LR-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LR-2は、ビーチクラフト社(現レイセオン・エアクラフト社)製ビジネス機スーパーキングエア350を改造した陸上自衛隊の連絡偵察機。これまでのLR-1に変わって、1999年から順次入れ替えが進んでおり、2015年3月末時点の保有機数は7機[1]。愛称は「ハヤブサ

本来700m程度の滑走路長が要るため、滑走路の短い明野飛行場(滑走路長500m)の場合は搭載物の重量と燃料搭載量を極限まで削らなければならない。そのため、明野に下りた場合は近くにある、より長い滑走路を持つ基地まで飛行した後、燃料を補給することとなる。

運用[編集]

連絡・偵察任務のほか、北部方面航空隊と第15ヘリコプター隊においては災害派遣としての緊急患者輸送にも用いられており、たとえば近年では2015年4月23日の那覇~福岡、同4月26日の石垣島~那覇、同4月30日の函館~札幌[2]、同6月5日の釧路~札幌[3]などの出動実績がある。2006年に、本州におけるLR-2の集中運用を目的に、第1ヘリコプター団本部管理中隊および東北東部中部方面航空隊本部付隊のLR-2を集約し、第1ヘリコプター団傘下に連絡偵察飛行隊が結成された。

諸元・性能[編集]

  • 全幅:17.65m
  • 全高: 4.37m
  • 全長:14.22m
  • 重量: 4.1t
  • 最高速度:580km/h
  • 航続距離:1,800km
  • 実用上昇限度:10,668m
  • 最大離陸重量: 6,780kg
  • 製造:レイセオン社
  • エンジン出力:1,050SHP×2発
  • 乗員:2名
    • 乗員以外に8名の搭乗が可能

配備部隊[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]