ACTミニ・シアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ACTミニ・シアター
ACT Mini Theater
種類 事業場
市場情報 活動休止
略称 ACT
本社所在地 日本の旗 日本
169-0051
東京都新宿区西早稲田3-14-2
早稲田通りビル2階
設立 1970年代
業種 サービス業
事業内容 映画の興行フィルム・アーカイヴ
代表者 沢健司
主要株主 有限会社アクト
主要子会社 ACT SEIGEI THEATER
テンプレートを表示

ACTミニ・シアター(アクトミニ・シアター、1970年代 開館[1] - 2000年ころ 閉館)は、かつて存在した日本の映画館である[2]。新作上映を中心としないいわゆる名画座であり、16mmフィルムベースによるサイレント映画以来のフィルム・アーカイヴを持ち、同アーカイヴ所蔵以外の作品も上映した。同経営によるACT SEIGEI THEATER[3]についても記述する。

略歴・概要[編集]

正確な年月日は不明であるが、1970年代のある時期、映画人を含めた人々の資金的支援を受けて開館する[1]。経営は沢健司を代表とする有限会社アクトである[2]

同館が入居していた「早稲田通りビル」は早稲田通りに面しており、1969年(昭和44年)11月竣工の鉄骨6階建ての住居用も含めた雑居ビル[4]で、1階には早稲田通郵便局が現在も存在し、その右脇の階段を上ると入口があった[1]。客席に椅子席はなく、靴を脱いで入場し、カーペット敷のフラットフロアに座り、寝そべる形式なのが特徴であった[1]。プログラムとして「ACT」を会員・観客等を対象に発行・配布した[1]

時期によって制度が異なるが、「ACT シネ・フレンド」という会員制度を設け、年会費によってフリーパス、半額等の特典があった[5]

1977年(昭和52年)6月、映画雑誌『シネ・フロント』6月号に「ACTミニシアター訪問」として、穂積純太郎のルポルタージュにより同館が紹介される[6]

1986年(昭和61年)には、フィルム・アーカイヴのほかに、今井正新藤兼人山田洋次能登節雄ら映画人を世話人として、書籍等の資料をもつ映画資料館を開設した[1][7]。同時期に、前川つかさのマンガ『大東京ビンボー生活マニュアル』(『モーニング』連載、1986年 - 1989年)に、同館をモデルとしたとされるフラットフロアの映画館が登場する[1]。1988年(昭和63年)9月には、映画雑誌『シネマ・ジャーナル』7号に代表の沢健司がインタヴューされ、同館が紹介される[8]

1986年(昭和61年)には、池袋ACT SEIGEI THEATERを開館、1994年(平成7年)9月には、雑誌『太陽』で紹介された[9]

1990年代には、俳優・監督別の特集上映「日本映画をおもしろくした100人」を長期にわたり行なった[5][10]

1999年(平成11年)には、池袋ACT SEIGEI THEATERが閉館。

2000年(平成12年)には、ACTミニシアター西早稲田本館が閉館した。

データ[編集]

上映したおもな映画[編集]

出典のみられるおもな映画である。

フィルム・アーカイヴ[編集]

下記のようなサイレント映画を中心とした16mmフィルム版のプリントを所蔵し、「古典映画コレクション」として、繰り返し低料金で上映した[5]。アーカイヴの現在の所在は不明である。

ACT SEIGEI THEATER[編集]

ACT SEIGEI THEATER
ACT SEIGEI THEATER
種類 事業場
市場情報 消滅
略称 SEIGEI
本社所在地 日本の旗 日本
171-0022
東京都豊島区南池袋1-13-21 和泉屋ビル地階
設立 1991年6月15日
業種 サービス業
事業内容 映画の興行
代表者 沢健司
主要株主 有限会社アクト
テンプレートを表示

ACT SEIGEI THEATER(アクト セイゲイ シアター、1986年6月15日 開館 - 1999年 閉館)は、かつて存在した日本の映画館である[3]イギリスの映画監督デレク・ジャーマンの作品を特集したオープン記念企画「デレク・ジャーマン映画祭」で幕を開けた。

データ[編集]

  • 所在地 : 171-0022 東京都豊島区南池袋1-13-21 和泉屋ビル地階 [3][13]
  • 席数 : 50席 [3]
  • 代表・支配人 : 沢健司 [3]
  • 経営母体 : 有限会社アクト [3]

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 〈ACTミニシアター〉の昼下がり 前篇南陀楼綾繁早稲田古本ネット、2010年11月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『映画館名簿 1999年版』、『映画年鑑 1999年版』付録、編集日本映画製作者連盟配給部会、発行時事映画通信社、1998年12月1日、p.29.
  3. ^ a b c d e f 『映画館名簿 1999年版』、p.32.
  4. ^ 早稲田通りビルクオラ不動産、2010年11月14日閲覧。
  5. ^ a b c 高田馬場ACTミニシアター(チラシ画像あり)、女おいどん日記、2010年11月14日閲覧。
  6. ^ バックナンバー 創刊号から300号までシネ・フロントシネ・フロント社、2010年11月14日閲覧。
  7. ^ 『キネマ旬報 1986年1月上旬号』(第926号)、キネマ旬報社、1986年1月、p.40.
  8. ^ シネマジャーナル Vol. 7シネマ・ジャーナル、2010年11月14日閲覧。
  9. ^ 太陽』第399号、平凡社、1994年9月、p.40.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 〈ACTミニシアター〉の昼下がり 後篇、南陀楼綾繁、早稲田古本ネット、2010年11月14日閲覧。
  11. ^ ACTミニシアター、演劇ライフ、2010年11月14日閲覧。
  12. ^ ACTミニシアター、電脳旋風児 映画が呼んでるぜ、2010年11月14日閲覧。
  13. ^ ACT・SEIGEI-THEATER、演劇ライフ、2010年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]