L-VOKAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
L-VOKAL(エル・ボーカル)
L-VOKAL akb.jpg
基本情報
出生名 飯田壮ローレンスジェファーズ
生誕 (1979-09-24) 1979年9月24日(38歳)
出身地 日本の旗 日本東京
ジャンル ヒップホップ
職業 MC
活動期間 2002年 -
レーベル 麻天楼RECORDS
ユニバーサルミュージック
事務所 MATENRO ENTERTAINMENTS
共同作業者 DOC-DEE
sweeDee
BETTER HALVES
公式サイト L-VOKAL 公式サイト
麻天楼 WEB SHOP
L-VOKAL Twitter

L-VOKAL(エル-ヴォーカル、1979年9月24日 - )は、日本ヒップホップミュージシャンである。本名、飯田壮ローレンスジェファーズ

東京都出身。シニカルな視点で描き出されるリリックと、心地よいフローが印象的なヒップホップアーティスト。

略歴[編集]

  • 1979年、イギリス人の父と日本人の母との間に生まれる。幼少から高校まで東京都杉並区で育ち、セント・メリーズ・インターナショナル・スクール卒業後アメリカリーハイ大学で心理学を専攻する。
  • 2002年、DJ TONKのアルバム「Aquarian Soul」にCocoa Brovaz(SMIF-N-WESSUN)やMummy-D等とともに参加。これをキッカケに本格的なキャリアをスタートさせる。m-floBach LogicSEEDAI-DeA、GICODE、DJ WHOOKID、Def Tech、など、数々の国内外アーティストとの客演を重ねる。
  • 2006年、1stアルバム「Laughin'」を発売。(2010年に再発。初回プレス盤(現在は廃盤)はネットオークションで高額取引をされており、再発盤には入っていない「ウェッサイvsセンターGUY」という楽曲が収録されている。また、2010年にはアナログ盤「Laughin'-EP」として発売された。)
  • 2007年、インディレーベル「MATENRO RECORDS」をDOC-DEEと立ち上げ、アルバム「麻天楼」を発売。発売と同時に完売する異例のヒットとなった。再プレス後も完売を繰り返すロングセールスを記録している。紙ジャケ仕様。(2014年8月現在ではiTunes Storeで販売されている。[1])「麻天楼〜夏場所〜」を発売。邦楽HIPHOP MIXCDのパイオニア的な作品として人気を集め、即完売となる。オフィシャルブログ「吾輩はエルである」を開始。
  • 2008年、ユニバーサルとメジャー契約。1stシングル『万歳』を発売。同曲のMVはスペースシャワーMusic Video Awardにノミネートされた。続けて、KREVAを参加した2ndシングル「Step Up 」、2ndアルバム「FREE」を発売。メジャーと共にインディーズでもMIXCD「麻天楼〜春場所〜」、「麻天楼〜冬場所〜」を発売。
  • 2009年、DAG FORCE、DJ SHU-GとMIXCD「BARS&VIBES」を発売。配信限定シングル「PRIMARYCOLORS feat.Spontania,Micro,NAO」、「EDUTAINMENT feat.K-DUB SHINE」を発売。
  • 2010年、自身3枚目のアルバム「LOVIN’」、MIXCD「麻天楼-秋場所〜ちょっと早めの収穫祭〜」をMATENRO RECORDSより発売。また、AKLOと「BETTER HALVES」というプロジェクトを発足。シングル「ONE WAY OUT」を発売し、収録曲のリミックスコンテストを開催した。
  • 2010年12月、業界初の音楽楽曲付きのキャンディー「BLING BLING CANDY」を自身のサイトで独占販売。
  • 2010年12月31日、「Amebreak AWARD 2010 BEST ARTIST, GROUPS」の第5位に選ばれる。[2]
  • 2011年8月26日、シングル『SWAG & MOJITO』を発売。
  • 2011年10月14日、4thアルバム『LIVIN'』を発売。
  • 2011年12月、靴下専門ショップ「ANDSOX」、JAZZY SPORTとコラボし、靴下付きダウンロードシングル『CITY LIGHTS』を発売。
  • 2011年12月31日、「Amebreak AWARD 2011 BEST ALBUM」の第4位、「Amebreak AWARD 2011 BEST SONGS」の第3位に選ばれる。[3][4]
  • 2012年7月18日、これまでの自身の楽曲を集めたMIXCD『Best Of L-VOKAL』、それを含むこれまでのアルバムを集めたセット『5輪BOX SET』を発売。
  • 2013年9月11日、KREVAフルプロデュースの5thアルバム『別人Lボーカル』を発売。先行配信されたシングル「YO!YOU!」はiTunesヒップホップチャートで第1位を記録する。
  • 2013年9月11日、6thアルバム『卒業』を発売。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 万歳 (2008年1月30日)
『万歳』
M-1 万歳
M-2 BIG BANG
M-3 GAINへの斜線 feat. SEEDA, LUNA
M-4 健康ソング(Clean Ver.)


