HIGHVISION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HIGHVISION
SUPERCARスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル キューンレコード
プロデュース SUPERCAR
チャート最高順位
SUPERCAR アルバム 年表
Futurama
2000年
HIGHVISION
2002年
16/50 1997〜1999
2003年
テンプレートを表示

HIGHVISION』(ハイヴィジョン)は、日本のロックバンド、SUPERCARの4枚目のアルバム。2002年4月24日キューンレコードより発売。

解説[編集]

  • 前作より1年5ヶ月ぶりのアルバム。ギターサウンドが主体であった前作までとは打ってかわり、本作ではエレクトロサウンドや打ち込み、テクノサウンドが主体となっている。
  • サウンドプロデューサーに砂原良徳(元電気グルーヴ)を迎える。
  • 同年初頭に映画「ピンポン」の公開が発表され、主題歌に「YUMEGIWA LAST BOY」、挿入曲に「Strobolights」が起用された。その2曲を含んだ本作は話題となり、バンド最高の売り上げを記録した。
  • 初回仕様:裏ジャケ・インデックス

収録曲[編集]

  1. STARLINE (4:04)
  2. WARNING BELL (4:30)
  3. STORYWRITER (4:23)
    SUPERCAR解散後の2005年-2006年に放送されたMBSTBSテレビアニメ交響詩篇エウレカセブン』挿入歌として使用された。
  4. AOHARU YOUTH (5:09)
  5. OTOGI NATION (3:29)
  6. STROBOLIGHTS (4:06)
    アルバムバージョン。イントロが追加されている。
  7. I (6:14)
  8. YUMEGIWA LAST BOY (4:11)
  9. NIJIIRO DARKNESS (6:40)
  10. SILENT YARITORI (5:27)

全作詞:石渡淳治 作曲:中村弘二 編曲:SUPERCAR

外部リンク[編集]