高尾健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙尾健太」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙尾 健太
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1988-01-17) 1988年1月17日(31歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙尾 健太(たかお けんた、1988年1月17日 - )は、野球選手投手)。香川県高松市出身。

来歴[編集]

小学4年生の時、地元の軟式野球チームに入団、中学2年生から投手となる[1]

高松商高時代は、エースとして2004年の秋季県大会、2005年の春季県大会を制覇した[2][3]。同年夏の全国高等学校野球選手権香川大会でも優勝候補の筆頭にあげられていたが、3回戦で敗れて甲子園出場はならなかった。卒業後は地元の社会人のチームのセレクションを受けたが不合格となり[1]、他の企業や大学にも進まず、地元の一般企業(造船会社)に就職。野球は週末に軟式野球を行う程度だった。

2007年5月、地元でおこなわれた四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)・香川オリーブガイナーズ主催の公式戦で、一般客による始球式に参加し、高校時代の最速を上回る135kmの速球を投げ込んだ[1]。その投球が香川の監督である西田真二の目に留まり、球団から練習に参加するよう勧誘される[1]。そのまま同年夏に香川に入団し、公式戦登板も果たす。

2008年シーズンにリリーフとして頭角を現し、初勝利も上げた。続く2009年シーズンは前年ドラフト指名されたエースの塚本浩二の穴を埋め、ローテーションの軸として活躍した。

2010年シーズンも前年に引き続き主軸投手となり、最多勝・最多奪三振の2冠を獲得してリーグ戦前後期制覇とグランドチャンピオンシップ制覇に貢献する。2011年シーズンも前年に続き最多勝・最多奪三振の2冠を獲得した。しかし、この2年間の働きで肩を痛め、2012年5月24日練習生に降格した。その後も回復が見込めないことから、11月6日に球団から現役引退が発表された[4]。通算41勝は引退時点でリーグ史上2位の数字であった[4]。引退後の11月21日に香川球団が開いたシーズン報告会に出席し、西田監督から「彼がいなかったから日本一(引用者注:グランドチャンピオンシップ優勝)を逃したと言っていいほど、2年前の日本一の時は勝利に大きく貢献してくれました。NPBとは縁がありませんでしたが、こういう影でチームに貢献してくれるプレーヤーがいるんです。みんなの前で言いたかったのは「ありがとう」という一言です」とねぎらいの言葉をかけられた[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]































2007

3 0 0 0 0 --- 1.1 3 0 1 1 6.92 6.75
2008 29 0 1 0 3 1.00 40.0 16 6 35 11 2.47 7.88
2009 27 1 10 6 0 .625 142.1 47 11 117 40 2.53 7.40
2010 25 2 15 8 0 .652 161.1 43 13 128 47 2.62 7.14
2011 28 1 15 7 1 .682 165.1 44 10 129 53 2.89 7.02
通算:5年 112 4 41 21 4 .661 510.1 153 40 410 152 2.68 7.23
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 22 (2007年 - 2011年)
  • 45 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新さぬき人 オンリーワンを目指して <3>1球で夢への挑戦権 - 読売新聞香川版2011年1月4日
  2. ^ 高尾投手(高松商高出)が香川OGに入団 - 四国新聞2007年8月2日
  3. ^ 野球西国巡り第37回 - Sports Communications(2007年8月21日、香川コーチの加藤博人の執筆)
  4. ^ a b 高尾投手が現役を引退/香川OG発表 - 四国新聞2012年11月7日
  5. ^ 2012シーズン御礼報告会 - 香川オリーブガイナーズ公式サイト(2012年11月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]