  • STEP UP feat.KREVA (2008年6月18日)
『STEP UP』
M-1 STEP UP feat.KREVA
M-2 Smooth Operator feat. JAMOSA
M-3 FLOW
M-4 Carioca
  • BLING BLING CANDY (2010年12月)
『BLING BLING CANDY』
M-1 WONDERFUL X'MAS - L-VOKAL, EGO, Dr.K
M-2 RTソング
M-3 興味ねえ remix DJ OASIS remix - BETTER HALVES
M-4 MISONIKOMIX vol.2 - DJ TWISTED-T
  • SWAG & MOJITO (2011年8月26日)
『SWAG & MOJITO』
M-1 SWAG feat AKLO, sequick
M-2 MOJITO feat. AKLO, JiN
M-3 SWAG instrumental
M-4 MOJITO instrumental
M-5 SWAG acapella
M-6 MOJITO acapella
  • CITY LIGHTS (2011年12月)
『CITY LIGHTS』
M-1 CITY LIGHTS - L-VOKAL & YOUNGSHIM
M-2 risiN' remix feat MINT - L-VOKAL & YOUNGSHIM
M-3 Dear Summer Luv remix - L-VOKAL & YOUNGSHIM
M-4 CITY LIGHTS instrumental - L-VOKAL & YOUNGSHIM

アルバム[編集]

  • LAUGHIN' (2006年3月29日)
『Laughin'』
M-1 Laughin’
M-2 I G.A.F.
M-3 IRONY 24
M-4 ウェッサイvsセンターGUY Feat.DJ YUTAKA
M-5 プロタゴニスト Feat.SORASANZEN,Shen
M-6 I Shall Proceed
M-7 表裏一体 Feat.VERBAL,JAMOSA
M-8 KIYOSHI
M-9 アメリカンビーフ
M-10 Sticky pt.4 Feat.SPHERE of INFLUENCE,JAMOSA,DOC-DEE
M-11 TOKYO 摩天楼 Feat.SEEDA,Bay4k
M-12 Keep Laughin’
M-13 4:20
M-14 Music Business
M-15 Just Hustlin’


  • FREE (2008年8月27日)
『FREE』
M-1 MOVE
M-2 SKY 55 feat.EMI MARIA
M-3 HYPNOTIC
M-4 HATER HATER
M-5 FREE feat.Micro
M-6 KIRABI
M-7 CITY LIVING feat.NIPPS
M-8 ZERO
M-9 TIME IS HONEY
M-10 YAKA
M-11 BRAND NEW DAY feat.DAG FORCE
M-12 FLOW
M-13 STEP UP feat.KREVA(Bach Logic Remix)
M-14 IT'S
M-15 DONE
M-16 AND WHAT


