モンゴル国と大韓民国の関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大韓民国とモンゴル関係
South KoreaとMongoliaの位置を示した地図

韓国

モンゴル

モンゴル国と大韓民国の関係モンゴル語: Монгол, Өмнөд Солонгосын харилцаа英語: Mongolia–South Korea relations)では、大韓民国モンゴル国(以下では歴史的推移を述べるためモンゴルと表記する)の二国間関係について述べる。

歴史的背景[編集]

中国内モンゴル出身の楊海英によると、一般にモンゴル人は「朝鮮はモンゴル帝国属国」「モンゴルの血統で権威を確立していた国」と認識している[1]

元朝時代には、朝鮮は代々大都のモンゴルの帝室から娘を娶って高麗王の皇后とするなど永くモンゴルの帝室の婿殿の立場であり、元朝は朝鮮王の子が新たに朝鮮王になると、モンゴルから妻を降嫁させ朝鮮をコントロールした[2]。朝鮮はモンゴルの歓心を得ることに必死で、元寇も高麗・忠烈王が、義父の前で手柄を立てたかったので、侵略を進めた。また、貢女として、朝鮮の娘たちはモンゴルの帝室に差し出され、宮廷に入って皇后や王族のそばで働きながら、モンゴルの支配層と結婚することを願望していたが、それはモンゴルの帝室に入って朝鮮の身内を送って発言力を確保しようとする朝鮮なりの生き残るための術だったが、モンゴルは朝鮮の魂胆を見抜いており、モンゴル王族は高麗貢女と結婚してはいけないという取り決めがあり、モンゴルの大ハーン一族は、通婚するモンゴルの部族がありそこから后を選んだが、トゴン・テムルが貢女を后とした結果、貢女はモンゴルの取り決めを無視して後宮で権力を振りかざしたので、モンゴル帝室に対する人心の離反を招き、反乱が広がり元朝が滅んだとモンゴル人は信じており、モンゴルの年代記には、元朝が滅んだのは貢女を娶ったからだと記録されているという[3]

国民感情[編集]

アメリカ国務省は、モンゴルにおいて「外国籍の人間に対する排外主義的襲撃事件が増加している」との注意喚起しており[4]、アメリカ国務省は、「こうした国粋主義団体は、アジア系アメリカ人中国人や韓国人だと誤解し、突然襲撃することが多い」と注意を呼び掛けている[4]

経済関係[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]