雅夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雅夢
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
活動期間 1980年 - 1984年
レーベル テイチクレコード
公式サイト Kazuto MIURA Official Web
メンバー 中川敏一
三浦和人

雅夢(がむ)は、1980年代前半に活動した日本のフォークデュオ。代表曲に「愛はかげろう」などがある。1984年、解散[1]

来歴[編集]

  • 中京大学在学中、同じ名古屋市ライブハウスで歌うようになり、中川のフォークグループが解散したところで、中川が三浦のボーカルとオリジナルを気にいっていたこともあり、新たにデュオを組んだ[2]。"雅夢"という名前は三浦の行きつけの喫茶店の名前[2]。最初からオリジナル曲しかやらないと決めた[2]
1980年
1981年
  • 2月、シングル「悲しくて」をリリース。16.2万枚を売り上げる。その後、「浮雲」「秋時雨」のシングルを発表する。
  • 4月、1st.アルバム『夢つづり』を発売し、年内に2nd.アルバム『風花』をリリースする。
1982年
  • 4月、シングル「追いかけて」をリリース。
  • 11月、3rd.アルバム『帰らぬ河のほとりで 』を発売する。
1983年
  • 5月、シングル「霧雨(あめ)の旅人」をリリース。
  • 8月、シングル「夕映えよ心の鳩を抱け」を発表する。
  • 10月、4th.アルバム『感傷気分』を発売する。
1984年
  • 12月、通算9枚のシングルと7枚のアルバムをリリースしたが、コンサートをもって解散した。三浦は1982年ごろに三浦雄也と芸名を改名、後に本名の三浦和人に戻し、以降もソロ・アーティストとして活動を続けている。
2000年
  • 11月、三浦和人が「夢で逢いたいから」をセルフカヴァーし、コンピレーション・アルバム『富良野チャペルコンサート』に収録する。
2003年
2005年

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 愛はかげろう/残秋(あき)から (UE-1)(1980年9月25日)
  • 悲しくて/夢で逢いたいから (UE-2)(1981年2月25日)
  • 浮雲/じゅてーむ (UE-4)(1981年7月25日)
  • 秋時雨/旅愁 (UE-6)(1981年10月5日)
  • 追いかけて/風だより (UE-7)(1982年4月25日)
  • 霧雨(あめ)の旅人/風の言葉 (UE-12)(1983年5月21日)
  • 夕映えよ心の鳩を抱け/河にそって歩こうか (UE-14)(1983年8月5日)
  • 辛口のゲーム/サヨナラ、君 (UE-16)(1984年2月21日)
  • 壊れた夜/I'll never... (UE-17)(1984年10月21日)

アルバム[編集]

  • 夢つづり (UL-1)(1981年4月25日)
  • 風花 (UL-3)(1981年12月25日)
  • 帰らぬ河のほとりで (UL-6)(1982年11月21日)
  • 感傷気分 (UL-10)(1983年10月21日)
  • レイジートワイライト (UL-12)(1984年6月21日)
  • ファイナル~彩歴~ (PU-22〜23)(1984年11月21日)(A面のみのEP盤「ファイナル〜彩歴〜」(T-5)同梱)
  • SO LONG SEE YOU AGAIN (PU-25〜26)(1985年2月21日)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Kazuto MIURA Official Web
  2. ^ a b c d 富澤一誠『あいつの切り札―松山千春から吉田拓郎まで36人』、音楽之友社、1981年、p52-53