フランプトン・カムズ・アライヴ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランプトン・カムズ・アライヴ!
ピーター・フランプトンライブ・アルバム
リリース
録音 1975年6月13日 - 14日8月24日11月22日
ジャンル ロック
時間
レーベル A&Mレコード
プロデュース ピーター・フランプトン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]
  • 2位(オランダ[2]
  • 3位(ニュージーランド[3]
  • 6位(イギリス[4]
  • ピーター・フランプトン 年表
    フランプトン
    (1975年)
    フランプトン・カムズ・アライヴ!
    (1976年)
    アイム・イン・ユー
    (1977年)
    テンプレートを表示

    フランプトン・カムズ・アライヴ!』(Frampton Comes Alive!)は、イングランドロック・ミュージシャン、ピーター・フランプトン1975年に録音・1976年に発表したライブ・アルバム。オリジナルLPでは2枚組だったが、CDでは1枚にまとめられた。また、2001年にはボーナス・トラック4曲を追加して曲順も変更したCD2枚組の25周年デラックス・エディション盤も発売されている。

    背景[編集]

    1975年に行われたアメリカ・ツアーのうち、6月13日のサンラフェル公演、6月14日のサンフランシスコ公演、8月24日のニューヨーク州ロングアイランド公演、11月22日のニューヨーク州立大学プラッツバーグ校での公演のライブ音源が使用された[5]。ライブ音源のエンジニアリングは、レイ・トンプソン、クリス・キムゼイ英語版エディ・クレイマーの3名が担当した[6]。また、2001年に発売されたデラックス・エディション盤で追加された未発表音源の中には、1975年3月24日にレコード・プラント・スタジオでラジオ局のプロモーションのためにスタジオ・ライブ録音された「デイズ・ドーニング」も含まれている[5]

    1972年10月よりフランプトンと活動を共にしてきたジョン・サイオモスに加えて、1975年にフランプトンのバンドに加入したジョン・メイヨーとスタンリー・シェルドンを従えた編成の演奏である[7]。フランプトンは1974年にトーク・ボックスを入手して[8]、本作に収録されたライブ演奏でも多用。トーク・ボックスは彼の演奏におけるトレードマークの一つとなった[9]

    オリジナルLPには、フランプトンが過去4作のソロ・アルバムで発表した13曲(ローリング・ストーンズのカバー「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」を含む)と、フランプトンが在籍していたハンブル・パイのアルバム『ロック・オン』(1971年)収録曲「シャイン・オン」のライブ音源が収録された。

    反響[編集]

    フランプトンの母国イギリスでは、自身のソロ・アルバムとしては初めて全英アルバムチャートでトップ100入りを果たし、最高6位に達した[4]。アメリカでは、フランプトンにとって初となるBillboard 200での1位獲得作品となり[1]、合計10週にわたり1位を獲得して[5]、1976年4月の時点でプラチナ・ディスクに認定されるほどの大ヒットを記録した[10]。本作はその後も売り上げを伸ばし、2011年にはアメリカで8×プラチナに達している[10]

    本作からは、「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」(全英10位[4]・全米6位[1])、「君を求めて」(全英43位[4]・全米12位[1])、「ライク・ウィ・ドゥ」(全英39位[4]・全米10位[1])がシングル・ヒットした。

    本作発表の35周年に当たる2011年、フランプトンは1975年当時のセットリストを再現するツアーを行い、このツアーには本作でもベースを弾いていたスタンリー・シェルドンも参加した[11]

    「ローリング・ストーン誌が選んだオールタイム・グレイテスト・ライヴ・アルバム50」において、41位にランクイン[12]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はピーター・フランプトン作。オリジナルLPでは1. - 4.がA面、5. - 8.がB面、9. - 12.がC面、13. - 14.がD面に収録された。

    1. サムシング・ハプニング - "Something's Happening" - 5:40
    2. ドゥービー・ワー - "Doobie Wah" (Peter Frampton, John Headley-Down, Rick Wills) - 5:34
    3. ショウ・ミー・ザ・ウェイ - "Show Me the Way" - 4:34
    4. プレイン・シェイム - "It's a Plain Shame" - 4:36
    5. オール・アイ・ウォント・トゥ・ビー - "All I Want to Be (Is By Your Side)" - 3:25
    6. ウィンド・オブ・チェンジ - "Wind of Change" - 2:45
    7. 君を求めて - "Baby, I Love Your Way" - 4:37
    8. アイ・ワナ・ゴー・トゥ・ザ・サン - "I Wanna Go to the Sun" - 7:14
    9. 空白の時間 - "Penny for Your Thoughts" - 1:22
    10. マネー - "(I'll Give You) Money" - 5:36
    11. シャイン・オン - "Shine On" - 3:34
    12. ジャンピング・ジャック・フラッシュ - "Jumping Jack Flash" (Mick Jagger, Keith Richards) - 7:52
    13. ラインズ・オン・マイ・フェイス - "Lines on My Face" - 7:02
    14. ライク・ウィ・ドゥ - "Do You Feel Like We Do" (P. Frampton, Mick Gallagher, John Siomos, R. Wills) - 14:15

    デラックス・エディション盤[編集]

    ディスク1[編集]

    1. イントロダクション/サムシング・ハプニング - "Introduction/Something's Happening" - 5:56
    2. ドゥービー・ワー - "Doobie Wah" (P. Frampton, J. Headley-Down, R. Wills) - 5:43
    3. ラインズ・オン・マイ・フェイス - "Lines on My Face" - 6:59
    4. ショウ・ミー・ザ・ウェイ - "Show Me the Way" - 4:32
    5. ア・プレイン・シェイム - "It's a Plane Shame" - 4:04
    6. ウィンド・オブ・チェンジ - "Wind of Change" - 2:57
    7. ジャスト・ザ・タイム・オブ・ザ・イヤー - "Just the Time of Year" - 4:22
    8. 空白の時間 - "Penny for Your Thoughts" - 1:35
    9. オール・アイ・ウォント・トゥ・ビー - "All I Want to Be (Is By Your Side)" - 3:08
    10. 君を求めて - "Baby, I Love Your Way" - 4:41
    11. アイ・ワナ・ゴー・トゥ・ザ・サン - "I Wanna Go to the Sun" - 7:15

    ディスク2[編集]

    1. ノーホエアズ・トゥー・ファー・フォー・マイ・ベイビー - "Nowhere's Too Far for My Baby" - 4:49
    2. マネー - "(I'll Give You) Money" - 5:47
    3. ライク・ウィ・ドゥ - "Do You Feel Like We Do" (P. Frampton, M. Gallagher, J. Siomos, R. Wills) - 13:46
    4. シャイン・オン - "Shine On" - 3:30
    5. ホワイト・シュガー - "White Sugar" - 4:44
    6. ジャンピング・ジャック・フラッシュ - "Jumping Jack Flash" (M. Jagger, K. Richards) - 7:39
    7. デイズ・ドーニング - "Day's Dawning" - 3:35

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]