ロベルト・ヴィーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロベルト・ヴィーネ
Robert Wiene
生年月日 (1873-04-27) 1873年4月27日
没年月日 (1938-07-17) 1938年7月17日(65歳没)
出生地 ドイツドレスデン
職業 映画監督

ロベルト・ヴィーネ(Robert Wiene, 1873年4月27日 - 1938年7月17日)は、ドイツ映画監督。代表作は『カリガリ博士』。

来歴[編集]

ブレスラウ(現:ポーランドヴロツワフ)出身。父カールは有名な俳優であり、弟のコンラート・ヴィーネドイツ語版も後に俳優・監督となった。舞台俳優としてデビュー後、1912年に映画界入り。

『カリガリ博士』で成功を収める以前は、メロドラマの監督として有名だった[1]。他の代表作には、表現主義の手法が使われている『ゲニーネ』(1920)『罪と罰』(1923)、モーリス・ルナールの小説「オルラックの手」が原作の『芸術と手術』(1924)、リヒャルト・シュトラウスのオペラ「ばらの騎士」を映画化した『Der Rosenkavalier』(1926)等がある。

ナチス政権樹立後、ヴィーネはドイツを出国しパリに移り住んだ。ジャン・コクトーと共に『カリガリ博士』のトーキー版リメイクの構想を練っていたという[2]。1938年、スパイ映画『Ultimatum』がクランクアップする10日前に癌で死去。遺作は友人であったロバート・シオドマクが完成させた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.imdb.com/name/nm0927468/bio?ref_=nm_ov_bio_sm#trivia
  2. ^ Robinson, David. Das Cabinet des Dr. Caligari. British Film Institute, 2004, p. 58.

外部リンク[編集]