鹿屯島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鹿屯島
鹿屯島の位置(北朝鮮内)
鹿屯島
鹿屯島
鹿屯島の位置(沿海地方内)
鹿屯島
鹿屯島
朝鮮語
ハングル 녹둔도 / 록둔도
漢字 鹿屯島
ロシア語
ロシア語 Ноктундо

鹿屯島(ノクトゥンド、ハングル:녹둔도、ロシア語:Ноктундо)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)ロシア連邦沿海地方との間を流れる豆満江三角州にあるかつて島であった土地である[1]。面積32km2[2]

15世紀、鹿屯島は李氏朝鮮の領土であった。宣祖20年(1587年)から3年の間、朝鮮の李舜臣将軍の兵がこの土地に駐屯し、赴任2年目には女真族鹿屯島の戦いを行った。朝鮮の全土が記された金正浩大東輿地図にも鹿屯島は記されている。[3][4]

豆満江の北の分流が堆積作用で浅くなるにつれ、河道は時と共に移り変わっていった。その結果鹿屯島は時折沿海地方側の本土と接続することがあったが、それでもなお島は朝鮮側の管轄であり続けた。

1860年の北京条約に基づき、清朝は鹿屯島をロシア帝国へと引き渡した。この行為に対し朝鮮は、清朝にはそれを行う権限がないとして抗議した[5]

その後も鹿屯島では朝鮮人が農業をして暮らし続けていた。1883年の西北経略使・魚允中の調査報告によると「鹿屯島に住んでいる人々は、すべての朝鮮人であり、他の国の人々は、一人もいない」となっている。また、高宗が金光薰と申先郁を密使として送り調べさせたところ、鹿屯島には113戸・822名の朝鮮人の居住があったという。[3] しかし1937年に、ソビエト連邦当局によって朝鮮人は中央アジアに強制移住させられた[3][4]

1990年、ソ連と北朝鮮が川の中央を通る国境線を画定し、鹿屯島の部分はロシア側に残された。韓国の研究者・メディアはこの条約を承認することなく、ゴルバチョフ大統領訪韓の際にはイ・ヒョンソク教授らが鹿屯島返還の嘆願書を盧泰愚大統領に提出、後にエリツィン大統領へも嘆願書を送った[6]

脚注[編集]

  1. ^ 이옥희 [Yi Ok-heui]; 최한성 [Choe Han-seong]; 안재섭 [An Jae-seop] (2004年). “두만강 하구 녹둔도의 위치 비정(批正)에 관한 연구 [Geographical Study on the Location of Nokdun-do in lower Tuman river]”. 《대한지리학회 2004년 춘계학술대회논문집》 [Proceedings of the 2004 Conference of the Korean Geographical Society]. http://www.dbpia.co.kr/view/ar_view.asp?arid=557538 2010年6月10日閲覧。. 
  2. ^ “우리땅 우리魂 영토분쟁 현장을 가다 10 잊혀진 섬 녹둔도”, Donga Ilbo, (2004-06-10), http://www.donga.com/fbin/output?f=jis&n=200406100294 2010年6月10日閲覧。 ; of interest even to those who do not read Korean, some maps and photos are given at the bottom of the article.
  3. ^ a b c 許文明 (2008年8月8日). “donga.com[Japanese donga]”. 東亜日報. 2015年11月9日閲覧。
  4. ^ a b 잃어버린 우리땅, 녹둔도 아십니까:: 공감언론 뉴시스통신사 ::”. NEWSIS朝鮮語版 (2014年7月29日). 2015年11月9日閲覧。
  5. ^ Головнин, В. И. (2008年). “Прошлое как оружие (The past as a weapon)” (Russian). Россия в глобальной политике 6 (35). オリジナルの6 December 2010時点によるアーカイブ。. http://www.globalaffairs.ru/numbers/35/10838.html. 
  6. ^ The problem of the Noktundo island in the media in South Korea (Проблема острова Ноктундо в средствах массовой информации Южной Кореи)” (Russian). ru.apircenter.org. 2013年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月30日閲覧。 “В ситуации, когда в отношении принадлежности острова Ноктундо официальный Пхеньян не выдвигает никаких требований, господин Ян Тхэ Чжин считает, что южнокорейское правительство должно показать свое мнение по этому вопросу.[24] Такое мнение южнокорейская сторона уже выразила, заявив в 1990 г. дипломатическому представителю СССР в Сеуле о возврате острова Ноктундо, которое советская сторона оставила без ответа.[25] Кроме того, в Южной Корее создавались инициативные группы, выдвигавшие требование возвратить остров Ноктундо Корее. Так, во время визита президента СССР Горбачёва в Республику Корея инициативная группа во главе с профессором Ли Хён Соком направила президенту Но Тхэ У петицию, где ему предлагалось потребовать от руководителя советского государства возврата острова Ноктундо. Подобная петиция позднее была направлена президенту Ельцину.[26]”

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度22分48秒 東経130度42分20秒 / 北緯42.38000度 東経130.70556度 / 42.38000; 130.70556