高橋権六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 権六(權六、たかはし ごんろく、1890年明治23年)12月[1] - 1972年昭和47年)3月4日[1])は、大正から昭和期の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

福岡県[1]八女郡、現在の八女市で酒造家の家に生まれる[2]。1918年(大正7年)明治学院普通部を卒業[1][2]

若いときから院外団に加わった[2]。福岡県会議員に選出され2期在任し[1][2]、同参事会員、八女郡教育会評議員も務めた[1]。1930年(昭和5年)の第17回衆議院議員総選挙から1947年(昭和22年)第23回総選挙まで立候補を続けたがいずれも落選[2]。同年の福岡県知事選挙でも落選した[2]。1949年(昭和24年)1月の第24回総選挙福岡県第3区、無所属)で当選[2][3]。当時の地元新聞に「同情票で勝利」と分析した記事が掲載された[2]。その後の総選挙で2回連続落選し、政界を引退した[2]

実業界では、八女郡製穀業組合長、福岡県製穀業組合連合会専務理事、八洲土木社長などを務めた[1]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』418頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『唯我独創の国から』22-25頁。
  3. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』350頁。
  4. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第17回』529頁。
  5. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第20回』529頁。
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第22回』1543頁。
  7. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第23回』533頁。
  8. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』351頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第17回』衆議院事務局、1930年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第20回』衆議院事務局、1937年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第22回』衆議院事務局、1950年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第23回』衆議院事務局、1948年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 西日本新聞文化部編『唯我独創の国から』みずのわ出版、2000年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。