ピーター・フランプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Peter Framptonから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーター・フランプトン
Peter Frampton
Peter Frampton at the 2011 Ottawa Bluesfest.jpg
カナダ・オタワ公演(2011年7月)
基本情報
出生名 Peter Kenneth Frampton
生誕 (1950-04-22) 1950年4月22日(70歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ケント州ブロムリーベックナム
ジャンル ロック
ハードロック
ポップ・ミュージック
職業 ミュージシャンシンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ボーカルギタートーク・ボックスピアノ
活動期間 1966年 - 現在
レーベル A&Mレコード
ヴァージン・レコード
アトランティック・レコード
Relativity Records
I.R.S. Records
33rd Street Records
ポリドール・レコード
ユニバーサル ミュージック グループ
Phenix Phonograph
共同作業者 ザ・ハード
ハンブル・パイ
公式サイト frampton.com

ピーター・フランプトンPeter Frampton1950年4月22日 - )は、イングランド出身のロックミュージシャンシンガーソングライターギタリスト

同国のロックバンドザ・ハード」「ハンブル・パイ」を経て、ソロに転向し大きな成功を収める。50年以上のキャリアを誇り、ギターボーカル先駆者の一人として認知されている[1]

略歴[編集]

ロンドン出身。父オーウェンはブロムリー・テクニカル・ハイ・スクールの美術教師で、フランプトンも同校に進学し、オーウェンの生徒であった先輩デヴィッド・ボウイと親しくなってジャム・セッションに興じていた[2]

1966年、アイドル・バンドのザ・ハード(名前の由来は、群集や聴衆)に参加。身長170cmと小柄ではあるものの、繊細な顔立ちの美少年であるが故にティーンエイジャーの人気者となり、1968年には「1968年の顔」ともてはやされるようになる(スコット・ウォーカーがレコーディング・スタジオに訪れたり、彼とは風貌が似ていたこともあって、ヤング・スコットと呼ばれたこともあった)。しかし、アイドル扱いに嫌気がさしたフランプトンは、スモール・フェイセススティーヴ・マリオット達と密かにミーティングを重ね、1969年2月にシングル「サンシャイン・コテージ」が発売されるや否やザ・ハードを脱退、時を同じくしてグループを脱退したマリオット達と「ハンブル・パイ」を結成する運びとなる。

二枚看板なはずのハンブル・パイだったが、アルバム毎にブルージーでソウルフルなマリオット色が濃くなり、アコースティックなサウンドに惹かれ始めていたフランプトンは、徐々に居場所を失っていく。1972年に、ハンブル・パイを円満に脱退し、フランプトンズ・キャメルを結成する。

その傍ら、ギタリストとしてジョージ・ハリスンニルソンのアルバムに参加して腕を磨く。

1974年から精力的に草の根全米ツアーを始め、地道にファンを増やしていく。1976年、この努力が実を結び、先の全米ツアーを収録した2枚組のライブ・アルバム『フランプトン・カムズ・アライヴ! (Frampton Comes Alive!)』がアメリカのBillboard 200で1位[3]、全世界で1,000万枚を売り上げる驚異的な大ヒット作となる。「Show me the way」「君を求めて(Baby, I Love Your Way)」「Do You Feel Like We Do」の3作のシングルの大ヒットもあり、年間通してこのアルバムは莫大なセールスを記録した。この結果、ロック界ではライブ・アルバムがブームとなり、他のミュージシャン達もこぞってリリースした。

また、この作品の成功を機に、アメリカではアルバムのビッグセールス時代が始まったといわれる。

1977年にも「アイム・イン・ユー」などのヒットを放ち、ビージーズのギブ兄弟らと映画『サージェント・ペパーズ』(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)にも出演した。

1978年10月に来日。

1970年代は稀に見る大成功を収めるも、若さ故に経済観念が乏しく、業界の大人達に巧妙な手段で操られ、レコード印税やコンサート収益など殆どを搾取され、僅かな身銭のみとなってしまう。

1980年代に入ってからはセールスには恵まれなかったものの、コンスタントに作品をリリースし続けていた。1986年には、アルバム『Premonition』からのシングル「Lying」がビルボードのメインストリーム・ロック・チャートで最高位4位を記録し、久々のヒットとなる。1987年には、デヴィッド・ボウイのアルバム『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』にギタリストとして全面的に参加し、その後のツアー「Glass Spider Tour」にもギタリストとして帯同している。1988年には、中森明菜のアルバム『Femme Fatale』に、ゲスト・ギタリストとして参加。また、これ以外にも、スティーヴィー・ニックスのツアーにもギタリストとして参加している。

