Ecolinux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ecolinux
開発者 nkenkou
OSの系統 Ubuntu
開発状況 開発終了[1]
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 11.04.3 / 2011年8月4日
カーネル種別 モノリシックカーネル (Linux)
既定のユーザインタフェース LXDE
ライセンス 各種
ウェブサイト web.archive.org/web/20080718041315/http://ja.ecolinuxos.com/[2]
テンプレートを表示
Ecolinux-lx
開発者 nkenkou
OSの系統 Ubuntu
開発状況 開発終了
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 9.10 beta / 2010年4月22日
カーネル種別 モノリシックカーネル (Linux)
既定のユーザインタフェース LXDE
ライセンス 各種
ウェブサイト http://ja.ecolinuxos.com/[リンク切れ]
テンプレートを表示
Ecolinux-light
開発者 nkenkou
OSの系統 Ubuntu
開発状況 開発終了
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 8.04.7 / 2008年12月14日
カーネル種別 モノリシックカーネル (Linux)
既定のユーザインタフェース Fluxbox
ライセンス 各種
ウェブサイト http://ja.ecolinuxos.com/[リンク切れ]
テンプレートを表示
Ecolinux-ez
開発者 nkenkou
OSの系統 Ubuntu
開発状況 開発終了
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 8.04.4 / 2008年08月10日
カーネル種別 モノリシックカーネル (Linux)
既定のユーザインタフェース LXDE
ライセンス 各種
ウェブサイト http://ja.ecolinuxos.com/[リンク切れ]
テンプレートを表示

Ecolinux(エコリナックス)は日本で開発されているUbuntuベースの軽量Linuxディストリビューション

EcolinuxはUbuntuのソフトウェアを用いて、ロースペックマシンの利用者等に最新かつ軽量なオペレーティングシステムを提供することを目指している。

Ecolinuxの特徴[編集]

ほぼUbuntuのパッケージを入れ替えただけであるため、Ubuntu互換である。デスクトップ環境にはLXDEを採用している。

標準的なシステムツールといくつかの小さなアプリケーション以外には、インターネットブラウザであるMozilla Firefoxのみがインストールされている。さらにUbuntuに含まれていた数独チェスなどの小さなカードゲームやパズルゲームなども削除されている。Ubuntuは最初からいくつものサービスが常駐しているが、高速化のため多くが削除されている。

Ecolinuxはウェブブラウザ等必要最低限の機能しかないため、CDイメージのサイズは400MB程度である。Live CDを使えば、ハードディスクへのインストールをする前に、ハードウェアが適合しているかを確認することができる。また、Live CDにはUbuntuのインストーラが流用されているためEcolinuxのインストールにも使える。CDイメージはダウンロードすることができる。WubiLubiで安全にインストールすることが推奨され、Wubiでの動作も確認されている。

Ubuntuには収録されていないようなハードウェアドライバのパッケージが多くインストールされており、Ubuntuが動作しないマシンでも動作する可能性がある。 似た趣旨で開発されているものでLinuxBeanBasixがある。

姉妹品[編集]

Ecolinux以外にもいくつかの種類が存在している。

Ecolinux-ez
無線LANなどのネットワークの設定や、アップデートやプリンターの設定等をグラフィカルなアプリケーションで出来るようにした、Linux初心者向けのEcolinux。デスクトップマネージャは、Xfceである。
Ecolinux-lx
Ecolinux-lightの後継版。
Light版以上の軽量化、高速動作、操作性の向上を目標としている。Lxdeを採用しており、ecolinuxとほぼ変わらない。
Ecolinux-light(開発終了)
デスクトップマネージャとして軽量なFluxboxを搭載しているさらに軽快なディストリビューション。
Ecolinux-lightはDamn Small Linuxの強化版を目指して開発がスタート。軽いウェブ端末の様なディストリビューションを目指している。
中身はEcolinuxからGNOME系・Xfce系のパッケージを削除し、Fluxboxを追加したもので、見た目は簡素だが動作は軽い。

動作スペック[編集]

Ecolinuxは動作クロックが166MHz以上のPentium MMX以降のx86互換CPUと128MB以上のメモリを必要とする。 Ecolinux-lightは動作クロックが166MHz以上のPentium MMX以降のx86互換CPUと96MB以上のメモリを必要とする。(ただし、LiveCDでの起動はUbuntuと同様のスペックを要する。)

開発の再開[編集]

  • 本ディストリビューションの開発者nkenkouは2009年から2010年2月まで開発活動を一時中止した。その後2010年3月から開発を再開。
  • 作者の都合により、更新のペースが落ちることが発表されており[3]、2011年8月4日のリリースを最後に2014年現在までリリースされていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 開発終了はアナウンスされていないが、公式サイトが閉鎖されており実質的に終了している。
  2. ^ アーカイブ
  3. ^ 昨今のメンテナンスの遅さへのお詫びと言い訳”. 2014年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]