前川つかさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前川 つかさ(まえかわ つかさ、1957年または1958年 - )は、日本漫画家。本名は前川 司。男性。

バブル期1980年代中盤から癒しスローライフを感じさせる漫画を発表し続けている。

来歴[編集]

福島県田村郡三春町に生まれる。福島県立安積高等学校の1年先輩に芥川賞作家の玄侑宗久がいる。

中央大学卒業。1980年代中頃、とある出版社で不採用になった帰りに、辰巳出版に原稿を持ち込む。同出版社の4コマ漫画雑誌でデビュー。

1986年、『週刊モーニング』誌上にて『大東京ビンボー生活マニュアル』を連載。人気作品となる。

1989年、『ビッグコミックオリジナル』(後に『週刊ポスト』に掲載誌を変更)にて『票田のトラクター』を連載開始。原作は政治ジャーナリストのケニー鍋島で、政界をテーマとした政治漫画の先駆けとなる。違法スレスレの選挙の舞台裏をリアルに描いて反響を呼び、長期にわたり人気シリーズとなる。2001年日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ『レッツ・ゴー!永田町』は、この作品が原作である。

作品リスト[編集]