高野隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高野 隆(たかの たかし、1956年9月30日 -)は日本の弁護士第二東京弁護士会所属。刑事弁護人として数々の無罪判決を獲得している。元早稲田大学 大学院法務研究科 教授日弁連裁判員制度実施本部・公判弁護技術に関するプロジェクトチーム座長、ミランダの会元代表。東京法廷技術アカデミー インストラクター。

人物[編集]

早稲田大学法学部サザンメソジスト大学ロースクール(LL.M.)出身[1]

後述の通り、刑事事件の弁護士として名高い。若手時代にアメリカに留学し、憲法、刑事手続法、証拠法などを学び、英会話に堪能である。近年は指導的立場につき、若手弁護士を対象とした弁護技術の研修活動にも積極的に携わっている。

カルロス・ゴーンの日本からの密出国に際して自身のブログで、「(日本の)裁判官は独立した司法官ではない。官僚組織の一部だ。日本のメディアは検察庁の広報機関に過ぎない」「(ゴーン被告の密出国は)密出国を「暴挙」「裏切り」「犯罪」と言って全否定することはできないということである。寂しく残念な結論である。もっと違う結論があるべきである。確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない」と綴り、[2][3]さらに「彼と同じ財力、人脈、行動力がある人が同じ経験をしたなら、同じことをしようとするだろうことは想像に難くない」とも発言した。この発言に関して、東京都内の男性から「被告の逃走を肯定する発言をブログでしたのは重大な非行」などとして第二東京弁護士会に懲戒請求が出され、同会の綱紀委員会が調査を開始した。ゴーン被告の保釈請求に際して、住宅への監視カメラの設置など具体的条件を提示するなどの方法で、東京地裁の保釈決定を引き出していた[4]

三大刑事弁護人[編集]

刑事弁護の業界では、神山啓史後藤貞人と共に三大刑事弁護人の一人として広く認知されている[5]。 特に3人の中でも高野は、本職の刑事弁護以外に法曹教育についても力を入れており、早稲田大学 大学院法務研究科では設立時から教鞭をとっていた。刑事弁護の世界では、趙誠峰などの高野の弟子たちは、高野チルドレンと呼ばれている。

過去の担当事件[編集]

著作・翻訳[編集]

  • 『ケースブック刑事証拠法』現代人文社、2008年10月
  • キース・エヴァンス(著)、高野隆(翻訳)『弁護のゴールデンルール』現代人文社、2000年4月。ISBN 978-4906531974

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弁護士紹介”. 2019年3月8日閲覧。
  2. ^ ゴーン被告のレバノン逃亡、弁護団の高野隆氏が見解示す「(密出国を)全否定することはできない」”. ハフポスト. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社 (2020年1月5日). 2020年1月15日閲覧。
  3. ^ 彼が見たもの刑事裁判を考える:高野隆@ブログ 2020年1月15日閲覧
  4. ^ 産経新聞 - 高野弁護士にも懲戒請求 ゴーン被告逃亡肯定「品位に反する」2020.1.17 18:27”. 2020年1月18日閲覧。
  5. ^ 有斐閣『法学教室』 連載 展開講座 刑事弁護の基礎知識 紹介より
  6. ^ 判決文 http://blog.livedoor.jp/plltakano/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%AC%AC1%E5%AF%A9%E5%88%A4%E6%B1%BA.pdf#search=%27%E8%B6%99%E8%AA%A0%E5%B3%B0+%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%85%8B%E4%B9%9F%27
  7. ^ “「危険運転」2審も認定、法曹界で割れる見解”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2019年12月6日). https://www.sankei.com/affairs/news/191206/afr1912060049-n1.html 2019年12月7日閲覧。 
  8. ^ 平野太鳳 (2019年12月31日). “ゴーンの海外逃亡を「日本最強弁護団」は阻止できなかったのか”. 週刊文春デジタル. 2019年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]