零士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
れいじ
零士
プロフィール
生年月日 1967年2月5日
現年齢 51歳
出身地 日本の旗 日本静岡県掛川市
血液型 A型
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 175 cm / 67 kg
BMI 21.9
モデル: テンプレート - カテゴリ

零士(れいじ、1967年2月5日 - )は、日本実業家タレント静岡県掛川市出身。元ホスト。本名、戸塚 孝司(とつか たかし)。

来歴[編集]

高校中退後テキヤ水商売を始める。1986年12月(19歳9カ月)で、新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」本店に入店。半年後、系列店の「ニュー愛」に移籍。「ニュー愛」では12年連続NO.1ホストを務める。 1999年に独立し、歌舞伎町にホストクラブ「Dios」をオープンさせた。2001年六本木に移転し「PLAYER'S CLUB Dios」をオープン。ホスト業の傍ら、元祖カリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演した。 また、2004年1月には、世界的経済紙「フォーブス」に「年間1000万ドル売り上げる起業家」として取り上げられた。[1] 現在は、タレントプロデュース、経営戦略コンサルティング等を主な業務とする株式会社ドアマウンド、ホストクラブ経営を主な業務とする株式会社アールコーポレーションの社長を務める。

人物[編集]

  • 1997年4月2日から1998年5月28日、TBSで毎週水曜日深夜に放送されていたTOKIOがレギュラーのバラエティ番組TOKIO HEADZ!に出演。「松岡昌弘がモテない男たちを救済する」という企画内での「ガブガブいっちゃうよ〜!」という発言がブレイクのきっかけとなった。
  • 1998年4月から2001年3月までTBSで放送された浅草キッド進行による未来ナース に出演。初期の出演者であった遠藤久美子とコーナーを持っていた。
  • 2000年5月から7月まで、コピーライターの糸井重里が主催する「ほぼ日刊イトイ新聞」に登場し対談している。
  • 2002年アフガンに救急車を送るチャリティーイベント「元美少年チャリティーナイト」[2]にアドバイザーとして出演。

主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

ビデオ・DVD[編集]

  • ホストキング 新宿王 (2000年) 主演
  • 銀の男 六本木ホスト伝説(2001年)91分 カラー (プロフェッショナルマネージメント/原作:本宮ひろ志、監督・脚本・編集:高橋玄)-零士 役

CD[編集]

  • ホスト王零士TRANCE 〜ガブガブBEST HITS by Dios〜(2006年

書籍[編集]

  • NO.1ホストの恋愛バトルロワイアル戦書 ガブガブいっちゃえ!(1999年 三天書房)
  • ホスト王のその気にさせる心理戦術(2001年、青春出版社)
  • ホスト王の必ずYESと言わせる心理戦術(2002年、青春出版社
  • ホスト王に学ぶ82の成功法―努力できるのも、才能だ。(2001年、総合法令出版)中谷彰宏
  • 伝説のホストに学ぶ82の成功法則-仕事と恋愛でナンバーワンになろう(2011年、総合法令出版)中谷彰宏著(上記2冊は中谷彰宏の著作で、中谷が零士のノウハウを聞きだすという内容になっている)

脚注[編集]

  1. ^ 同年1月10日東京スポーツが「フォーブス登場のホスト出身起業家」として1面に掲載するなど、「フォーブス」掲載のニュースは大きな話題となった。
  2. ^ アフガン救援のためのチャリティー活動で、日本国際ボランティアセンターを通じて疎開難民医療チームに車を贈るため、六本木のクラブ「TATOU東京」にて一日限りのホストクラブが企画された。由来は島田雅彦奥田英二鳥越俊太郎なかにし礼辰巳琢郎など“元美少年”を集めて開催したから。名付け親は三枝成章(「週刊文春」2002年6月27日号より)

関連項目[編集]

  • 愛田武 - 零士がホスト時代に勤務していたホストクラブ「クラブ愛」の社長。

外部リンク[編集]