陳儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳儀
Chen Yi.jpg
陳儀別影(『最新支那要人伝』1941年)
プロフィール
出生: 1883年5月3日
光緒9年3月27日)
死去: 1950年民国39年)6月18日
中華民国の旗 中華民国台北市
出身地: 清の旗 浙江省紹興府山陰県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 陳儀
簡体字 陈仪
拼音 Chén Yí
和名表記: ちん い
発音転記: チェン イー
ラテン字 Ch'en I
テンプレートを表示

陳 儀(ちん ぎ)は、中華民国軍人政治家国民革命軍軍閥では直隷派に属した。国民党投降後、党員として、福建省政府主席、行政院秘書長、陸軍大学校長代理等を歴任した。第二次世界大戦後は初代台湾省行政長官警備総司令に任じられ、その在任期間中に二二八事件が発生している。晩年は中国共産党への帰順を企画したが露見し、国民党により処刑された。原名は陳毅公侠公洽とも作る)、号は退素浙江省紹興府山陰県出身。最終階級は陸軍二級上将

大陸時代[編集]

兄の陳威は1912年から25年まで中国銀行の副総裁を務めた。 陳儀は幼少より浙江求是書院での私塾教育を受けている。1902年日本に留学すると光復会の活動に参加している。日本陸軍士官学校五期歩兵科を卒業し、1909年に中国に帰国した。1911年辛亥革命が発生すると浙江の独立運動に参加、1912年には浙江都督府陸軍部長兼陸軍小学校長に任命されている。

1917年陸軍大学に留学、1920年に帰国している。1925年に直系軍閥の孫傳芳により浙軍第一師師長、後に第一軍司令兼浙江省長に抜擢されている。1926年、陳は北伐中の国民党に投降、国民革命軍十九路軍軍長に任命されたが、部下の叛乱によりこれを辞任、ヨーロッパ方面の軍需工場視察に出発する。ヨーロッパ視察より帰国すると蒋介石により兵工署署長に任命され、更に軍政部次長に抜擢された。1934年福建事変が終結すると福建省主席兼綏靖主任に任じられ、福建軍政の整備に着手した。

台湾との関係[編集]

1935年、日本政府は台湾にて「始政四十周年紀念台湾博覧会」を開催した。陳儀は政府より台湾出張を命じられこれを視察、日本統治の下での台湾の急速な発展と、中国大陸の長期にわたる戦乱に起因する停滞との差異を目の当たりにしたこの出張は陳儀のその後に大きな影響を与える。陳儀はその後台湾に視察団を派遣し、1937年に『台湾考察報告』を出版し、福建経済のモデルとして台湾を上げている。

1943年カイロ会談で、日本の敗戦後は中華民国が台湾を統治することが決定されたことを受け、1944年4月、中華民国行政院台湾調査委員会が設置され、陳儀はその主任委員に任命された。調査委員は日本統治下の台湾の経済、政治、民生、軍事などの各内容について詳細な調査を行い『台湾接管計画綱要』を答申、政府認可を獲得した。日本の敗戦後、1945年8月29日、陳儀は台湾省行政長官、後に警備総司令兼任に任命された。大多数の台湾人と同様福建閥の中心人物であったこと、日本留学の経験から適当な人物とみなされたとされる。10月24日、陳儀は上海より台北に移動、翌日、台北公会堂において中華民国政府及び連合国代表として台湾総督第10方面軍台湾軍の後身)司令官であった安藤利吉との間で降伏文書調印が行われた。

第10方面軍参謀長諫山春樹(左)と降伏文書を交わす陳儀(右)

台湾の行政を担当した陳儀は統制経済政策を実施し、日本企業の大部分を国営とした他、米・塩・砂糖・燃料等の民生品を公定価格で政府が一括購入する制度を確立し、また日本統治時代に始まったタバコ・酒・マッチ等の専売制度を強化した。当時の台湾では本省人が大部分を占めていたが、日本統治下の教育の影響で中国語の理解力不足があり、また共通語とされた北京官話が苦手であった。そのため外省人を公務員として登用したが優秀な人材は国共内戦の影響により大陸に集中し、劣悪な人材に限定されてしまったためその能力や品行に少なからず問題があり、住民との衝突がたびたび発生していた。同時に経済上では極度のインフレが発生し、生活が困窮した住民の間で不満が募っていった。

こうした状況下の1947年2月28日二二八事件が発生する。闇タバコ摘発を契機とした政府と住民の衝突は台湾全島に広がり大規模な抗争が各地で引き起こされた。3月8日、蒋介石は大陸より叛乱鎮圧のために大軍を投入、一説には18000~28000名の台湾市民が逮捕後殺害されたとも言われている。

3月22日、事件の責任を取って陳儀は国民党三中全会により職務を解任された。5月11日に陳儀は大陸に渡り国民政府顧問に就任している。

逮捕[編集]

1948年8月6日、陳儀は蒋介石により再度浙江省主席に登用される。翌年1月、陳儀は親密な関係にあった京滬杭警備総司令湯恩伯と共に共産党への投降を計画するが、湯恩伯が蒋介石に計画を報告し反逆行為が露見することとなった。1949年2月、陳儀は省主席職を解任され逮捕・監禁され、1950年4月には台湾に移送され基隆で拘束された。6月18日、台北馬場町で銃殺刑が宣告され直ちに刑が執行された。遺骨は新北市五股区に埋葬されている。

陳儀は日本人を妻としていたが、両人の間には子は生まれていない。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
鹿鍾麟
軍政部長(代理)
1929年5月 - 8月
次代:
鹿鍾麟
先代:
蒋光鼐
福建省政府主席
1934年1月 - 1941年8月
次代:
劉建緒
先代:
(創設)
台湾省行政長官
1945年8月 - 1947年4月
次代:
魏道明
台湾省政府主席)
先代:
沈鴻烈
浙江省政府主席
1948年6月 - 1949年2月
次代:
周嵒