クリス・スペディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・スペディング
Chris Spedding
Chris Spedding.jpg
トロントでのライブ(1979年)
撮影 Jean-Luc Ourlin
基本情報
出生名 Peter Robinson
別名 Christopher John Spedding
生誕 (1944-06-17) 1944年6月17日(74歳)
イングランドの旗 イングランドダービーシャー
ジャンル ロックポップジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギターベースボーカルピアノヴァイオリン
活動期間 1960年代 - 現在
レーベル RAK, Harvest
共同作業者 ジョン・ケイル
ロキシー・ミュージック
マイケル・ギブス
シャークス
ロバート・ゴードン

クリス・スペディング(Chris Spedding、1944年[1]6月17日 - )は、イングランドダービーシャー出身のロックジャズギタリスト

イギリスで最も有能なセッション・ギタリストのひとりであり[1]、1960年代から現在にいたるまで、ヨーロッパアメリカを股にかけて多彩なアーティストと共演している。

略歴[編集]

出生名、ピーター・ロビンソン (Peter Robinson)。生家の事情で里子に出され、シェフィールドバーミンガムで養父母(ジャック・スペディング、ミュリエル・スペディング夫妻)に育てられた。養父母の姓をとってクリストファー・ジョン・スペディング (Christopher John Spedding)に改名。

1969年7月にリリースされた、フランク・リコッティ・カルテット (Frank Ricotti Quartet) のアルバム『Our Point View』のレコーディングに参加してプロとしての第一歩を踏み出す。同年、ジャック・ブルースのソロアルバム『ソングス・フォー・ア・テイラー』 (1969年) にも参加[1]

1970年には、ハーヴェスト・レーベルから自身の名義で初のソロ・アルバム『無言歌』をヨーロッパ、日本限定でリリースした[1]
当時はロックと並行してジャズ・プレイヤーとしても活躍し、ニュークリアスの1stアルバム『エラスティック・ロック』のレコーディングに参加したほか、マイケル・ギブスとのツアーも行った。ロンドンで行われた、ハリー・ニルソンの『ニルソン・シュミルソン』(1971年)のレコーディングにも参加。

1972年から1974年にかけては、フリーを脱退したアンディ・フレイザーシャークスを結成[1]。スペディングはシャークスのメンバーとして2枚のアルバムに参加し、ロキシー・ミュージックとのツアーも行った。 その後、ロイ・ハーパーのバックバンド、トリガーに加入、1975年の彼のアルバム『HQ』のレコーディングに参加したほか、ジョン・ケイルとも共演するなど、セッション・ギタリストとして多忙を極める。

1975年には、ソロ名義でリリースしたシングル「モーターバイキン(Motorbikin')」がUKトップ20チャートに入る初のヒットとなった[2]。彼は革ジャンにグリースで固めた髪というバイカースタイルで「トップ・オブ・ザ・ポップス」などのTV番組に主演した[3]。同年のアルバム『クリス・スペディング』は、ミッキー・モストをプロデューサーに迎え、アメリカのシンガー・ソングライター、ガーランド・ジェフリーの「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」を採りあげた。また、「ギター・ジャンボリー」ではチャック・ベリージミ・ヘンドリックスジミー・ペイジなどのギタリストの演奏を部分的に再現するなどしている[4]。ソロとしてのヒットは続かなかったが、これ以降セッション・ギタリストとしてブライアン・フェリー、ロキシー・ミュージック、エルトン・ジョンブライアン・イーノ、ジャック・ブルース、ニック・メイスンらのレコーディング、ツアーに参加。

1970年代の半ばには、子供向けテレビ番組『ウォンブルズ (The Wombles)』のキャラクターとして、毛むくじゃらの衣装を着てフライングVを振り回すなど、仕事を選ばなかった。

1976年3月、セックス・ピストルズの最初のデモ・テープのプロデュースを請け負い、「Problems」「No Feelings」「Pretty Vacant」の3曲をレコーディング。

1978年には、H.G.ウェルズの小説「宇宙戦争」を題材にしたジェフ・ウェインのコンセプト・アルバム『宇宙戦争 (Jeff Wayne's Musical Version of The War of the Worlds)』に参加する。同年後半にはニューヨークに渡り、ネセサリーズ(Necessaries)に参加したほか、1979年には、リンク・レイと袂を分かったロバート・ゴードンのギタリストとなり、『ロック・ビリー・ブギー』『バッド・ボーイ』の2枚のアルバムに参加する。

ほどなくイギリスにもどり、彼自身のアルバム『I'm Not Like Everybody Else』、ライブ・アルバム『Friday the 13th』(いずれも1980年)をリリース、その後はトム・ウェイツの『レイン・ドッグ』などのレコーディングに参加するかたわら、自身のソロ・アルバムを数枚リリースし、1984年のポール・マッカートニーの『ヤァ!ブロード・ストリート』にもギタリストとして参加した。

2005年にはかつてアメリカで組んだロバート・ゴードンとのコンビを復活し、ヨーロッパツアーを敢行。デンマークスウェーデン、およびフィンランドのライブのハイライトを『The Reunion Tour』としてリリースしたほか、フランスのレーベル、Last Callから、アムステルダムでのライブを収録したDVD『Rockin' The Paradiso』をリリースした。

スペディングはゴードンとともに2009年まで大規模なツアーを敢行、またエルヴィス・プレスリーの没後30周年を記念して、エルヴィスの曲をカバーアルバムをワーナー傘下のRycodiscからリリースした。

現在もセッション・ギタリスト、ソロ・アーティストとして精力的に活動中である。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『無言歌』 - Songs Without Words (1970年)
  • 『スペディング/ザ・ギタリスト』 - Spedding The Guitarist (1970年) ※日本のみ企画盤
  • 『バックウッド・プログレッション』 - Backwood Progression (1971年)
  • 『クリス・スペディングの世界』 - Only Lick I Know (1972年)
  • 『クリス・スペディング』 - Chris Spedding (1975年)
  • 『ハート』 - Hurt (1977年) ※旧邦題『必殺ギター!』
  • 『ギター・グラフィティ』 - Guitar Graffiti (1978年)
  • I'm Not Like Everybody Else (1980年)
  • Friday the 13th (1981年)
  • 『エネミー・ウィズイン』 - Enemy Within (1986年)
  • 『カフェ・デイズ』 - Cafe Days (1990年)
  • 『ジャスト・プラグ・ヒム・イン』 - Just Plug Him In! (1991年)
  • Gesundheit! (1995年)
  • One Step Ahead Of The Blues (2002年)
  • Click Clack (2005年)
  • It's Now Or Never (2007年)[5]
  • Pearls (2011年)
  • 『ジョイランド』 - Joyland (2015年)

シングル[編集]

  • "Motor Bikin'" (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Biography by Steve Huey”. Allmusic.com. 2012年8月29日閲覧。
  2. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 519. ISBN 1-904994-10-5. 
  3. ^ Chris Spedding at Glitter Suits & Platform Boots
  4. ^ ライブではこの曲に収録されていないギタリストの演奏を即興で弾いたりもする。
  5. ^ Allmusic - Discography

外部リンク[編集]