イランと北朝鮮の関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イランと北朝鮮の関係
IranとNorth Koreaの位置を示した地図

イラン

北朝鮮

イランと北朝鮮の関係ペルシア語: روابط ایران و کره شمالی‎、英語: Iran–North Korea relations)を両国の国営通信社は前向きであると表現している。

歴史[編集]

イラン北朝鮮両国の関係は1979年のイラン革命とイラン・イスラム共和国樹立を受けて強化され、とくに教育・科学・文化面における協力を表明しており[1]、同様にイランの核開発計画での協力も報道されており[2]、米国は両国の兵器取引を強く懸念してきた。イラン・イラク戦争の1980年10月に北朝鮮は欧米と接近するイラクと断交[3][4]してイランに接近し、共産圏とイランの間の兵器取引の仲介を務めると同時に自国製兵器をイランに売却することにより軍事的協力は始まった。北朝鮮は今もイランにミサイルや核技術の売却を続けているとの見方があるが、2011年5月イランのアフマド・ヴァヒーディー国防軍需大臣は、「イランは防衛産業において完全に自給自足を達成しており、他国の協力を必要としていない」と述べ、両国間におけるミサイル技術取引の存在を否定[5]、イラン外務省のラーミーン・メフマーンパラストペルシア語版英語版報道官も2012年12月の記者会見で、核やミサイルで両国が協力関係にあるとの報道を根拠がないものとして否定している[6]。なお、自国での人工衛星打ち上げは、イランが北朝鮮に先んじて2009年に成功させている。ジョージ・W・ブッシュ前米大統領が唱えた(イラクを除く)「悪の枢軸」の2国の関係は、今も変わらず多くの懸念を生み出している。

2013年2月12日北朝鮮による核実験後の記者会見でイラン外務省のメフマーンパラスト報道官は「いかなる国も核の軍事利用を行ってはならない」と述べ、間接的に北朝鮮を批判した[7]

しかし、その後複数の、中距離ミサイルに搭載可能な小型核弾頭の開発責任者を含むイラン人科学者が立ち会った可能性が浮上。打診したのはイラン側で、対価として数千万ドル相当を中国の人民元で提供するとの条件を提示した、と報道された[8]

イランの元情報通信技術大臣ペルシア語版英語版であるモハンマドハサン・ナーミーペルシア語版は、北朝鮮の金日成総合大学で博士号を取得した人物である[9]

外交使節[編集]

駐イラン北朝鮮大使[編集]

  • キム・ジョンナム(2000年11月7日任命[10]
  • キム・チャンリョン(2004年1月8日任命)[11]

駐北朝鮮イラン大使[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Result of Iranian delegation visit to N Korea positive". IRNA. 2007-01-23. Retrieved 2007-04-24.
  2. ^ Coughlin, Con (2007-01-26). "N. Korea helping Iran with nuclear testing". The Daily Telegraph. Retrieved 2007-04-24.
  3. ^ DPRK Diplomatic Relations”. National Committee on North Korea. 2016年8月29日閲覧。
  4. ^ 宮本悟 (2007年8月1日). “イラン・イラク戦争における北朝鮮のイラン派兵”. 環日本経済研究所. 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ “イラン国防大臣、イランと北朝鮮のミサイル取引を否定”. IRIB. (2011年5月18日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/18341-イラン国防大臣、イランと北朝鮮のミサイル取引を否定 2013年1月25日閲覧。 
  6. ^ “イラン外務省、北朝鮮とのミサイル・核協力を否定”. IRIB. (2012年12月11日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/33793-イラン外務省、北朝鮮とのミサイル・核協力を否定 2013年1月26日閲覧。 
  7. ^ “北の核実験、イランも非難…核開発は正当化”. 読売新聞. (2013年2月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130213-OYT1T01122.htm 2013年3月22日閲覧。 
  8. ^ 「核実験で強まった北とイランの絆」 ダニエル・デフレイア Newsweekニューズウィーク日本版 2013年3月5日号
  9. ^ “Iranian educated in North Korea becomes minister”. ArabNews. (2013年2月26日). http://www.arabnews.com/iranian-educated-north-korea-becomes-minister 2013年3月22日閲覧。 
  10. ^ "DPRK ambassador to Iran appointed". Korean Central News Agency. 2000-11-07. Retrieved 2007-04-24.
  11. ^ "DPRK Ambassador to Iran Appointed". Korean Central News Agency. 2004-01-08.
  12. ^ "Paek Nam Sun meets Iranian ambassador". Korean Central News Agency. 2001-02-23. Retrieved 2007-04-24.
  13. ^ "DPRK-Iranian Cultural and Scientific Exchange Plan Signed". Korean Central News Agency. 2007-01-19. Retrieved 2007-04-24.
  14. ^ PressTV - Iran favors enhanced ties with N. Korea (英語) - 2008年2月4日
  15. ^ N. Korean Supreme People’s Council speaker asks for broader ties with Iran (英語) - 2012年10月25日
  16. ^ "DPRK-Iranian Cultural and Scientific Exchange Plan Signed". Korean Central News Agency. 2007-01-19. Retrieved 2007-04-24.
  17. ^ "Kim Yong Nam Meets Iranian Delegation". Korean Central News Agency. 2006-07-29. Retrieved 2007-04-24.