  • LOVIN' (2010年3月3日)
『LOVIN'』
M-1 INTRO by ラモちゃん
M-2 LOVE 24
M-3 つかっちまえ
M-4 JUST LOVE IT feat VERBAL, KREVA
M-5 EDUTAINMENT feat K DUB SHINE
M-6 PEKOCHANG feat SEEDA
M-7 KOTOBA feat 秋田犬どぶろく、MEGA-G
M-8 SLEEP
M-9 HEKESH feat 業界関係者S
M-10 OVERFLOW feat 業界関係者E
M-11 9,1009,2009,3009
M-12 I'M A HUSTLER
M-13 MADE IN JAPAN feat X-MAN
M-14 INTERLUDE
M-15 BEST
M-16 PASTNOWFUTURE feat 名取香り
M-17 4:21
M-18 BONUS 1: PRIMARY COLORS feat Spontania, NAO, Micro
M-19 BONUS 2: PRIMARY COLORS remix feat Spontania, NAO, Micro
M-20 AAAAA
  • 『LIVIN'』 (2011年10月14日)
  • 『別人Lボーカル』 (2013年9月11日)
  • 『卒業』 (2013年12月18日)

EP[編集]

  • 『MEGA ROOKIE E.P.』 (2004年7月15日)

MIX CD[編集]

  • 『The Underground』 (2003年)
  • 麻天楼 シリーズ
    • L-VOKALとトラックメーカーDOC-DEEによるプロジェクト。邦楽HIPHOPのMIXCDの草分け的存在として、シリーズ累計10,000枚をセールス。全国流通しない作品としては異例の記録であり、ネットオークションで高額取引をされている。ジャケットには相撲力士が毎回使われている。
    • 麻天楼 〜夏場所〜(2006年)
    • 麻天楼 アルバム (2007年)
    • 麻天楼 〜春場所〜(2008年)
    • 麻天楼 〜冬場所〜(2008年)
    • 麻天楼 〜秋場所〜(2010年)
  • BARS & VIBES (2009年8月8日)
L-VOKAL & DAG FORCE & DJ SHU-G『BARS & VIBES』
M-1 INTRO - Scratch by DJ SHU-G
M-2 BARS & VIBES -L-VOKAL,DAG FORCE
M-3 MEE - L-VOKAL, DAG FORCE, MEGA-G
M-4 BRAND NEW DAY remix - DAG FORCE, L-VOKAL
M-5 STEP UP remix - L-VOKAL
M-6 MOVE remix - L-VOKAL, DAG FORCE
M-7 READY OR NOT remix - MEGA-G, L-VOKAL, DAG FORCE
M-8 THIS DJ - DAG FORCE, L-VOKAL
M-9 REAL TIME remix - DAG FORCE
M-10 LESSON 1 - DAG FORCE
M-11 SKIT
M-12 ALL I NEED - LUNA, L-VOKAL, DAG FORCE
M-13 FOR YOUR RIGHTS - DAG FORCE
M-14 GET HIGHER remix - DAG FORCE
M-15 BABY DON'T CRY - LUNA, L-VOKAL, SORA3000, DAG FORCE
M-16 I.G.A.F. remix - L-VOKAL
M-17 DO FOR LOVE - DAG FORCE, L-VOKAL
M-18 RELAX - L-VOKAL, DAG FORCE
M-19 GO YOUR WAY - DAG FORCE, L-VOKAL
M-20 WHAT U FEELING - DAG FORCE
M-21 MY LIFE - DAG FORCE, L-VOKAL
M-22 OO CITY - DAG FORCE, L-VOKAL
M-23 FLOW remix - L-VOKAL
M-24 HIP-HOP remix - L-VOKAL, DAG FORCE
  • 『Best Of L-VOKAL』 (2012年7月18日)

DVD[編集]

  • 『03TV Vol.1』 (2007年11月14日)

主な客演[編集]

