龍仁軽電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
龍仁軽電鉄
龍仁軽電鉄の車両
龍仁軽電鉄の車両
基本情報
大韓民国の旗 韓国
所在地 京畿道龍仁市
起点 器興駅
終点 前垈・エバーランド駅
駅数 15駅
開業 2013年4月26日
運営者 龍仁軽量電鉄[注釈 1]
路線諸元
路線距離 18.494 km
軌間 1,435mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 直流750V 第三軌条方式
保安装置 ATO
最高速度 80 km/h
路線図
エバーライン路線図.png
テンプレートを表示
龍仁軽電鉄
各種表記
ハングル 용인 경전철
漢字 龍仁輕電鐵
発音 ヨンイン キョンジョンチョル
日本語読み: りゅうじんけいでんてつ
2000年式
MR式
英語
Yongin Gyeongjeoncheol
Yongin Kyŏngchŏnch'ŏl
Yongin Everline
テンプレートを表示

龍仁軽電鉄(ヨンインけいでんてつ)は、大韓民国京畿道龍仁市器興区にある器興駅から同市処仁区にある前垈・エバーランド駅までを結ぶ、龍仁軽量電鉄[注釈 1]が運営する新交通システムライトレール[注釈 2]鉄道路線。愛称はYongin Everline

本項では、龍仁軽電鉄を運営する龍仁軽量電鉄株式会社についても記述する。

概要[編集]

龍仁市が施設を保有し、運営は龍仁軽量電鉄株式会社が運営する。ただし、日常の駅務、線路の維持保守運営は、同社から委託を受けた、ボンバルディア・トランスポーテーションコリア(2016年からは、新盆唐線を受託運営するネオトランス)が担当する。龍仁市の人口が急増し、市内にいくつかの観光地もあり、新しい都市交通体系を構築する必要が出てきたため、新路線の導入を図ることに決定した。2010年10月に18.4km区間の開通を目標に工事中であったが、騒音問題やシステム不備などから延期。2011年3月の開通を目指して交渉していたが実現しなかった。その後、国際仲裁裁判所の仲裁を経て、龍仁市の龍仁軽電鉄の賠償金を精算して解決され、2013年4月26日に全線開業した。

開業当初、首都圏電鉄の統合運賃の対象外となっていたが、乗り継ぎ割引については2014年9月20日より導入された。同線の基本運賃は1,450ウォン(交通カード基準)なので、他線からの乗継には別途200ウォンが加算される(新盆唐線と同じような運賃システム)。

沿革[編集]

使用車両[編集]

ボンバルディア・トランスポーテーションARTベースの車両を使用。1両編成で運行される。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
Y110 器興駅
(白南準アートセンター)
기흥역
(백남준아트센터)
Giheung
(Nam June Paik Arts Center)
0.000 0.000 韓国鉄道公社盆唐線 (K237) 器興区
Y111 江南大駅 강남대역 Kangnam Univ. 1.044 1.044  
Y112 支石駅 지석역 Jiseok 1.062 2.106  
Y113 御井駅 어정역 Eojeong 0.918 3.024  
Y114 東栢駅 동백역 Dongbaek 1.185 4.209  
Y115 草堂駅 초당역 Chodang 1.097 5.306  
Y116 三街駅 삼가역 Samga 2.591 7.897   処仁区
Y117 市庁・龍仁大駅 시청・용인대역 City Hall·Yongin Univ. 1.045 8.942  
Y118 明知大駅 명지대역 Myongji Univ. 1.034 9.976  
Y119 金良場駅 김량장역 Gimnyangjang 0.755 10.731  
Y120 運動場・松潭大駅 운동장・송담대역 Stadium·Songdam College 0.945 11.676  
Y121 古陳駅 고진역 Gojin 0.935 12.611  
Y122 洑坪駅 보평역 Bopyeong 1.750 14.361  
Y123 屯田駅 둔전역 Dunjeon 1.027 15.388  
Y124 前垈・エバーランド駅 전대・에버랜드역 Jeondae·Everland 2.626 18.014  

本路線の運営事業者[編集]

龍仁軽量電鉄株式会社[4]
Yongin EverLine Co., Ltd.[5]
種類 株式会社
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
京畿道龍仁市処仁区中部大路1074[6]
業種 運輸業
代表者 金在権[4]
外部リンク https://ever-line.co.kr/
テンプレートを表示
龍仁軽量電鉄
各種表記
ハングル 용인경량전철
漢字 龍仁輕量電鐵
発音 ヨンインギョンニャンジョンチョル
テンプレートを表示

龍仁軽量電鉄株式会社[4](ヨンインけいりょうでんてつ、ハングル:용인경량전철주식회사[4]:Yongin EverLine Co., Ltd.[5])は、大韓民国京畿道龍仁市内にて龍仁軽電鉄[注釈 1](鉄道路線)を運営する鉄道事業者である。

なお、路線の運営は2016年8月1日からネオトランス株式会社(ハングル:네오트랜스주식회사[7]、英:Neo Trans Co. Ltd. [8])へ委託されており[1][2]2023年7月30日まで7年間継続される予定[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 運営事業者は龍仁軽″量"電鉄なのに対し路線名称は龍仁軽電鉄となっており、路線名称側に軽量の"量"は付かない。
  2. ^ 韓国では「軽電鉄」と称する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d (朝鮮語)주요 연혁(主要沿革) 龍仁軽量電鉄公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  2. ^ a b c (朝鮮語)연혁(歴史) ネオトランス公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  3. ^ a b (朝鮮語)신분당선 운영하는 네오트랜스, 용인경전철도 맡아 2015年12月24日 聯合ニュース
  4. ^ a b c d (朝鮮語)CEO 인사말(CEOご挨拶) 龍仁軽量電鉄公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  5. ^ a b (英語)CEO Greeting(CEOご挨拶) 龍仁軽量電鉄公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  6. ^ (朝鮮語)회사개요(会社概要) 龍仁軽量電鉄公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  7. ^ (朝鮮語)CEO 인사말(CEOご挨拶) ネオトランス公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧
  8. ^ (英語)CEO Greetings(CEOご挨拶) ネオトランス公式ウェブサイト 2018年8月10日閲覧

外部リンク[編集]

関連項目[編集]