 『街風』 (2007年10月17日)
  • WE BE SMOOTH feat.L-VOKAL,Luna
JAMOSA『CRY』(2008年2月20日)
  • ドーベルマン刑事のテーマ feat.L-VOKAL
OKI from GEEK 『ABOUT』(2008年2月13日)
  • 不健康song feat. L-VOKAL
SONPUB『80T.O 08 HAHA』(2008年9月10日)
  • THE MAGIC feat.WISE,L-VOKAL
MAKAISTARS』(2008年9月24日)
  • BABY STAR feat.AZU & L-VOKAL
DJ KAORIDJ KAORI'S JMIX II』(2008/10/29)
  • STEP UP feat.KREVA (BACHLOGIC REMIX)
FRG『CREAM & SUGAR』(2009年2月4日)
  • Spark in the light feat.L-VOKAL
LUNA『QUEEN of STREET』(2009年3月11日)
  • Body Roll feat.L-VOKAL,Ark
JUSWANNA 『BLACK BOX』 (2009年3月18日)
  • Ready or Not feat.L-VOKAL&DAG FORCE
加賀美セイラ『Celebration』(2009年4月22日)
  • Two Hands feat.L-VOKAL with MAKAI
V.A『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 サウンドトラック・プラス』(2009年5月13日)
  • 俺の×××は宇宙一 / L-VOKAL
くレーベル『[其の五]その後は吾郎の五曲』(2009年6月17日)
  • 無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA
宏実『Rainbow』(2009年6月24日)
  • I'm With You feat.L-VOKAL   
EGO 『EGOLOGY』(2010年05月12日)
  • B feat L-VOKAL
DJ HAZIME『MANHATTAN RECORDS "THE EXCLUSIVES" JAPANESE HIP HOP HITS』(2010年7月14日)
  • 表裏一体 feat. Verbal, Jamosa / L-Vokal
DJ CELORY a.k.a Mr.BEATS 『BEATS LEGEND~Boogie Wonderland~』(2010年7月21日)
  • BIG BANG / L-VOKAL
柴田知美『I am‥』(2010年12月15日)
  • Dear My Precious Boyfriend Remix feat L-VOKAL

その他[編集]

  • 『5輪BOX SET』 (2012年7月18日)

出典[編集]

参考文献[編集]

オフィシャルリンク[編集]