天草切支丹館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 天草キリシタン館
Amakusa Christian Museum
Amakusa Christian Museum.jpg
天草キリシタン館(2015年5月)
施設情報
正式名称 天草市立天草キリシタン館
前身 本渡市立天草切支丹館
専門分野 天草キリシタンの歴史資料
事業主体 天草市
管理運営 熊本県天草市
開館 1966年(昭和41年)8月
所在地 863-0017
熊本県天草市船之尾町19-52
位置 北緯32度27分35.87秒 東経130度11分2.83秒 / 北緯32.4599639度 東経130.1841194度 / 32.4599639; 130.1841194座標: 北緯32度27分35.87秒 東経130度11分2.83秒 / 北緯32.4599639度 東経130.1841194度 / 32.4599639; 130.1841194
外部リンク 天草キリシタン館(天草市HP)
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
綸子地著色聖体秘蹟図指物(天草四郎陣中旗)

天草キリシタン館(あまくさキリシタンかん)は、熊本県天草市にある市立の文化施設。

概要[編集]

1966年(昭和41年)に開設した天草切支丹の歴史資料を展示する資料館。

キリスト教の伝来、南蛮文化、迫害、天草・島原の乱隠れキリシタン、乱後の代官行政、というテーマで構成し、それぞれの背景や歴史を紹介している。

2010年(平成22年)7月1日に名称を「天草キリシタン館」に変更しリニューアルオープンした。

主な収蔵展示品[編集]

重要文化財(国指定)
  • 天草四郎陣中旗 - 重要文化財指定の正式名称は「綸子地著色聖体秘蹟図指物」(りんずじちゃくしょくせいたいひせきずさしもの)[1]

所在地・利用案内[編集]

  • 所在地 - 863-0017 天草市船之尾町19-52
  • 開館:8時30分 - 17時(最終入館16時30分)
  • 休館日:年末年始(12月30日 - 1月1日)
  • 一般:300円 高校生:200円 小中学生:150円 ※団体割引あり

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この陣中旗は、1964年1月11日付けで古文書2点、原城攻略図1点とともに「天草四郎時貞関係資料」として4点一括で重要文化財に指定されたものである。1995年に個人の所有者から合併前の本渡市に陣中旗が寄贈されたが、同時に重要文化財に指定された文書2点、絵図1点は所在不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]