南陀楼綾繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南陀楼 綾繁(なんだろう あやしげ、1967年4月15日 - )とは、日本の編集者ライター蒐集家。本名は河上 進古書評論を得意とする。また、古書や本に関するイベント等を盛んに主催している。2007年から和光大学非常勤講師。

河上進名義で編集者の顔も併せ持つ。過去にゆまに書房で『宮武外骨全集』等の編纂にも関わっていた。『季刊・本とコンピュータ』(トランスアート)誌の編集長をへて、現在はフリーの編集者。

来歴[編集]

島根県出雲市出身。早稲田大学第一文学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。早稲田大学時代は、浅羽通明の「見えない大学本舗」に参加していた。原点は、主筆だった大学の民俗学サークル機関紙が発展してミニコミ誌になったことだと云う。

現在は本業のほかに、本好きの編集者、ライターの集まり「BOOKMANの会」を主宰。ミニコミ『物数奇』発行人。フリーペーパー「モクローくん通信」発行人。『sumus』の同人。メルマガ「書評のメルマガ」編集。

また、谷中根津千駄木の中心を通る「不忍通り」やそれに並行して走る小さな道には、個性的な新刊書店、古書店が多数存在していたことから、2005年「不忍ブックストリート」というプロジェクトを立ち上げ、現在、実行委員会・会員(他の会員は、往来堂書店古書ほうろうオヨヨ書林内澤旬子)。

またそれと連動して、ブログ等で知合った市井の本好きたちが「ダンボール1箱」だけの本を持ち売り、古本として売るイベント「一箱古本市」も主催。のちに、日本各地で同様のイベントが開催されるようになる。

著述業の方では、「本とコンピューター」、「彷書月刊」、「東京古書通信」をはじめ各種ミニコミ誌、古書関係書誌などに多くの文章を載せている。そのすさまじい量の古書収集癖は、切手絵葉書マッチ箱などあらゆる紙片に及び、無尽蔵である。古書探索の方も神田の古書店街からチェコプラハの古書店まで、ジャンルもあらゆる分野に及ぶ。

なお、ペンネームの南陀楼綾繁は、江戸時代に実在した俳人青梅の人だったと云う。

元・妻はイラストルポライターの内澤旬子

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ナンダロウアヤシゲな日々―本の海で溺れて』無明舎出版 2004年6月 ISBN 4895443671
  • 『チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび 』ピエ・ブックス 2005年7月
  • 『路上派遊書日記』右文書院 2006年10月 -ブログの書籍化
  • 『老舗の流儀 戦後六十年 あの本の新聞広告 』幻冬舎メディアコンサルティング 2009年8月
  • 『一箱古本市の歩きかた』光文社 2009(光文社新書 ; 433)
  • 『谷根千ちいさなお店散歩』 WAVE出版 2014
  • 『小説検定』 新潮社 2014(新潮文庫 ; な-88-1)
  • 『ほんほん本の旅あるき』南陀楼綾繁 著 産業編集センター 2015
  • 『町を歩いて本のなかへ』原書房 2017
  • 『谷根千ちいさなお店散歩』WAVE出版 2017
  • 『編む人 : ちいさな本から生まれたもの』ビレッジプレス 2017
  • 『本好き女子のお悩み相談室』 筑摩書房 2018(ちくま文庫 ; な54-1)
  • 『蒐める人 : 情熱と執着のゆくえ』皓星社 2018

共著[編集]

  • 串間努他との共著『ミニコミ魂』晶文社 1999/08 ISBN 4794947216
  • 岡崎武志他との共著『書肆アクセスという本屋があった―神保町すずらん通り1976-2007』「書肆アクセスの本」をつくる会 2007年12月
  • 『まちを解す : まちの個性・のつなぎ方 : シンポジウム記録』共著、住まい・まちづくり担い手支援機構 編 住まい・まちづくり担い手支援機構 2011
  • 『古本の雑誌』本の雑誌編集部 編 本の雑誌社 2012(別冊本の雑誌 ; 16)

編著[編集]

  • 塩山芳明著『出版業界最底辺日記 エロ漫画編集者「嫌われ者の記」』ちくま文庫 2006年7月 - 膨大な連載からのセレクトを担当。
  • 『花森安治装釘集成 = Book designs ; Yasuji Hanamori』花森安治 [作],唐澤平吉,南陀楼綾繁, 林哲夫 編 みずのわ出版 2016

外部リンク[編集]