ロシアと朝鮮の関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
露韓関係から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロシアと朝鮮の関係ロシア語: Российско-корейские отношения)は、ロシアソビエト連邦を含む)と朝鮮李氏朝鮮日本統治時代の朝鮮朝鮮民主主義人民共和国大韓民国を含む)の関係を述べる。

概要[編集]

ロシアと朝鮮の関係は、李氏朝鮮がの命令でロシアとの戦いに参加させられたことに始まる。朝鮮ではこれを羅禅征伐という。19世紀になると国境を越えて朝鮮人沿海州に移住し始めるが、1930年代にソ連政府により中央アジアに強制移住させられた。これを高麗人という。19世紀末から20世紀初めには、朝鮮は日本、清、ロシアの勢力争いの場となった。一時期、朝鮮で親露派が権力を握り、高宗がロシア公使館に居住する(露館播遷)という異常事態となる。その後、日露戦争の結果、朝鮮は日本が併合した。日本統治時代の朝鮮では、ソ連に逃げ込んだ朝鮮独立運動武装勢力が、ソ連と対立して壊滅させられた。これを自由市惨変という。第二次世界大戦の後、ソ連は朝鮮の北半分を占領し、抗日パルチザン金日成を送り込んで朝鮮民主主義人民共和国を建国、更に朝鮮戦争が勃発する。その後、朝鮮労働党内部の権力争いである8月宗派事件ソ連派は粛清された。ソ連と大韓民国は対立関係が続いていたが、1990年に国交を樹立した。一方、冷戦中はソ連が朝鮮民主主義人民共和国を援助していたが、90年代からKGBによる北朝鮮クーデター陰謀事件などでほぼ停滞し、新たに成立したロシア連邦は北朝鮮よりソ連時代に関係正常化した韓国を重視するようになった[1]国際連合安全保障理事会決議1718から国連での北朝鮮への経済制裁にも度々賛成して北朝鮮から中国とともに「米国に追従した」などと批判されている[2][3][4][5][6][7]。1996年に更新されなかったソ朝友好協力相互援助条約の代わりとして2000年ロ朝友好善隣協力条約を結んでからは南北等距離外交を行うも軍事同盟の条項は削除された。韓国軍T-80の供与など経済借款返還によりロシアの軍事協力も受けている。大韓民国はロシアの協力でロケット羅老を打ち上げ、2回失敗してから3回目に成功した。

歴史[編集]

大韓民国とロシアのミサイル開発[編集]

  • 2009年 羅老1号打ち上げ失敗
  • 2010年 羅老2号打ち上げ失敗
  • 2012年 羅老3号打ち上げ成功

出典[編集]

関連項目[編集]