鶴田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴田 一郎(つるた いちろう、1954年4月13日 - )は日本のグラフィックデザイナー・画家。独特のタッチで描かれた日本女性の美人画で有名であり、かつてノエビアのCMで長く起用されたことでも知られる。近年は美人画のみならず、現代の鶴田流琳派をテーマに「雪」「月」「花」「海を渡る」などの大作にも挑んでいる。

略歴[編集]

  • 1954年(昭和29年)4月13日 - 熊本県本渡市(現・天草市)本渡町広瀬で生まれる。
  • 1972年(昭和47年) - 熊本県立天草高等学校卒業。
  • 1976年(昭和51年) - 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
  • 1984年(昭和59年) - アメリカで作品がアートポスターになる。
  • 1985年(昭和60年) - 東京にて個展。
  • 1987年(昭和62年) - ノエビア化粧品の広告に使用される。
  • 1989年(平成元年) - 画集「テンプテーション」を出版。
  • 1991年(平成3年) - 東芝「ジャズを聞きたくて」シリーズのCD ジャケットに使用される。
  • 1993年(平成5年) - 画集「ICHIRO TSURUTA WORKS」を出版。
  • 1995年(平成7年) - 大津・大津市歴史資料館にて原画展。
  • 1996年(平成8年) - ハクビ総合学園の広告に使用される。
  • 1997年(平成9年) - 版画作品集「鶴田一郎の世界」を出版。
  • 1998年(平成10年) - 淡路島・ミュージアムパーク・アルファビアにて原画展。
  • 1999年(平成11年) - TBS ドラマ「週末婚」のタイトルバックに使用される。
  • 2000年(平成12年) - 版画作品集「鶴田一郎の世界Vo.2」を出版。
  • 2001年(平成13年) - パリにて個展。
  • 2002年(平成14年) - 東京・日本橋三越にて展示会。以降2006 年まで毎年開催される。
  • 2003年(平成15年) - 福岡・アクロス福岡にて原画展。
  • 2005年(平成17年) - ニューヨーク・アートエキスポに出展。以降2007年まで。
  • 2006年(平成18年) - 上海アートフェアに出展。
  • 2007年(平成19年) - 福岡三越ギャラリーにて「画業30年展」開催。
  • 2007年(平成19年) - 久留米工業大学客員教授就任。
  • 2008年(平成20年) - 熊本・天草ギャラリーつる田 新作原画展。
  • 2008年(平成20年) - 京都・ギャラリーニュートロン 新「琳派」作品&新旧美人画の系譜展。
  • 2008年(平成20年) - 広島・筆の里工房 新作原画展。
  • 2009年(平成21年) - 京都・ジェイスピリット・ギャラリー 「花と美人画展」。
  • 2010年(平成22年) - 京都駅ビル「The CUBE」広告に舞妓作品が使用される。以後2012年まで継続。
  • 2010年(平成22年) - 京都・ちおん舎 「鶴田一郎展 -Breeze of Elegance-」。
  • 2010年(平成22年) - 東京・銀座ギャラリーハウス「鶴田一郎展 -My Muse Forever-」。
  • 2010年(平成22年) - 岡山・山陽新聞さん太ギャラリー「鶴田一郎 -花と美人画展-」。
  • 2011年(平成23年) - 東京・青山アートフォーラム「鶴田一郎展 -My Muse Forever II-」。
  • 2012年(平成24年) - 神戸・Gallery北野坂「鶴田一郎・美人画展」。
  • 2012年(平成24年) - 熊本市現代美術館主催「アートパレード」審査員。
  • 2012年(平成24年) - 博多阪急イベントホールにて「美人画30年の軌跡展」開催。

作品[編集]

ポスター[編集]

ラベル[編集]

外部リンク[編集]