DJ TONK 『Aquarian Soul』 (2002年9月13日)
  • To The Top feat. L-VOKAL,RIO
SPHERE of INFLUENCE『TRAIL BLAZAH』(2003年8月20日)
  • FABULOUS 5 feat.L-VOKAL,MEGA-G,KM-MARKIT,D.O
  • STICKY-ICKY Pt.2 feat.L-VOKAL
H.G.S.P『HIGH-GRADE-SPECIAL』(2004年6月23日)
  • GET DOWN feat.SPHERE of INFLUENCE.L-VOKAL,A.O
L-VOKAL & 4WD『MEGA ROOKIE E.P.』 (Produced by Bach Logic)(2004年7月23日)
  • GetだFaah押忍 / L-VOKAL
  • Street Sweeperz(カミナッチャ)/ L-VOKAL & 4WD
  • プレイヤーとヘイター / L-VOKAL
I-DeA『self-expression』(2004年8月20日)
  • きょく feat.L-VOKAL
DJ TONK『LOVE』(2004年9月29日)
  • mind free feat.L-VOKAL
SEEDA『GREEN』(2005年8月19日)
  • Rawch feat.L-VOKAL
  • Life feat.L-VOKAL
I-DeA『Da FRONT and BACK』(2006年1月11日)
  • Shine On feat.L-VOKAL & 秋田犬どぶろく
オムニバス『WE LOVE WE [WE LOVE Winning Eleven]』(2006年6月14日)
  • オヤジのカーディガン (SPHERE of INFLUENCE & L-VOKAL)
m-flo 『m-flo inside-WORKS BESTII-]』 (2006年7月26日)
  • What It Is / L-VOKAL
日之内エミ『O’kay』(2007年5月16日)
  • Summer Time Love (Deckstream Remix feat.Arkitec & L-VOKAL)
bay4k『I am...』(2007年6月15日)
  • Tokyo摩天楼 '07 feat.JASHWON,L-VOKAL
Micro『Laid Back』(2007年8月8日)
  • Apple Pie feat. L-VOKAL
SEEDA 『街風』 (2007年10月17日)
  • WE BE SMOOTH feat.L-VOKAL,Luna
JAMOSA『CRY』(2008年2月20日)
  • ドーベルマン刑事のテーマ feat.L-VOKAL
OKI from GEEK 『ABOUT』(2008年2月13日)
  • 不健康song feat. L-VOKAL
SONPUB『80T.O 08 HAHA』(2008年9月10日)
  • THE MAGIC feat.WISE,L-VOKAL
MAKAISTARS』(2008年9月24日)
  • BABY STAR feat.AZU & L-VOKAL
DJ KAORIDJ KAORI'S JMIX II』(2008/10/29)
  • STEP UP feat.KREVA (BACHLOGIC REMIX)
FRG『CREAM & SUGAR』(2009年2月4日)
  • Spark in the light feat.L-VOKAL
LUNA『QUEEN of STREET』(2009年3月11日)
  • Body Roll feat.L-VOKAL,Ark
JUSWANNA 『BLACK BOX』 (2009年3月18日)
  • Ready or Not feat.L-VOKAL&DAG FORCE
加賀美セイラ『Celebration』(2009年4月22日)
  • Two Hands feat.L-VOKAL with MAKAI
V.A『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 サウンドトラック・プラス』(2009年5月13日)
  • 俺の×××は宇宙一 / L-VOKAL
くレーベル『[其の五]その後は吾郎の五曲』(2009年6月17日)
  • 無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA
宏実『Rainbow』(2009年6月24日)
  • I'm With You feat.L-VOKAL   
EGO 『EGOLOGY』(2010年05月12日)
  • B feat L-VOKAL
DJ HAZIME『MANHATTAN RECORDS "THE EXCLUSIVES" JAPANESE HIP HOP HITS』(2010年7月14日)
  • 表裏一体 feat. Verbal, Jamosa / L-Vokal
DJ CELORY a.k.a Mr.BEATS 『BEATS LEGEND~Boogie Wonderland~』(2010年7月21日)
  • BIG BANG / L-VOKAL
柴田知美『I am‥』(2010年12月15日)
  • Dear My Precious Boyfriend Remix feat L-VOKAL

その他[編集]

  • 『5輪BOX SET』 (2012年7月18日)

出典[編集]

参考文献[編集]

オフィシャルリンク[編集]