1990年代には小さなクラブ周りを続ける傍ら、スティーヴ・マリオットと再会し、共同でアルバムを作る計画を立てるが、その最中の1991年にマリオットの事故死(自宅火災による焼死)によって頓挫。1994年、生前のマリオットと共作した曲「Out of the Blue」を含むアルバム『ピーター・フランプトン (Peter Frampton)』を発表する。

功績者に贈られる「ハリウッド名声の歩道

1995年、『フランプトン・カムズ・アライヴ!』の続編に当たるライブ・アルバム『フランプトン・カムズ・アライヴII (Frampton Comes Alive II)』をリリース。この時期になると彼のギターは円熟味を増し、ギターレジェンドの一人に数えられるようになった。

2006年、多数のゲストを迎えてのインストゥルメンタル・アルバム『Fingerprints』を発表。フランプトンは同作で自身17年ぶりのBillboard 200入りを果たし[3]ラリー・カールトンらをおさえて、2007年第49回グラミー賞で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムに選出される[4]

2010年、4年ぶりのアルバム『サンキュー ミスター・チャーチル (Thank You Mr Churchill)』を発表。このアルバムには、北朝鮮拉致被害者の横田めぐみに捧げられた曲(「Asleep At The Wheel」と「Suite: Liberte の前半部分 Megumi」)が収められている[5]

2016年、活動50周年を迎え、アルバム『Acoustic Classics』を発表。

2019年2月23日、米CBS放送のモーニング・ショー『This Morning』に出演し、自身が筋肉に慢性的な炎症/変性が生じ、筋力が徐々に低下する難病の封入体筋炎の診断を受けていること、病気の進行に伴って今後ギタープレイへの影響が予想されるため、同年夏のツアーが最後となる旨を発表した[6]。同年6月7日、ブルースの楽曲を取り上げたカバー・アルバム『All Blues』を発表[7]

その他[編集]

  • ブラック3ピックアップレスポールを愛用し、彼の代名詞ともいわれた。ギブソン・カスタム・ショップから、ピーター・フランプトン・モデルのレスポールが、数量限定ながら発売された。
  • 1989年に日本国内で発売された、ザ・ベンチャーズ結成30周年記念のビデオ『スーパーセッション』に出演している(映像自体は1984年の収録)。ピーターは、「アパッチ」と「パイプラインクリス・スペディングとのジョイント)」の演奏でザ・ベンチャーズと共演。その他、インタビューで様々な音楽の影響を受けるきっかけがザ・ベンチャーズだったことを語っている。
  • 1997年には米国ミシガン州Pine Knob Music Theatreで行われたリンゴ・スター・アンド・ヒズ・オールスター・バンドのコンサートにギターとボーカルで参加。
  • トーキング・モジュレーターの使い手としても知られる。理想のエフェクターを実現するべく、自ら「Framptone(フランプトーン)」というブランドのメーカーを立ち上げ、発売している。なお、BBA時代にスティーヴィー・ワンダーのカバー曲「迷信」でトーキング・モジュレーターを駆使していたジェフ・ベックは、ピーターのヒット曲「Show me the way」を偶然ラジオで聴き、それ以来、トーキング・モジュレーターの使用をやめてしまったという。

ディスコグラフィ[編集]

ザ・ハード[編集]

ハンブル・パイ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ウインド・オブ・チェンジ』 - Wind of Change (1972年)
  • 『フランプトンズ・キャメル』 - Frampton's Camel (1973年)
  • 『サムシンズ・ハプニング』 - Somethin's Happening (1974年)
  • 『フランプトン』 - Frampton (1975年)
  • 『アイム・イン・ユー』 - I'm in You (1977年)
  • 『新しき旅立ち』 - Where I Should Be (1979年)
  • 『ブレイキング・オール・ザ・ルールズ』 - Breaking All The Rules (1981年)
  • 『アート・オブ・コントロール』 - The Art of Control (1982年)
  • 『プリモニション』 - Premonition (1986年)
  • When All the Pieces Fit (1989年)
  • ピーター・フランプトン』 - Peter Frampton (1994年)
  • ナウ』 - Now (2003年)
  • Fingerprints (2006年)
  • サンキュー ミスター・チャーチル』 - Thank You Mr. Churchill (2010年)
  • Hummingbird in a Box: Songs for a Ballet (2014年)
  • Acoustic Classics (2016年)
  • All Blues (2019年)

ライブ・アルバム[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]